運用するリスクと運用しないリスク

リスクは運用する時だけではない

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 リスクが低い運用があっても、リスクの全くない運用というものはないことは多くの人が理解しているところです。危険は全くない絶対に儲かるという話があったらかなりの確率で詐欺だということはわかりますよね。

 

 運用のリスクとリターンというものもは概ね比例します。同じ運用でも知識や経験などによって可能な限りリスクを低くしながらリターンを多くするのが運用の醍醐味ではありますが、それにも限度というものがあります。

 

 リスクとリターンが比例する理由はいわゆるリスクプレミアムというものがあるからです。

 

 例えば1000万円の運用を預金で行うとすればリスクは極少です。1000万までならペイオフがあるのだからリスクはゼロではないかと思う人もいるかも知れませんが、国が100パーセント約束を守るわけではありませんし、守る意思があっても国が破産したり、外国から侵略されてしまったりすれば当然履行することはできなくなります。しかし、そういったスクは非常に低いため、リスクはあるけれどほぼゼロに近いと判断されます。

 

 であるので、リターンも比例して極小、つまりほぼゼロということになります。つまり0.1%の金利(運用益)ももらえないということになります。

 

 FXで1000万円を100倍のレバレッジをかけて10億円分のポジションを持ったとすれば1日経たずして元本の1000万がなくなってしまうリスクがある代わりに同じ期間で元本が倍になることもあり得るわけです。

 

 リスクを取る人にはご褒美がありリスクを取らない人にはご褒美はないわけで、このご褒美をリスクプレミアムと言います。

 

 さて、本題です。

 

 個々の投資はそれぞれハイリスクハイリターンだったり、ローリスクミドルリターンだったりするわけですが、とにかくリスクを取りたくないという人は運用をしなければリスクはゼロということになるのでしょうか。

 

 残念ながらそういうことにはなりません。特に現代において運用をしないという選択は、人生におけるリスクを非常に高めてしまうことになるのです。

 

 正社員の平均年収が500万もいかない時代です。手取りの年収は300万円台なわけで、独身時代ならいざ知らず、ここから年間に100万円も貯めることはかなり難しいでしょう。ましてや子供がいたり住宅ローンがあったりすれば貯蓄がほとんどできない人も多いのではないでしょうか。

 

 仮に家も買わない、子供の教育資金も無視する、リストラもされない、会社も潰れない、大きな病気もしないという前提の下に、年間100万円を30年間貯め続け一切運用をしなかったとすれば定年時に手元に3000万を持つことは可能でしょう。

 

 60歳で定年後平均寿命の80歳まで生きたとすると20年間を3000万円で生きていかなければなりません。一ヶ月あたり12万円ちょっとで夫婦2人生きていけますか?

 

 私自身年金は全く期待していないというか貰えないものとして人生設計していますが、仮に貰えるとしても人口構成を考えれば、30年後には現在65歳から支給の年金は良くても70歳(厚生労働省も70歳に引き上げると言っています)からの支給であり、実際にはもっと遅くなることも考えられ、さらに支給額の引き下げも確実にあります。

 

 仮に年金が70歳から貰えるとしても、60〜70歳までは月に25万円で生きていくわけですが、70歳になった時点で貯蓄がゼロになり、年金額が生きていくのに少しでも不足すれば即生活保護です。

 

 実際には、住宅ローンがあったり(月に8万ちょっとのローンであれば年間100万円となり貯蓄すると仮定している100万円はそれだけで吹っ飛びます)、子供の教育資金だって小中高と公立で大学も国立に入っても800万程度かかり(塾代は除く)、全て私立であれば余裕で2000万を超えてきます。

 

 会社の平均寿命が10年を割っている現在、自分が定年まで勤めている会社が存続しているという仮定自体が無理がありますし、リストラだってかなりの確率であるわけですが、そういったものを全て無視しても単純に貯金しているだけではかなり厳しいというのはわかるでしょう。

 

 つまり運用をしないという選択が非常にリスキーであるのが現代日本なのです。戦後から2000年ぐらいまでは運用をするリスクとしないリスクを比べれば、運用をしないリスクの方が低かったと思います。国や企業がしっかりとサラリーマンを守ってくれていましたから(高額な退職金、十分な年金など)、リスクを取って運用する意味があまりなかったと言えます。もちろん、人よりも良い生活をしたいとかお金持ちになりたいという人であれば運用するリスクを取る意味はありますが、普通に穏やかな年金生活の老後を送りたいという人にとっては運用するリスクを取る意味はなかったのです。

 

 しかし、今は時代が違います。運用しないという行動は長期で見れば余りにもリスキーです。

 

 そのために、私はFXでも不動産でも自分の好みで良いので運用をすることを薦めているわけです。そして運用のリスクを下げるのは知識と経験です。しっかりと投資に関して勉強し、人生の早い時期から運用の経験を積むことによって、同じ投資をしても人よりも低いリスクで高いリターンを得ることが可能になるのです。

 

 このサイトを読んでくれている人たちも、まずは運用に関する勉強を始めてみませんか。ロバートキヨサキが言うところのファイナンシャルリテラシーは確実に上がります。

運用するリスクと運用しないリスク関連ページ

100万円で出来る資産運用
100万円を使ってできる上手な資産運用方法とは。どのようにしてして可能な限りリスクを低くしながら、リターンを大きくできるかを考えて投資しなくてはいけません。
100万円でやっていはいけない資産運用
100万円程度の資産を運用して増やすことを考えると、真っ先に思い浮かぶのが投資信託ではないでしょうか。しかし、冷静に分析すれば投資信託は非常に不利な投資であることがわかります。その他、資産を増やすにあたりやってはいけない運用方法について詳しく説明します。
100万円を複利で運用すると
100万円を複利で運用するとどのような増え方をするのでしょうか。複利が人類の最大の発明だと言われる所以がわかるでしょう。
100万円を複利で運用の補足
100万年を単純に複利で運用するのと、毎年100万円を運用に回してそれを複利で運用していくのとでは全く違います。
100万円以下の資産運用
資産が100万円以下の人でも出来る運用とはどのようなものでしょうか。100万円持っていなくても金融商品はもちろん、不動産投資でさえやり方はあるのです。
500万円で出来る資産運用1
手持ちの500万円を使ってどのような運用ができるか解説。不動産投資やFXなど様々な資産運用法がありますが、堅い投資方法とは。リスクを抑えながらリターンを増やす方法。
500万円で出来る資産運用2
運用に回せるお金が500万あるとだいぶ選択肢が広がってきます。特に不動産投資では、リスクを抑えた運用をいくつか選べるようになります。
500万円で出来る運用3 FX編
500万円の運用先として現物の資産の代表格である不動産とともに、株式などに比べると様々な面で有利なFXは良い選択と言えるでしょう。
1000万円で出来る資産運用
不動産投資や株式投資、商品やFXなど運用には様々な方法がありますが、1000万円を運用するにあたり、最適な資産運用とはどのようなものになるか、リスクを抑えながらリターンを増やす資産運用方法とは。
1000万円を運用する人
自分の貯蓄や蓄えなどから、1000万円を運用する人は一般的にどのような人なのかを考察します。
1000万円を運用する際の注意点
虎の子の1000万を運用する際の注意点として挙げられるのが、失敗しながら覚えていくということが出来ないことです。
1000万円の運用を考え始めた知人 知人の運用シリーズ1
知人が1000万円を運用しようと不動産投資の勉強を始めました。
知人は1000万をどう運用するのか 知人の運用シリーズ2
1000万を不動産で運用することに決めた知人ですが、具体的にどのような不動産投資をするのかはまだ悩んでいる状態でした。
1000万の運用の前に 知人の運用シリーズ3
知人は1000万を不動産投資で運用するにあたり、住宅ローンは奥さんの名義で組むことになりました。
中々土地が出てこない 知人の運用シリーズ4
1000万円を不動産投資で運用することに決めた知人ですが、中々前に進めません。不動産屋に聞いても中々良い土地がないと返答。さて、鈴木さんの不動産投資計画はどうなるのか。
運用を2000万円に 知人の運用シリーズ5
不動産投資で1000万円の運用を考えていた知人ですが、結局なんと2000万円を運用することになりました。
2000万円を運用して9部屋のアパート 知人の運用シリーズ6
1000万円を運用する予定だったのが2000万円の運用になった知人。その2000万円で9部屋のアパートを建てることになりました。
アパートが完成しない 知人の運用シリーズ7
1000万円の運用だったはずが最終的に2000万円を運用して3階建て9部屋のアパートを建てることになった知人ですが、4月末に入居可能予定だったのがゴールデンウィークになっても完成しませんでした。
満室にならない 知人の運用シリーズ8
2000万円を運用して新築アパートを建てた知人ですが、そのアパートが満室にならずに悩んでいます。
まだ満室にならないアパート 知人の運用シリーズ9
2000万円を不動産投資で運用して新築アパートを建てた知人ですが、完成後4か月が経過するもまだ満室になりません。このままではとんでもなく低い利回りの運用になってしまいます。
資産を運用しないと?
サラリーマンとして働いているだけで資産運用を全くしないということは、これからの時代相当リスクの高い人生となるでしょう。
未経験者が不動産投資で資産を運用する際の問題
100万円でも1000万円でも良いのですが、未経験者が不動産投資で資産を運用する際に問題となってくるのが、信頼できる不動産屋をどうやって見つけるかでしょう。
貯金では金持ちになれません
給料の中から一生懸命貯金したとしてもそれで金持ちになれるわけではありません。定期預金の金利が1年で0.1%程度では貯金を運用に回さずして金持ちになるのは不可能と言えるでしょう。
貯金の運用
一生懸命貯金した虎の子のお金の運用は、それが100万円なのか1000万円なのかで運用方法も変わってきます。貯金を運用するならしっかりと勉強することをお勧めします。
国債で運用しているから安心な投資信託?
投資信託等の中には日本国債での運用をメインをとしているものもがあり、安心を謳っていますが本当でしょうか。
資産を増やす方法
資産を増やす方法はいくつもありますが、安定的に資産を増やす方法は、やはり投機に走らず賃貸収入を目的とした不動産投資のような不労所得を増やしていくのが王道です。
不動産投資は一攫千金の運用方法ではない
不動産投資というといまだに土地ころがしのようなイメージを持つ人がいますが、不動産投資は一攫千金を狙う運用方法ではありません。
実際に1000万円を不動産投資で運用してみた
今まで説明してきた不動産投資などでの運用の仕方ですが、実際に私自身が1000万円を運用した結果を紹介します。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ