資本主義社会

資本主義社会における生き方

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 現在私たちが暮らしている日本は、資本主義です。その資本主義社会に生きているということは、好むと好まざるにかかわらず、資本家と労働者のどちかに分類されることになります。もちろん、どちらのカテゴリーにも属するような、資本家でもあるが働いているという人や労働者でもあるが資産からの収入があるという人もいます。

 

 資産家に生まれたラッキーな人もいますが、労働者の子供に生まれたからと言って資産家(資本家)になれないというわけではありません。

 

 搾取されている労働者が努力して搾取する側に回ることだって可能なのです。

 

 その搾取する側と搾取される側に双方の置かれている立場などについて説明していきたいと思います。


 

アダム・スミスの肖像画

 

 神の見えざる手で有名なアダムスミスは、労働者は賃金、資本家は利潤、地主は地代を得るという価値構成説を唱えた

資本主義社会記事一覧

資本主義社会における労働者の搾取の仕組み

まず、大前提として、1 私達は資本主義社会に生きている。(1) 今更共産主義の北朝鮮やキューバで生きていくわけにはいかない。(2) そして、資本主義社会とは、資本(お金)があるところに資本が集まってくる社会である。(3) 資本がないところには資本は集まってこない仕組みになっている。(4) 私を含めて...

≫続きを読む

本当の資産

 本当の資産とはお金ではありません。お金は使ったらなくなってしまいます。使っても使ってもお金を生み出してくれるもの、それが本当の資産でしょう。私の知る限り、ずば抜けた才能を持つわけでもない我々一般人が手に入れられる本当の資産とは不動産以外にはありません。 太古の昔から人は本当の資産(土地や国土)を巡...

≫続きを読む

不動産という形の資産

 不動産投資と聞くと、昔の土地転がしみたいなイメージを持たれる方もいると思います。つまり安値で買って高く売り、値上がり益を狙うという投資です。 しかし、ご存知の方も多いと思いますが、不動産投資は、上記のような値上がり益(キャピタルゲイン)を期待した投資と賃貸収入(インカムゲイン)を目的とした投資の二...

≫続きを読む

不動産投資という搾取

  資本主義社会の搾取における不動産投資の位置づけを考えてみましょう。 これまで資本主義社会の搾取について説明してきましたが、搾取の手段としての不動産投資について考えてみたいと思います。 搾取と言うと、労働者をタダ同然で働かせる悪い会社みたいなイメージはないでしょうか。蟹工船で酷使される貧困層の労働...

≫続きを読む


不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ