住宅ローン金利交渉方法

住宅ローン金利の引き下げを銀行と交渉する

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 住宅ローンの金利は安ければ安いほど良いに決まっています。しかし、住宅ローンの金利を下げるには銀行との交渉が必要なのです。黙っていれば銀行の方から金利を下げてくれるなんてことは起こりません。
住宅ローン金利を銀行と交渉する男性
 住宅ローン金利の交渉をするために最初にやらなくてはいけないことは自分が今組んでいる住宅ローンの金利が安いのかどうかを確認することです。

 

 金利の優遇を取れているのか、取れているならどれだけの優遇が取れて現在は何パーセントで組んでいるのかということは自分でわかっていると思います。

 

 しかし、この金利が安いかどうかを他の人の金利と比べてもあまり意味がないことです。もちろん、借り入れの額も返済期間も一緒で、年齢も勤めている会社も給料も勤続年数も家族構成もクレジットカードの枚数も全て一緒で、オートローンの額や年数まで、それこそ金融機関が考慮する全ての与信の情報が一緒だというのならば比べれることにも意味があるでしょう。

 

 極端な例で言えば、同じ銀行で住宅ローンを組んで、勤続20年、年収1000万の公務員が3000万の物件を頭金1000万入れて2000万の住宅ローンを組もうとする時の金利と、勤続2年、年収300万の新人サラリーマンが2000万の物件をフルローンで買おうとする時の金利は違うので、他人の金利と比べることは参考にはなってもあまり意味をなさないのです。

 

 銀行に行って、他の人はこれぐらいの金利でやっているのだから、私の住宅ローンの金利を提げて欲しいと交渉しても笑われるだけです。

 

 この場合、自分の住宅ローンの金利が安いかどうかは他人の住宅ローンとではなく、他の金融機関が自分に提示する住宅ローンの金利と比べることが重要なのです。

 

 例えば自分が銀行から3000万円を35年ローンで借りている今の金利を、借り換えをしようとしたら他の金融機関が自分に提示してくれる金利と比べて安いのか高いのかということです。

 

 もしも、他の金融機関が提示する金利が現在組んでいる住宅ローンよりも高いとか同じぐらいということであれば、銀行と交渉する必要はありません。あなたの与信の範囲内で一番安い金利で借りられているということです。

 

 しかし、他の金融機関が提示する金利が現在の金利よりも安い場合は、銀行と住宅ローン金利の交渉をして現在の金利を下げてもらう余地が出てきます。

 

 他の銀行がどれくらいの金利を提示してくれるかは、ネットで簡単にわかります。

 

 ネットで複数の金融機関から提示された条件を比較し、一番有利な条件の資料を持参して銀行に赴き、金利を下げてくれないと借り換えますという脅し文句で金利の交渉に入るわけです。

 

 ただ、一般的に住宅ローンの借り替えのメリットがある条件として、金利差が1%以上、ローン残高1000万円以上、ローンの残り期間が10年以上ということが言われています。これらの条件が揃わないと借り替えるメリットがないとされています。借り換えの際にかかる諸費用の額が金利差から生まれる節約分を上回ってしまうという計算です。

 

 銀行はその点を突いてくるので、上記の基準を満たしていない場合、「金利は下げられませんし、借り替えたとしても借り替えの諸費用で損してしまいますよ」ということを当然言ってきます。

 

 ただし、この基準には穴がありまして、それは銀行も良くわかっているのですが、そのことは黙っているんですね。それは保証料の問題です。

 

 借り換えの際の諸費用の大きな部分を占めているのは保証料です。保証料は借入額の2パーセント程度を支払わなくてはならないので、借り換えの際にこの額を支払わなくてはいけないのならば、やはり上記の基準を満たさないと借り替える意味がありません。

 

 銀行員は実際に借り替える手続きに入るまでは言わないことが多いのですが、借り替えの際に保証料は返ってきます(全額ではありません。今まで毎月ローンを払ってローン残高が減っている分保証料も減っているので、現在のローンの残高に応じて返ってくるという意味です)。

 

 その返ってきた保証料を新たに組む住宅ローンの保証料にあてれば(もちろん、実際には現在組んでいる住宅ローンを借り替えて完済した後に保証料の返還があるので一旦自分で新しい保証料を払った上でその後、保証料の返還を受ける形なります)、保証料自体はプラスマイナスゼロになり、借り替えの際の諸費用は非常に小額になります。

 

 さらに言えば、現在は保証料を取らない金融機関も増えており、元々組んでいた住宅ローンの保証料が返ってくるだけで新たに支払う必要がない銀行もあるので、実際には金利差が非常に少なくても十分に借り換えメリットがあるということパターンも多いのです。

 

 住宅ローンの保証料の問題に関しては「借り替えの際の注意点」で詳しく説明しておいたので読んでみて下さい。

 

 もちろん、ローンの残高があと200万円しかなくて金利差が0.1パーセントしかないとかであれば借り替える意味はないので、銀行に行って金利を下げてくれと交渉しても相手にされませんが、ある程度のローン残高と金利差(例えば500万円とか0.3パーセントとか)があれば交渉する意味があります。

 

 当たり前ですが、実際に住宅ローンを借り換えるよりも、現在組んでいる住宅ローンを借り換えずに金利を下げてもらうことが一番良いわけで、借り替えは交渉の材料であり、銀行が金利を下げてくれない時の最終手段であるため、そこを理解していれば、銀行員をいらだたせるような発言や無意味に攻撃的な物言いはしなくて済むので注意が必要です。銀行怒らせても全く意味がないですからね。
住宅ローン金利交渉がうまくいった男性
 とにかく他の金融機関がどれくらいの金利を提示するかを確認し、保証料の返還等の条件もしっかり自分で計算して、借り換えのメリットがあるということを銀行にきちんと説明できれば、住宅ローン金利引き下げの交渉も非常に有利に進むことを覚えておいて下さい。

住宅ローン金利交渉方法関連ページ

これから組む住宅ローンの金利を簡単に安くする方法
これから組む住宅ローンの金利を自分の与信の範囲内で最も簡単に最も安くする方法の説明です。
現在組んでいる住宅ローンの金利を簡単に安くする方法
現在組んでいる住宅ローンの金利を自分の与信の範囲内で簡単に最も下げる方法の説明です。
住宅ローン借り換え時の注意点
住宅ローンを借り換える際に注意しなくてはいけない点として、金利の差、ローン残高及び残期間の三つがありますが、よく言われる1%・1000万・10年以上の目安は必ずしも必要ではありません。
住宅ローンにも相見積もりを
ビジネスの世界では常識の相見積もりですが、住宅ローンの世界でも相見積もりを取ることによって良い条件の住宅ローンを組むことができます。
住宅ローンの金利はいくらなら安いのか
住宅ローンの金利はいくらなら安いのかという住宅ローンを組む時に一番気になる疑問にお答えします。
金利が変わると月々の支払い額はどれくらい変わるのか
金利が変わると支払いがどれくらい変わるのかを具体的な額をシュミレーションしてみました。
住宅ローンを組む銀行を選ぶ基準
住宅ローンを組む銀行を選ぶ基準は金利の安さ以外にはありません。
住宅ローンが組めない条件
住宅ローンを組めない人はどのような人でしょうか。滞納などの事故だけでなく住宅ローンを組むに当たり様々な不利な条件がありますが、これから挙げるいくつかの条件にあてはまってしまっても住宅ローンを組めてしまう人もいます。
住宅ローンは不動産屋にお任せですか
住宅ローンについては、物件を購入する不動産屋にお任せのことが多いと思いますが、自分で動くことによってより有利な金利で住宅ローンを組むことができます。
住宅ローンと携帯代
住宅ローンを組む時の意外な盲点として携帯代の支払いの滞納という問題があります。
住宅ローンのリスケについて
住宅ローンの金利を下げる交渉はリスケにはあたらないので、心配をする必要はありません。
店頭金利
店頭金利とは住宅ローンなどの貸出金利の基準となる金利です。
なぜ銀行は住宅ローンを欲しがるのか
銀行はとにかく住宅ローンを欲しがります。その理由は自己資本比率が関係しています。
今後の住宅ローン金利の動向
今後住宅ローンの金利はどうなるかについての考察です。
ソニー銀行や新生銀行の金利
ソニー銀行や新生銀行の低金利については5年ルール不採用等について理解しておくことが大切。
住宅ローンの固定と変動で有利なのは
住宅ローンは固定と変動のどちらが有利かという問題について、現在の状況を踏まえながら解説します。
年収300万で住宅ローンを組む
年収300万でも住宅ローンを組む際に問題になってくるのが頭金と金利。年収300万でも不利にならない住宅ローンを組むための簡単な方法を説明します。
年収300万で住宅ローンはいくらまで組めるか
年収300万の場合、住宅ローンで借りられる額はどのぐらいか。与信や年齢、また組む銀行にもよりますが、おおよその限度額は2000万円程度です。
年収300万円で住宅ローンは危険か
年収300万円でも住宅ローンを組むと危険かという疑問について説明します。また、逆に年収300万円程度でも住宅ローンを組んで購入した方が有利なパターンもあることを詳しく説明します。
年収300万以下の場合の住宅ローン
年収が300万以下で住宅ローンを組むことは非常に難しいですが、絶対に組めないというわけではありません。
年収300万円の可処分所得と住宅ローン
住宅ローンを組む際の判断基準としては年収がありますが、最も重要なのは可処分所得です。年収300万円で可処分所得はどれぐらいあるのでしょうか。
住宅ローンの頭金は平均でどれくらいか
住宅ローンの頭金の平均がどれぐらいかというのは、住宅の購入を考えている人にとって非常に気になるところです。
住宅ローンの金利が安いのはどの銀行か
住宅ローンを組む際の最重要事項はどれだけ安い金利で住宅ローンを組むかということですが、どうすれば最も安い金利で銀行から借りることができるのかを説明します。
住宅ローンは複数組むことができる
住宅ローンは基本的に一つしか持てませんが、やり方によっては住宅ローンを複数持つことは可能です。
住宅ローンは頭金ゼロで組めるのか
住宅ローンを組む際に頭金ゼロでは組めないと思っている人もいますが、頭金なしでも住宅ローンは組めることも多いです。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ