住宅ローン借り換え時の注意点

住宅ローンを借り換える際に考えなければならないこと

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 住宅ローンを借り換える際に、1%以上の金利差、1000万以上のローン残高、10年以上の残期間がないと借り換えのメリットがないということはよく言われます。

 

 当たり前ですが、住宅ローンを借り換えるには費用がかかります。登記の費用や印紙代、それに銀行の手数料などです。

 

 

 銀行によって多少の差はあるものの、それらを全部合わせても1000万程度の住宅ローン残高では10万から15万円程度でしょう。仮に1%・1000万・10年の借り換えであれば50万円程度は総支払額は変わってくるわけで、住宅ローン借り換え時にかかる費用を考えても40万以上安くなる計算です。仮に金利差が0.5パーセントだったり、残債が500万だったとしても十分メリットがある計算になります。

 

 では、なぜ1%・1000万・10年以上などということが一般的に言われているのでしょうか。それは保証料の問題です。銀行は保証会社を利用していて、万が一住宅ローンが支払われなくなっても、銀行は保証会社からローンの残額を払ってもらえる仕組みなのですが、保証会社に保証してもらうために住宅ローンを借りる私たちがローンの額の2パーセントを保証料として支払わなくてはなりません。1000万の残債であれば20万円払わないといけないことになり、これが借り替えの際に大きな負担となり、上記の1%・1000万・10年以上という基準になるです。

 

 厳密に言えばもう少し基準は低いのですが、借り替えの際の手間を考えると返済額が10万円程度しか変わらないのであればやる意味はあまりないので20万以上返済額が変わる上記の基準ということになります。

 

 しかし、実はこれも正確ではありません。実際は借り換えの際には元々借り入れていた銀行から保証料は返ってくるのです。当然、当初の借り入れ額が3000万で保証料を60万払っていたとしても、残債が1000万であれば20万しか返ってきません。しかし、その返ってきた保証料を新たな保証料として使えば保証料の問題はなくなり、1%・1000万・10年以上という基準よりもハードルは大幅に下がります。

 

 さらに、例えばソニー銀行や住信SBI銀行、東京スター銀行などは保証料がかかりません。となると、今まで住宅ローンを組んでいた銀行からは保証料が戻ってきて借り換えの諸費用まで支払えたりするのです。そうなると金利差が0.3%だってやる価値は十分ありますし、残債が500万だってやる価値が十分あります。

 

 こうした保証料がかからない銀行の見積もりを無料で簡単に一括で取れるのがこのサイト。

 

 このサイトは非常に使いやすくて、複数の銀行から一括で見積もりが申し込みから一週間程度で取れます。その中から一番条件の良い銀行を利用して借り換えれば良いのです。また、裏技として見積もりを取った上で、現在住宅ローンを組んでいる銀行に持っていき、金利を下げる交渉をしてしまうという方法もあります。結構銀行は下げてくれますよ。

 

 しかし、その際に言われるのが「借り換えには手数料がかかるのでそれを考慮すると借り換えるよりもこのままの方が良いですよ」というセリフ。これで金利を下げる交渉を打ち切られてしまうことが良くあるのですが、保証料の要らない見積もりを提示し、借り換えによって現在の住宅ローンの保証料が返ってくることで、借り替えの費用は実質無料になることを説明できれば、金利の交渉は非常に有利に進みます。

 

 もちろん、それでも自分の思う金利まで下げられないのであれば、あっさり借り替えてしまえば良いだけの話です。借り換えについては「現在組んでいる住宅ローンを安くする方法」でも説明しています。

 

 最後に理解しておかないといけないのは、住宅ローンにおける保証料と団体信用生命保険は全く別ということです。

 

 保証料がないということは万が一があった時に、自分が全部払わなくてはいけないと思う方も多いと思います。

 

 でも、この万が一というものには2つ意味がありますよね。万が一自分が死んでしまったらというものと、万が一自分が住宅ローンを払えなくなってしまったらというものです。

 

 団体信用生命保険(団信)は、万が一死んでしまった場合、保険会社が残債を銀行に支払ってくれて、残された家族はローンの残債がチャラになってくれるありがたいものです。

 

 これ本当に誤解している人が多いのですが、(自分が死んでしまう以外のことで)自分が住宅ローンを支払えなくなった場合、保証料を払っていれば確かに保証会社が銀行にローンの残高を払ってはくれますが、その際に債務は銀行から保証会社に移るだけで、今まで銀行からの借り入れだったものが保証会社からの借り入れに変わり、結局は自宅を売って自分が全部返済しなくてはなりませんし、自宅を売っただけでは足りなければ他の誰かから借りて保証会社に払うか自己破産するかしかありません。

 

 じゃあ保証料なんて借りる方からすれば全くメリットないじゃんと思いますよね。そうなんです。全くメリットないんですよ。だから保証料なんて払わなくていいなら払わない方が良いのです。保証料は銀行にとって一方的にメリットがあるだけで住宅ローンを組む我々には全くメリットのないものなのです。

 

 つまり、住宅ローンの借り換えを考えているなら、保証料のない銀行を選ぶのが正解と言えるでしょう。

住宅ローン借り換え時の注意点関連ページ

これから組む住宅ローンの金利を簡単に安くする方法
これから組む住宅ローンの金利を自分の与信の範囲内で最も簡単に最も安くする方法の説明です。
現在組んでいる住宅ローンの金利を簡単に安くする方法
現在組んでいる住宅ローンの金利を自分の与信の範囲内で簡単に最も下げる方法の説明です。
住宅ローン金利交渉方法
住宅ローンの金利を引き下げるための具体的な交渉方法について詳細に説明します。借り換えの際の損益分岐点は一般に言われている数字とはかけ離れていることを理解すれば住宅ローンの金利交渉は有利に進められます。
住宅ローンにも相見積もりを
ビジネスの世界では常識の相見積もりですが、住宅ローンの世界でも相見積もりを取ることによって良い条件の住宅ローンを組むことができます。
住宅ローンの金利はいくらなら安いのか
住宅ローンの金利はいくらなら安いのかという住宅ローンを組む時に一番気になる疑問にお答えします。
金利が変わると月々の支払い額はどれくらい変わるのか
金利が変わると支払いがどれくらい変わるのかを具体的な額をシュミレーションしてみました。
住宅ローンを組む銀行を選ぶ基準
住宅ローンを組む銀行を選ぶ基準は金利の安さ以外にはありません。
住宅ローンが組めない条件
住宅ローンを組めない人はどのような人でしょうか。滞納などの事故だけでなく住宅ローンを組むに当たり様々な不利な条件がありますが、これから挙げるいくつかの条件にあてはまってしまっても住宅ローンを組めてしまう人もいます。
住宅ローンは不動産屋にお任せですか
住宅ローンについては、物件を購入する不動産屋にお任せのことが多いと思いますが、自分で動くことによってより有利な金利で住宅ローンを組むことができます。
住宅ローンと携帯代
住宅ローンを組む時の意外な盲点として携帯代の支払いの滞納という問題があります。
住宅ローンのリスケについて
住宅ローンの金利を下げる交渉はリスケにはあたらないので、心配をする必要はありません。
店頭金利
店頭金利とは住宅ローンなどの貸出金利の基準となる金利です。
なぜ銀行は住宅ローンを欲しがるのか
銀行はとにかく住宅ローンを欲しがります。その理由は自己資本比率が関係しています。
今後の住宅ローン金利の動向
今後住宅ローンの金利はどうなるかについての考察です。
ソニー銀行や新生銀行の金利
ソニー銀行や新生銀行の低金利については5年ルール不採用等について理解しておくことが大切。
住宅ローンの固定と変動で有利なのは
住宅ローンは固定と変動のどちらが有利かという問題について、現在の状況を踏まえながら解説します。
年収300万で住宅ローンを組む
年収300万でも住宅ローンを組む際に問題になってくるのが頭金と金利。年収300万でも不利にならない住宅ローンを組むための簡単な方法を説明します。
年収300万で住宅ローンはいくらまで組めるか
年収300万の場合、住宅ローンで借りられる額はどのぐらいか。与信や年齢、また組む銀行にもよりますが、おおよその限度額は2000万円程度です。
年収300万円で住宅ローンは危険か
年収300万円でも住宅ローンを組むと危険かという疑問について説明します。また、逆に年収300万円程度でも住宅ローンを組んで購入した方が有利なパターンもあることを詳しく説明します。
年収300万以下の場合の住宅ローン
年収が300万以下で住宅ローンを組むことは非常に難しいですが、絶対に組めないというわけではありません。
年収300万円の可処分所得と住宅ローン
住宅ローンを組む際の判断基準としては年収がありますが、最も重要なのは可処分所得です。年収300万円で可処分所得はどれぐらいあるのでしょうか。
住宅ローンの頭金は平均でどれくらいか
住宅ローンの頭金の平均がどれぐらいかというのは、住宅の購入を考えている人にとって非常に気になるところです。
住宅ローンの金利が安いのはどの銀行か
住宅ローンを組む際の最重要事項はどれだけ安い金利で住宅ローンを組むかということですが、どうすれば最も安い金利で銀行から借りることができるのかを説明します。
住宅ローンは複数組むことができる
住宅ローンは基本的に一つしか持てませんが、やり方によっては住宅ローンを複数持つことは可能です。
住宅ローンは頭金ゼロで組めるのか
住宅ローンを組む際に頭金ゼロでは組めないと思っている人もいますが、頭金なしでも住宅ローンは組めることも多いです。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ