これから組む住宅ローンの金利を簡単に安くする方法

基本は複数の銀行から見積もりを取る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 住宅ローン・アパートローン問わず方法は同じです。源泉徴収票などの書類を用意して複数の金融機関を巡り、ローンの申込をして金利の交渉をし、銀行同士をで金利を競わせる(相見積りを取るわけですね)のです。この方法により、自分の与信で得られる目一杯の優遇金利を勝ち取るわけです。

 

 しかし、この方法は非常に手間も時間もかかりますし、サラリーマンが平日に何日もかけて銀行を回るのはキツイです。そこで時間も手間も最小限にして、簡単に自分の属性の範囲内で最も金利を安くする方法を説明します。

簡単な方法

 今は自分で複数の銀行を回らずとも、ネットを利用することにより、銀行の住宅ローンの審査申込ができます。しかも、一々それぞれの銀行に審査の申込を依頼するのではなく、一括でできます。この場合、銀行との交渉はできませんが、金融機関は条件を出す段階で複数の見積もりを取られていることがわかっているので、あなたの与信の範囲内でその銀行が出せる一番安い金利を提示してくれます。

 

お金を数えている女性の画像

 

 そこでまず最初にすることはネットでの仮審査の申込です。実際にやることは、自分の年収や勤務年数、買う物件や希望するローンの額などの必要事項を空欄に埋めると、借り入れができる見込みのある銀行がネット上で提示されるので、仮審査を依頼しましょう。もちろん無料ですし、仮審査の申込をしたからと言って、実際にローンを組まなければならないなんてことはないので心配は不要です。

 

 

この一括仮審査の申込は使いやすいです

 

 

 仮審査の申込をして結果が出たら、提示された金利を見てみましょう。変動で完済まで店頭金利から1.6とか1.7パーセント程度優遇されていたら(年収が700万円ある公務員で他にローンもなくクレジットカードなども最小限しか持っていないような属性が素晴らしい人でも)通常それ以上の安い金利はありませんので、それを提示した銀行の中から自分の好みの銀行を選んで申込をすれば良いでしょう。

 

 もちろん、まだローンを組むことを検討しているだけであれば、当たり前ですが本審査の申込などせずにそのまま「ああ、参考になったな。」で終わりです。

 

※家の近所にATMがある銀行とかネットバンキングが使いやすい銀行とか

住宅ローンを組みたい銀行が他にある場合

 もしも、店頭金利から1.6パーセントの優遇を提示した銀行以外の銀行で組みたい場合は、その見積もりを持って自分がローンを組みたい銀行に行き、見積もりを見せて「○○銀行ではこの金利でやってくれるのですが、私はこちらの銀行で組みたいので、同じ条件でやってもらえますか。」と言いましょう。その金利でやってくれる可能性が高いです。

 

店頭金利から1.6パーセントの優遇とは、例えば店頭金利が2.475パーセントだった場合、金利0.875パーセントということ

提示された金利よりも安くしたい場合

 もし、提示された一番安い金利が、例えば0.5パーセントの優遇しか取れないといった場合(つまり店頭金利が2.475パーセントだとして金利1.975パーセント)はどうすれば良いでしょうか。

 

 その場合は、ネットで取った見積もりの中で、一番金利が安いものを持って直接自分がローンを組みたい銀行に行って交渉してみましょう。交渉の仕方は同じです。「これ○○銀行の見積もりなのですが、これよりも安い金利でできますか?」と聞けばよいでしょう。ネットでの見積もりの一番安い金利から最低でも0.1パーセントは安くなる可能性が高いです。

これから組む住宅ローンの金利を簡単に安くする方法関連ページ

現在組んでいる住宅ローンの金利を簡単に安くする方法
現在組んでいる住宅ローンの金利を自分の与信の範囲内で簡単に最も下げる方法の説明です。
住宅ローン借り換え時の注意点
住宅ローンを借り換える際に注意しなくてはいけない点として、金利の差、ローン残高及び残期間の三つがありますが、よく言われる1%・1000万・10年以上の目安は必ずしも必要ではありません。
住宅ローン金利交渉方法
住宅ローンの金利を引き下げるための具体的な交渉方法について詳細に説明します。借り換えの際の損益分岐点は一般に言われている数字とはかけ離れていることを理解すれば住宅ローンの金利交渉は有利に進められます。
住宅ローンにも相見積もりを
ビジネスの世界では常識の相見積もりですが、住宅ローンの世界でも相見積もりを取ることによって良い条件の住宅ローンを組むことができます。
住宅ローンの金利はいくらなら安いのか
住宅ローンの金利はいくらなら安いのかという住宅ローンを組む時に一番気になる疑問にお答えします。
金利が変わると月々の支払い額はどれくらい変わるのか
金利が変わると支払いがどれくらい変わるのかを具体的な額をシュミレーションしてみました。
住宅ローンを組む銀行を選ぶ基準
住宅ローンを組む銀行を選ぶ基準は金利の安さ以外にはありません。
住宅ローンが組めない条件
住宅ローンを組めない人はどのような人でしょうか。滞納などの事故だけでなく住宅ローンを組むに当たり様々な不利な条件がありますが、これから挙げるいくつかの条件にあてはまってしまっても住宅ローンを組めてしまう人もいます。
住宅ローンは不動産屋にお任せですか
住宅ローンについては、物件を購入する不動産屋にお任せのことが多いと思いますが、自分で動くことによってより有利な金利で住宅ローンを組むことができます。
住宅ローンと携帯代
住宅ローンを組む時の意外な盲点として携帯代の支払いの滞納という問題があります。
住宅ローンのリスケについて
住宅ローンの金利を下げる交渉はリスケにはあたらないので、心配をする必要はありません。
店頭金利
店頭金利とは住宅ローンなどの貸出金利の基準となる金利です。
なぜ銀行は住宅ローンを欲しがるのか
銀行はとにかく住宅ローンを欲しがります。その理由は自己資本比率が関係しています。
今後の住宅ローン金利の動向
今後住宅ローンの金利はどうなるかについての考察です。
ソニー銀行や新生銀行の金利
ソニー銀行や新生銀行の低金利については5年ルール不採用等について理解しておくことが大切。
住宅ローンの固定と変動で有利なのは
住宅ローンは固定と変動のどちらが有利かという問題について、現在の状況を踏まえながら解説します。
年収300万で住宅ローンを組む
年収300万でも住宅ローンを組む際に問題になってくるのが頭金と金利。年収300万でも不利にならない住宅ローンを組むための簡単な方法を説明します。
年収300万で住宅ローンはいくらまで組めるか
年収300万の場合、住宅ローンで借りられる額はどのぐらいか。与信や年齢、また組む銀行にもよりますが、おおよその限度額は2000万円程度です。
年収300万円で住宅ローンは危険か
年収300万円でも住宅ローンを組むと危険かという疑問について説明します。また、逆に年収300万円程度でも住宅ローンを組んで購入した方が有利なパターンもあることを詳しく説明します。
年収300万以下の場合の住宅ローン
年収が300万以下で住宅ローンを組むことは非常に難しいですが、絶対に組めないというわけではありません。
年収300万円の可処分所得と住宅ローン
住宅ローンを組む際の判断基準としては年収がありますが、最も重要なのは可処分所得です。年収300万円で可処分所得はどれぐらいあるのでしょうか。
住宅ローンの頭金は平均でどれくらいか
住宅ローンの頭金の平均がどれぐらいかというのは、住宅の購入を考えている人にとって非常に気になるところです。
住宅ローンの金利が安いのはどの銀行か
住宅ローンを組む際の最重要事項はどれだけ安い金利で住宅ローンを組むかということですが、どうすれば最も安い金利で銀行から借りることができるのかを説明します。
住宅ローンは複数組むことができる
住宅ローンは基本的に一つしか持てませんが、やり方によっては住宅ローンを複数持つことは可能です。
住宅ローンは頭金ゼロで組めるのか
住宅ローンを組む際に頭金ゼロでは組めないと思っている人もいますが、頭金なしでも住宅ローンは組めることも多いです。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ