資産を増やす方法

資産を増やすには不労所得を増やせば良い

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 資産を増やす方法はいくつもあります。ビジネスで元手を大きくして増やす方法もあるでしょうし、株やFXなどで増やしても良いですし、不動産投資でも良いでしょう。

 

 もちろん、単純にサラリーマンとして働いてコツコツと資産を増やすという手だってあります。

 

 ただし、サラリーマンの給料だけで資産は増やせるでしょうか。

 

資産を増やす方法を考えているサラリーマン

 

 かなり高給を取っているサラリーマンならば可能でしょう。年収で3000万とか5000万とかあればそれは資産は増やせると思います。

 

 トヨタなどの一流企業の取締役ぐらいまでいけば年収で1億を超えることもあるでしょうし、部長クラスでも相当な額を貰えることでしょう。

 

 でも、そんな高給を取れる人って全サラリーマン人口の何パーセントでしょうか。0.1パーセントもいませんよね。では、一般のサラリーマン、つまり年収が300万円だったり600万円だったりといった普通の人がどうやったら資産を増やせるのかを考えた時に、ただ、働いているだけでは厳しいですよね。

 

 だって、副業をせずに給料だけしかもらっていなかった普通の定年退職したサラリーマンが資産で1億円超えているとかってあまりないですよね。

 

 サラリーマンの生涯年収は2億円(40年間で割れば平均年収500万ぐらい)と言われていますが、税金、年金、健康保険などで2〜3割引かれると考えると手取りで1億5千万円ぐらいでしょう。

 

 一ヶ月に25万円が家族の生活費として年間300万、40年間で1億2000万円が家族で生きていくのに必要な額となるので、残りは3000万円。余裕の額はこれだけですが、年に一度は家族旅行だって行くでしょうし、子供がいれば教育費もあるでしょうから、定年退職した時点資産はほとんど残っておらず、億単位で資産を持つなんてことは普通のサラリーマンには無理な話です。

 

 となると、資産を増やすには普通にサラリーマンだけをしていても無理だということはわかりますよね。

 

 

 では、どうすれば良いのか。サラリーマンを辞めて自分で独立して稼ぐというのも一つの手ですが、サラリーマンを辞めるのはリスクが高いので嫌だという人も多いでしょう。また、自分でどんなビジネスを立ち上げれば良いかアイデアのない人もいるでしょう。そもそも、アイデアがある人なら、どうやったら資産を増やすかなんか考える前に起業に向けて邁進していることでしょう。

 

 そうなると、サラリーマンを続けながら資産を増やしていくということになり、投資かサラリーマンを続けながら副業という選択肢しかなくなります。

 

 私自身の好みとして、ギャンブル性の高いものは避けたいということがあります。

 

 つまり、勝つかも知れない負けるかも知れないということは私は嫌なのです。やる以上は勝ちたい、勝てなくても負けない勝負しかするつもりがないのです。

 

 であれば、株やFXという選択肢がなくなります。いや、厳密に言えばキャピタルゲインを求める株の売買やFXという選択肢がなくなります。キャピタルゲインなのかインカムゲインなのかという違いは非常に大きく、株や為替の売買差益(キャピタルゲイン)ではなく、配当金やスワップ金利目的(インカムゲイン)であれば株式投資やFXは選択肢になりえます。インカムゲイン目的ならば負けることはあまりありませんから。ただし、一般の人がイメージする株やFXは主にキャピタルゲイン目的でしょうから、ここではひとまず除外しておくことにします。

 

 

 さて、そうなると、資産を増やすための私の選択肢は二つになります。サラリーマンとして働きながら副業(アルバイトとか自分で元手のかからないビジネスをするとか)をするか、インカムゲイン目的の投資をするかということになります。

 

 アルバイトであれば絶対に負けることはありません。働いたら働いた分だけお金はもらえます(バイト先が倒産して給料不払いとかにならない限り)。自分の資産が減ることは絶対にありません。つまり、資産を増やすという意味で負けることはないわけです。

 

 元手のかからないビジネス(ヤフオクでセドリとか)であれば、一生懸命働いたとしても儲けが出ないことも考えられますが、そもそも元手がほとんどかかっていないので資産を減らすことはなく、勝てないまでも負けることはありません。

 

 副業でコツコツ稼いで資産を増やすという手も、負けないという意味では悪くはないのですが、これには限度があるんですよね。サラリーマンを続けながらですから、当然時間的な制約があります。会社が終わって皿洗いのバイトを時給1000円で夜の7時から11時まで4時間、月〜金まで5日間を4週間(一ヶ月)したとしても1000円×4時間×週5日×4週間=8万円となります。これ以上働くと体壊しますよね。時給が良いところでバイトしたとしても10万円ぐらいにしかならない計算になります。

 

 仮にこの8万円に一切手をつけずに1年間貯めたとして、96万円。給料プラス96万円がプラスになるので、税金で20パーセントとられたとして、75万円。現在30歳として、体力が持つ50歳までの20年間休み無くずっとこのアルバイトをしたとしても貯められるのは1500万円。

 

 休み無くずっとやってもこの額です。でも、20年間も会社終わってから毎日これを続けていくなんてことは普通は無理です。

 

 となると、アルバイトで資産を増やすのは難しいということはすぐにわかると思います。

 

 資産を増やしていくための選択肢として最後に残ったのは不労所得を増やすということです。

 

 

 不労所得で代表的なものは家賃収入を得る目的の不動産投資です。

 

 もちろん、本を書いたり、作詞や作曲などをして印税(これまた代表的な不労所得)で稼ぐというのも良いですし、発明をして特許料を継続的に得るなどというのも良いのですが、私は不幸にしてそういった才能がありません。

 

 私のような特に才能のない、極々普通の人が手に入れることができる不労所得はやはり不動産投資しかないでしょう。

 

 このサイトでは、元々公務員だった私が副業として不動産投資をし、どのようにして資産を増やし、公務員を辞めて不労所得だけで生きていくようになったかを書いています。

 

 営利目的でコンサルをしてこのサイトの読者からお金を稼ごうなんて気は全くありませんので、自由にこのサイトに書いてある内容を読んでいって下さい。読んだってお金はかかりませんんから。読んでこいつは何言ってるんだと思えば不動産投資なんかしなくても良いでしょうし、もし、不動産投資を始めたくなったら、私自身は何かをしてあげることはできないので、自分で本を読んで勉強したり(そんじょそこらの不動産投資の本なんかよりもこのサイトの方が圧倒的に情報量が多いと自負しています)、セミナーを受けたりして不動産投資を始めて下さい。不動産投資は額が大きいので失敗しながら覚えるということができません。しっかり勉強してから始めて下さい。皆さんが不動産投資で資産を増やすようになれることを心から祈っています。

資産を増やす方法関連ページ

100万円で出来る資産運用
100万円を使ってできる上手な資産運用方法とは。どのようにしてして可能な限りリスクを低くしながら、リターンを大きくできるかを考えて投資しなくてはいけません。
100万円でやっていはいけない資産運用
100万円程度の資産を運用して増やすことを考えると、真っ先に思い浮かぶのが投資信託ではないでしょうか。しかし、冷静に分析すれば投資信託は非常に不利な投資であることがわかります。その他、資産を増やすにあたりやってはいけない運用方法について詳しく説明します。
100万円を複利で運用すると
100万円を複利で運用するとどのような増え方をするのでしょうか。複利が人類の最大の発明だと言われる所以がわかるでしょう。
100万円を複利で運用の補足
100万年を単純に複利で運用するのと、毎年100万円を運用に回してそれを複利で運用していくのとでは全く違います。
100万円以下の資産運用
資産が100万円以下の人でも出来る運用とはどのようなものでしょうか。100万円持っていなくても金融商品はもちろん、不動産投資でさえやり方はあるのです。
500万円で出来る資産運用1
手持ちの500万円を使ってどのような運用ができるか解説。不動産投資やFXなど様々な資産運用法がありますが、堅い投資方法とは。リスクを抑えながらリターンを増やす方法。
500万円で出来る資産運用2
運用に回せるお金が500万あるとだいぶ選択肢が広がってきます。特に不動産投資では、リスクを抑えた運用をいくつか選べるようになります。
500万円で出来る運用3 FX編
500万円の運用先として現物の資産の代表格である不動産とともに、株式などに比べると様々な面で有利なFXは良い選択と言えるでしょう。
1000万円で出来る資産運用
不動産投資や株式投資、商品やFXなど運用には様々な方法がありますが、1000万円を運用するにあたり、最適な資産運用とはどのようなものになるか、リスクを抑えながらリターンを増やす資産運用方法とは。
1000万円を運用する人
自分の貯蓄や蓄えなどから、1000万円を運用する人は一般的にどのような人なのかを考察します。
1000万円を運用する際の注意点
虎の子の1000万を運用する際の注意点として挙げられるのが、失敗しながら覚えていくということが出来ないことです。
1000万円の運用を考え始めた知人 知人の運用シリーズ1
知人が1000万円を運用しようと不動産投資の勉強を始めました。
知人は1000万をどう運用するのか 知人の運用シリーズ2
1000万を不動産で運用することに決めた知人ですが、具体的にどのような不動産投資をするのかはまだ悩んでいる状態でした。
1000万の運用の前に 知人の運用シリーズ3
知人は1000万を不動産投資で運用するにあたり、住宅ローンは奥さんの名義で組むことになりました。
中々土地が出てこない 知人の運用シリーズ4
1000万円を不動産投資で運用することに決めた知人ですが、中々前に進めません。不動産屋に聞いても中々良い土地がないと返答。さて、鈴木さんの不動産投資計画はどうなるのか。
運用を2000万円に 知人の運用シリーズ5
不動産投資で1000万円の運用を考えていた知人ですが、結局なんと2000万円を運用することになりました。
2000万円を運用して9部屋のアパート 知人の運用シリーズ6
1000万円を運用する予定だったのが2000万円の運用になった知人。その2000万円で9部屋のアパートを建てることになりました。
アパートが完成しない 知人の運用シリーズ7
1000万円の運用だったはずが最終的に2000万円を運用して3階建て9部屋のアパートを建てることになった知人ですが、4月末に入居可能予定だったのがゴールデンウィークになっても完成しませんでした。
満室にならない 知人の運用シリーズ8
2000万円を運用して新築アパートを建てた知人ですが、そのアパートが満室にならずに悩んでいます。
まだ満室にならないアパート 知人の運用シリーズ9
2000万円を不動産投資で運用して新築アパートを建てた知人ですが、完成後4か月が経過するもまだ満室になりません。このままではとんでもなく低い利回りの運用になってしまいます。
資産を運用しないと?
サラリーマンとして働いているだけで資産運用を全くしないということは、これからの時代相当リスクの高い人生となるでしょう。
未経験者が不動産投資で資産を運用する際の問題
100万円でも1000万円でも良いのですが、未経験者が不動産投資で資産を運用する際に問題となってくるのが、信頼できる不動産屋をどうやって見つけるかでしょう。
貯金では金持ちになれません
給料の中から一生懸命貯金したとしてもそれで金持ちになれるわけではありません。定期預金の金利が1年で0.1%程度では貯金を運用に回さずして金持ちになるのは不可能と言えるでしょう。
貯金の運用
一生懸命貯金した虎の子のお金の運用は、それが100万円なのか1000万円なのかで運用方法も変わってきます。貯金を運用するならしっかりと勉強することをお勧めします。
運用するリスクと運用しないリスク
運用にはリスクがあるのは常識ですが、運用しないということにもリスクがあることを理解している人はそう多くはありません。
国債で運用しているから安心な投資信託?
投資信託等の中には日本国債での運用をメインをとしているものもがあり、安心を謳っていますが本当でしょうか。
不動産投資は一攫千金の運用方法ではない
不動産投資というといまだに土地ころがしのようなイメージを持つ人がいますが、不動産投資は一攫千金を狙う運用方法ではありません。
実際に1000万円を不動産投資で運用してみた
今まで説明してきた不動産投資などでの運用の仕方ですが、実際に私自身が1000万円を運用した結果を紹介します。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ