サラリーマンが不動産投資をした方が良い理由

サラリーマンが不動産投資などの行動を起こさなければならない理由

不動産投資をするべきか悩んでいる人

 現状普通に暮らしていけてるのに、なぜ休みの時間を使って勉強し、さらにはリスクを取ってまでサラリーマンが不動産投資をした方が良いのでしょうか。みんな不動産投資なんてしてないし、みんなと同じようにしているのがいいんじゃないのと思ってる方も多いと思います。

 

 現状に満足していたり、特に問題がないのに敢えてリスクを取りに行くということは人間中々できないと思います。つまり、現状で特に不満はないのに、もっともっと上に行きたいからリスクを取ってでも行動する人というのは人間の性向として少数派なんですね。ただ、現状に不満があったり、このままじゃまずいと思っている人は行動を起こす確率が非常に高くなります。もちろん、生まれながらにしてリスクを取りに行くことが大好きで、勝負に勝つことに無常の喜びを覚える人もいますよ。でも、そういう人って少数派です。

 

 そうなると今普通にサラリーマンとして暮らせていけてるのになぜ空いている時間を使って勉強などの努力した上に不動産投資なんていうリスクを取らないといけないのかという冒頭の話に戻ります。きちんと勉強したうえで行う賃貸収入目的の不動産投資は、かなりリスクが低いとは言え、リスクというものは常に存在するものだからです。

 


 

 しかし、サラリーマンとして生活できている今の段階で行動を起こすということはとても重要なことなんですね。今行動を起こさないということは将来かなりの確率で訪れるリスクを避けることができなくなるのです。

 

 私の言う行動とは、不動産投資に限りません。本業以外にアルバイトをして副収入を得るのも将来に対する備えを増やす一つの行動でしょうし、有望と思える会社の株を買うのだって行動です。ただ、私は他の投資等と比べて一番安定していて成功の可能性が高いと思えるものが不動産投資だと思っています。

 

 他のページでも説明していますが、今は勤めている会社が潰れないという保証はありません。また、リストラの危険もあります。さらに、大病を患って1年も2年も仕事を休まなければならなくなった時に、大きな会社に勤めていれば辞めなくても済むかも知れませんが、普通の会社では辞めざるを得ないでしょう。給料も右肩上がりで上がっていくことはもはや保証されていません。逆に少なくなるパターンのが最近は多いです。退職金もどんどん少なくなってきており、すでに退職金という制度自体もないという会社もたくさん存在します。

 20年前の日本とは全く違った実情があるのです。

 


 

 もし、仮にあなたが勤めている会社がこれから先30年間存続したとしましょう(2010年における企業の平均寿命は22年)。そしてあなたはリストラもされなかったとしましょう。給料もずっと右肩上がりで上がったとしましょう。定年まで大きな病気もしなかったとしましょう。退職金もかなりの額が貰えたとしましょう。これから奇跡的に出生率が上がり子供がどんどん生まれ日本の労働人口が劇的に増え、年寄りが急に長生きしなくなり、昔の日本のような綺麗な人口ピラミッド(出生率が高いため若者の人口が多く、平均寿命が短いので年金受給者である高齢者がとても少ない)が描かれ、現在破綻寸前の賦課方式による年金が息を吹き返し、60歳からまた満額の年金がもらえるようになったとしましょう。

 

 これだけの状況が重なればもしかしたら悠々自適の老後が送れるかも知れません。不動産投資などしなくても、私たちの親が送ったような人生をサラリーマンを続けているだけで送れるかもしれません。

 

 でも、こんな可能性はとても低いと思いませんか。

 

 例えばあなたが今30歳だとすると、定年まで会社が存続していない確率の方が確実に高いです。

 

 年功序列で給料が右肩上がりで上がっていく会社ももう少ないですよね。公務員ですら給料が下がっていく時代ですから。

 

 リストラはもうすでに完全に日本の企業に文化として定着してますし、退職金もどんどん少なくなってきています。

 

 政府の少子化対策は全く功を奏してませんし、現行の賦課方式による年金制度はこれから破綻に向かってまっしぐらです。年金はもらえないと思って人生の計画を立てた方が良いと思います。もちろん、貰える可能性はありますが、支給対象年齢は上がるでしょうし、支給額も少なくなるでしょうから、貰えないと仮定して人生設計をした方が賢明と言えるでしょう。


 

 これらのほぼ確実に来るであろうリスクを回避するためには、サラリーマンとして生活できている今だからこそしっかりと勉強をしてリスクを取っていく、それがとても重要になるのです。

 

 実際にリストラされて、切羽詰まってから行動を起こしてもかなりのハンディキャップがあります。そして定年退職してから行動を起こしても遅すぎる可能性が高いです。

 

 不動産投資について言えば、リストラされるとローンは組めなくなりますし、定年退職後では退職金や貯蓄などを突っ込んでローンが組めたとしても、ローンが終わるまで生きていられるかも微妙なところですからね。

 

 だからきちんと収入があり、また、その収入で生きていける今、行動を起こさなければならないのです。安定した収入があるということは、投資や副業がしやすいのです。また、投資行動が全て順風満帆にいくわけではありません。しかし、うまくいかないことがあっても本業があればなんとかなることが多いでしょう。さらに、いったん安定した収入がなくなると社会的信用がなくなるだけでなく、食べるのに必死で投資や副業どころではありません。

 

 サラリーマンとして安定している間に私が不動産投資を勧める理由がここにあります。


サラリーマンが不動産投資をした方が良い理由記事一覧

サラリーマンでいる間に不動産投資を始めましょう

 当たり前ですが、仕事も収入もない人が不動産投資をするのでお金を貸して下さいと銀行に行ったとしても、銀行は普通は貸してくれませんよね(相場価格の何分の一の価格でその人だけが買える物件があるとかそういう特殊な事情があれば別ですが)。 多くの人は「サラリーマンとして安定した収入があるのだから、不動産投資...

≫続きを読む

若者の資産

 もしあなたが20代のサラリーマンだったとします。当然お金や株など(金融資産)はそれほど持っていないですし、年収も低いでしょう。頭金がほとんどなく収入も低い状態で勤続年数も短ければ不動産投資を始めるのはとても不利だと思いますよね。若者に対し、20年30年サラリーマンをしてきた40代50代の方は収入も...

≫続きを読む

不動産投資は怖いですか

 サラリーマンが不動産投資に失敗して夜逃げしたとか一家離散になったなど、大変な目にあったなんて話を聞いたことないですか。そういう話はたくさんありますよね。実際それは事実だろうと思います。そういう方々はたくさんいると思うんですよ。 でも、サラリーマンをやっていたけど、会社が倒産して路頭に迷ったとか、リ...

≫続きを読む

不動産投資への恐怖を克服する

 最初に私が購入しようとした物件は築古の区分所有のマンションでした。価格は620万。住宅ローンを利用したとして借入額も620万で考えると月々の支払いは2万円にも満たない額でした。更に固定資産税は年間4万円程なので月に直すと3千円ちょっととなり、ローンと合わせて約2万円となります。それに積立金と管理費...

≫続きを読む

アパートを購入するのは怖い?

 数千万円を投じて(または借金して)不動産投資をするなんて物凄く怖いことだと思いませんか。普通に考えればそのとおりだと思います。しかし、よく考えてみて下さい。数千万円の借金をしてアパートを購入する人は少なくても、自宅を購入することってサラリーマンはみんなしていませんか。 私が住んでいる東京郊外では、...

≫続きを読む

サラリーマンは給与所得がある

 サラリーマンでいる間に不動産投資を始めた方が良い大きな理由の一つは、サラリーマンは給与所得があるということです。会社に勤めていれば毎月お給料が貰えるわけです。当たり前ですが、不動産投資だって不動産所得が入ってきます。しかし、入ってこない月もよくあるのです。いや、入ってきても出ていくお金が多過ぎて赤...

≫続きを読む

サラリーマンを辞めると融資がキツイ

 サラリーマンが不動産投資をする理由はいくつかあると思いますが、基本的には2つだと思います。まずは定年後に経済的に困窮したくない、年金代わりに不動産所得が欲しいというものです。こういう理由で不動産投資をしているサラリーマンであれば、全く無理なく目標を達成することができると思います。 もし私がサラリー...

≫続きを読む

不動産投資と他の投資を比べてみる

 私は、サラリーマンこそ不動産投資をするべきだとこのサイトで薦めていますが、これはもちろん不動産投資以外の投資や副業を否定しているものではありません。逆に不動産投資と組み合わせていくことによって、不動産投資をより効率的に進めることが可能となり、サラリーマンを早期に辞めることができると思うからです。 ...

≫続きを読む

サラリーマンが不動産投資で自立する

 経済的に自立すると聞くと、不動産投資なんかせずとも、親のスネをかじらずにきちんと働き、社会人としてしっかり経済的に自立していると胸を張るサラリーマンの人も多いと思います。 ただ、この「経済的に自立している」という言葉は人によって意味するところが違うんですね。 普通の人が考える経済的な自立は、自分で...

≫続きを読む

サラリーマンと不動産投資家ではルールが違う

 サラリーマンの時のお金の増やし方は自分の時間を会社に売って給料を貰い、出来るだけ支出を絞って貯金を増やすというものです。しかし、不動産投資家の世界ではルールが逆になります。 説明しましょう。 前述したように、サラリーマンは自分の時間を切り売りして会社からお金を貰います。完全歩合制の仕事は別ですが、...

≫続きを読む

いつまで働いていられるのですか

 知人と話していて不動産投資の話になることはよくあります。このサイトでしつこく言っているように、私はサラリーマンこそ不動産投資をするべきだという考えなので、当然サラリーマンが不動産投資をすることのメリットについて説明するわけです。 そうすると、「俺はサラリーマンでいいや。」とか「ちゃんと正社員で働い...

≫続きを読む

不動産投資が絶対失敗しないなんて誰が言った?

 不動産投資は失敗するかも知れないし怖いからやらないという人もいます。ちょっとネットで調べれば、不動産投資は失敗するからサラリーマンはやらない方が良いと自称専門家が訳知り顔で説明しています。 そりゃあ、不動産投資だって失敗することだってありますよ(笑) 世の中に絶対失敗しない(リスクのない)お金の稼...

≫続きを読む

サラリーマンと不動産投資とビジネス

 前のページで不動産投資は失敗することもあるが、その失敗の確率を下げることは出来るし、失敗したとしてもそれをカバーすることは可能であると説明しました。失敗の確率の下げ方やそのカバーの仕方は、不動産投資における失敗のページなどで書き続けてきたのでここでは割愛しますが、不動産投資はきちんと準備をしておけ...

≫続きを読む

不動産投資と行動と

 不動産投資家のバイブルとも言える金持ち父さんシリーズは日本でも大ベストセラーになりました。累計で数百万部。金持ち父さん貧乏父さんだけでも130万部以上売れています。 金持ち父さん貧乏父さんという本を、子供や老人はもちろん主婦も読むことは少ないと思われるので、普通はサラリーマンの間でベストセラーにな...

≫続きを読む

サラリーマンの時給と不動産投資家の時給

 不動産投資家って時給で換算するといくらぐらいになるのでしょうか。 これ結構難しいんですよ。そもそも不動産投資を始める前にした勉強の時間を入れるのかとか、ネットで物件見てたりとか、経済紙を読んでいる時間を入れるのかとかってなると計算が出来なくなります。 サラリーマンの時給も計算してみようと思うのです...

≫続きを読む

なんのために仕事をしているのか

 先日元の職場の同僚と飲む機会がありました。そして、なぜ私が不動産投資で公務員を辞めることが出来たのかという話になりました。 結論から言えば、私は秀でた能力もなく怠け者だったため仕事の目的を見誤らなかったからというのが私の答えです。同僚は初めは私のその言葉の意味がわかりづらかったみたいですが、私の話...

≫続きを読む

厚労省がサラリーマンの副業容認へ舵

 先日(この記事を書いているのは2017年12月です)、サラリーマンが副業で不動産投資を堂々とやれるような就業規則の改変を厚労省が行うことが発表されました。 これはどういうことかと言うと、厚労省が作成しているモデル就業規則というものがあります。このモデル就業規則内には、「許可なく他の会社等の業務に従...

≫続きを読む

AIとサラリーマンと不動産投資

 AIによって多くの仕事がなくなると言われています。中でも単純作業がすぐにAIや機械に取って代られると信じている人が多いですが、ホワイトカラーのサラリーマンもかなり危険だと私は思っており、サラリーマンにとって不動産投資は非常に有望なリスクヘッジの一つとなると私は思っています。 あ、ちなみに不動産投資...

≫続きを読む

サラリーマンのストレスの原因のほとんどは仕事

 サラリーマン(私は公務員でしたが)を辞めて不動産投資家として自立して思うことがあります。 ストレスがない。 不動産投資で生きていけるようになって何が一番良いかってこれですよ。生きててストレスがないんです。 お金があるから普通の人が食べれないような美味しいものが食べられるとか、毎月海外旅行に行ってる...

≫続きを読む

みんなと同じが良いなら不動産投資はしない

 私が不動産投資を始めた15年ぐらい前(2003年ころ)は、20代の公務員の私が事業用の物件を購入しているなどと聞いた知り合いはみんな驚いていたというか、怪しい奴ぐらいの目で見られていましたね。不動産投資をしている20代のサラリーマンって当時はかなり珍しかったんですよ。 不動産屋に空室の募集に行って...

≫続きを読む

もはやサラリーマンは気楽な稼業ではない

 日本が高度経済成長の時代、サラリーマンは気楽な稼業と言われていました。植木等さんの歌ですね。終身雇用、年功序列などで守られていたサラリーマンは本当に気楽な稼業だったのかも知れません。 モーレツ社員などが当然だったりもしましたが、その反面出世を諦めたサラリーマンは本当に気楽だったんでしょうね。釣りバ...

≫続きを読む

サラリーマンの副業の必要性と残業代

 残業代稼ぎで残っているサラリーマンっていますよね。本気で仕事をすれば定時で帰れるものを残業代が欲しいがために定時以降も会社に残っている人です。 私も公務員時代にはよくそういう人を目にしていました。その時は本気でそうした人たちを軽蔑していましたけど、今になるとそうせざるを得ない事情もあったのかなとも...

≫続きを読む

サラリーマンが不動産投資をしない理由

 私が公務員を辞めて不動産投資で生活していることを話すと、サラリーマンの友達から「へ〜、良いなあ。」と言われることはよくあります。 私が、「じゃあ、やれば良いんじゃない?」と答えると「いや、俺はいいや。」というサラリーマンはとても多いですね。なぜやらないのかと聞くと、「だって、損したくないじゃん。」...

≫続きを読む

サラリーマンは人と違ってはダメ、不動産投資家は人と違って良い

 サラリーマンの場合、人と違うことはメリットよりもデメリットの方が大きいと言えますが、不動産投資家の場合は人と違うことになんの問題もありません。 サラリーマンは、組織内で人に合わせられる協調性が非常に重要視されます。あまり目立ったことをせず、前例にないことはしない、良いアイデアでも上司のメンツが立た...

≫続きを読む



不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ