1000万円の運用を考え始めた知人 知人の運用シリーズ1

知人が1000万の運用を検討

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 私の公務員時代の知人(仮に鈴木さんとします)が1000万円を不動産投資で運用することになりました。

 

 彼が1000万円を運用することになったきっかけは住宅の購入でした。アラフォーになった彼はそれまで暮らしていた官舎を出て、家族4人で住むマイホームを購入することにしました。

 

 彼の奥さんもまた公務員であり、彼とほぼ変わらない収入があるため、家計は全て折半ということでした。そのため、住宅ローンも当然奥さんと半分ずつ支払う約束をしたとのことでした。

 

 私は以前の職場の仲間とは今でも仲良く付き合っており、不動産に関しては私に聞くというのが仲間内では当たり前になっており、私も喜んでいつも相談に乗っているため、彼もまた私と飲んでいる際に相談してきたのです。

 

資産の運用について考えている人

 

 当初、彼は資産を運用するつもりなど全くなく、住宅を購入するにあたり、住宅ローン金利はどれぐらい安く組めるのか、銀行はどこにすれば良いのか、頭金はどれぐらい入れるべきなのか等々の初めて物件を購入する人がよくする質問を私に聞いていたのでした。

 

 私は、固定と変動について説明し、公務員でこれぐらいの年収だから金利は完済まで最優遇が取れる、良い銀行悪い銀行などはなく、とにかく金利が安い銀行が良い銀行など、マイホーム購入を考えている人にわかり易いように簡単な言葉で彼の疑問を解いていきました。

 

 そして彼の頭金についての質問に私が答えた時に、彼は新たな疑問を抱いたのです。

 

 彼は頭金をいくらか入れた上で手元に1000万円程度は残しておきたいと言いました。私はなぜ1000万も残しておきたいのかを聞くと、「なにかあったら困るから。」「なにかって何?」「え?なんか病気とかになって急にお金が必要になったら困るじゃん。」との答え。

 

 日本には高額療養費制度があるので、収入にもよるけど月に20万円もあれば医療費については大丈夫、そして鈴木さんは年休を使い切ったら病休もあり、収入についてはそれほど心配しなくても大丈夫なこと、さらに言えば奥さんも鈴木さんとほぼ変わらない収入があるのだから、手元に100万とか200万もあれば十分なことを説明しました。

 

 そして、何も使い道がないのに1000万円を銀行に預けて0・0001%の金利(もちろんそこから税金が引かれて手元に残るのは年に800円)を貰い、0.6%の住宅ローン金利を払う(6万円)のなんか馬鹿らしいでしょと。

 

 彼も確かにそうだねと納得し、私に「じゃあ、もし○○(私の名前)さんだったら手元に100万残してあとは全部頭金として入れちゃうの?」と聞くので、「うんん、俺だったら頭金なんて1円も払わずにフルローンにするよ。」と答えたところ、話が違うじゃないかと(笑)

 

 私だったら、1000万頭金に入れるぐらいだったらその1000万を運用するよと。鈴木さんは運用するつもりがないんだから、それなら可能な限りローンは少なくして繰上げ返済するのが正解。私にとって住宅ローンは物凄く金利が安いのでとにかく借りられるだけ借りて、残したお金は運用してローン金利を上回る運用益を上げるのが正解だと。

 

 鈴木さんは4500万のマイホームを購入するのですが、フルローンだと月々の支払いが約12万円、もし頭金を1000万入れて3500万のローンであれば月に9万4千円、その差約2万6千円。年間にして約31万円。

 

 仮に頭金を入れずにその1000万円を10%の利回りで運用したとすると月々8万3千円、年間で100万円になります。となれば、頭金を入れずにフルローンで組むと月々2万6千円支払いが増えるものの、8万3千円収入が増えるので、月に5万7千円プラスの計算になります。

 

 鈴木さんはこれが理解できた瞬間にスイッチが入ったようでした。是非、そのやり方で1000万円を運用してみたいと、熱心に私に協力を求めたのでした。

1000万円の運用を考え始めた知人 知人の運用シリーズ1関連ページ

100万円で出来る資産運用
100万円を使ってできる上手な資産運用方法とは。どのようにしてして可能な限りリスクを低くしながら、リターンを大きくできるかを考えて投資しなくてはいけません。
100万円でやっていはいけない資産運用
100万円程度の資産を運用して増やすことを考えると、真っ先に思い浮かぶのが投資信託ではないでしょうか。しかし、冷静に分析すれば投資信託は非常に不利な投資であることがわかります。その他、資産を増やすにあたりやってはいけない運用方法について詳しく説明します。
100万円を複利で運用すると
100万円を複利で運用するとどのような増え方をするのでしょうか。複利が人類の最大の発明だと言われる所以がわかるでしょう。
100万円を複利で運用の補足
100万年を単純に複利で運用するのと、毎年100万円を運用に回してそれを複利で運用していくのとでは全く違います。
100万円以下の資産運用
資産が100万円以下の人でも出来る運用とはどのようなものでしょうか。100万円持っていなくても金融商品はもちろん、不動産投資でさえやり方はあるのです。
500万円で出来る資産運用1
手持ちの500万円を使ってどのような運用ができるか解説。不動産投資やFXなど様々な資産運用法がありますが、堅い投資方法とは。リスクを抑えながらリターンを増やす方法。
500万円で出来る資産運用2
運用に回せるお金が500万あるとだいぶ選択肢が広がってきます。特に不動産投資では、リスクを抑えた運用をいくつか選べるようになります。
500万円で出来る運用3 FX編
500万円の運用先として現物の資産の代表格である不動産とともに、株式などに比べると様々な面で有利なFXは良い選択と言えるでしょう。
1000万円で出来る資産運用
不動産投資や株式投資、商品やFXなど運用には様々な方法がありますが、1000万円を運用するにあたり、最適な資産運用とはどのようなものになるか、リスクを抑えながらリターンを増やす資産運用方法とは。
1000万円を運用する人
自分の貯蓄や蓄えなどから、1000万円を運用する人は一般的にどのような人なのかを考察します。
1000万円を運用する際の注意点
虎の子の1000万を運用する際の注意点として挙げられるのが、失敗しながら覚えていくということが出来ないことです。
知人は1000万をどう運用するのか 知人の運用シリーズ2
1000万を不動産で運用することに決めた知人ですが、具体的にどのような不動産投資をするのかはまだ悩んでいる状態でした。
1000万の運用の前に 知人の運用シリーズ3
知人は1000万を不動産投資で運用するにあたり、住宅ローンは奥さんの名義で組むことになりました。
中々土地が出てこない 知人の運用シリーズ4
1000万円を不動産投資で運用することに決めた知人ですが、中々前に進めません。不動産屋に聞いても中々良い土地がないと返答。さて、鈴木さんの不動産投資計画はどうなるのか。
運用を2000万円に 知人の運用シリーズ5
不動産投資で1000万円の運用を考えていた知人ですが、結局なんと2000万円を運用することになりました。
2000万円を運用して9部屋のアパート 知人の運用シリーズ6
1000万円を運用する予定だったのが2000万円の運用になった知人。その2000万円で9部屋のアパートを建てることになりました。
アパートが完成しない 知人の運用シリーズ7
1000万円の運用だったはずが最終的に2000万円を運用して3階建て9部屋のアパートを建てることになった知人ですが、4月末に入居可能予定だったのがゴールデンウィークになっても完成しませんでした。
満室にならない 知人の運用シリーズ8
2000万円を運用して新築アパートを建てた知人ですが、そのアパートが満室にならずに悩んでいます。
まだ満室にならないアパート 知人の運用シリーズ9
2000万円を不動産投資で運用して新築アパートを建てた知人ですが、完成後4か月が経過するもまだ満室になりません。このままではとんでもなく低い利回りの運用になってしまいます。
資産を運用しないと?
サラリーマンとして働いているだけで資産運用を全くしないということは、これからの時代相当リスクの高い人生となるでしょう。
未経験者が不動産投資で資産を運用する際の問題
100万円でも1000万円でも良いのですが、未経験者が不動産投資で資産を運用する際に問題となってくるのが、信頼できる不動産屋をどうやって見つけるかでしょう。
貯金では金持ちになれません
給料の中から一生懸命貯金したとしてもそれで金持ちになれるわけではありません。定期預金の金利が1年で0.1%程度では貯金を運用に回さずして金持ちになるのは不可能と言えるでしょう。
貯金の運用
一生懸命貯金した虎の子のお金の運用は、それが100万円なのか1000万円なのかで運用方法も変わってきます。貯金を運用するならしっかりと勉強することをお勧めします。
運用するリスクと運用しないリスク
運用にはリスクがあるのは常識ですが、運用しないということにもリスクがあることを理解している人はそう多くはありません。
国債で運用しているから安心な投資信託?
投資信託等の中には日本国債での運用をメインをとしているものもがあり、安心を謳っていますが本当でしょうか。
資産を増やす方法
資産を増やす方法はいくつもありますが、安定的に資産を増やす方法は、やはり投機に走らず賃貸収入を目的とした不動産投資のような不労所得を増やしていくのが王道です。
不動産投資は一攫千金の運用方法ではない
不動産投資というといまだに土地ころがしのようなイメージを持つ人がいますが、不動産投資は一攫千金を狙う運用方法ではありません。
実際に1000万円を不動産投資で運用してみた
今まで説明してきた不動産投資などでの運用の仕方ですが、実際に私自身が1000万円を運用した結果を紹介します。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ