サラリーマンでいる間に不動産投資を始めましょう

サラリーマンは不動産投資を始めるのに有利である

 当たり前ですが、仕事も収入もない人が不動産投資をするのでお金を貸して下さいと銀行に行ったとしても、銀行は普通は貸してくれませんよね(相場価格の何分の一の価格でその人だけが買える物件があるとかそういう特殊な事情があれば別ですが)。

 

 多くの人は「サラリーマンとして安定した収入があるのだから、不動産投資はしない。」と考えてしまいます。

 

 しかし、実際のところサラリーマンとしての安定した収入がなくなってからでは不動産投資をすることは非常に難しくなります。つまり「サラリーマンとして安定した収入があるのだから、不動産投資をする。」と頭を切り替えなければなりません。

 

 リストラされたから不動産投資を始めるとか、首にはならなかったけど給料激減したから不動産投資を始めるというのでは遅いのです。リストラされた後に不動産投資は出来ませんし、給料が激減する前に不動産投資を始めた方が確実に有利なのです。

 

 無職とサラリーマンでは、サラリーマンのが不動産投資に有利なのはわかりきったことで、そんなことは当たり前じゃないかと思われるでしょう。

 


 

 では、年収500万円のサラリーマン年収2000万の社長では、どちらの方が銀行がお金を貸したい相手でしょうか。

 

 実は収入の多い社長よりも収入の少ないサラリーマンの方に銀行はお金を貸したいのです。社長と言っても、雇われのサラリーマン社長は別ですが、自分が所有している会社の社長、つまりオーナー社長には銀行はあまりお金を貸したがりません。銀行にとってはサラリーマンのが安心してお金を貸せる相手なのです。

 

 少し意外な感じはしませんか?与信の良さとしてサラリーマン>無職サラリーマン>職人という図式はわかりやすいですが、

 

 サラリーマン>社長
サラリーマンと社長が並んでいる

 

 だとは普通の人は考えませんよね。

 

 仕事してなかったら収入がないのだから銀行がお金を貸したがらないのは不思議ではないでしょうが、銀行から見たら社長と職人は基本的に同じなんですね。社長も飲食店経営も職人も自営業という括りなわけです。

 

 サラリーマンは会社の業績が悪くても給料はなんとか出るだろうと思っているわけです。しかし、職人は仕事がなかったら収入はすぐに止まりますし、社長は業績が悪くなると給料が出なくなるだけでなく、自分の財産から持ち出して社員に給料を払わなければいけなかったりします。

 

 なので、サラリーマンの給料は増減があってもたかが知れていますが、中小企業の社長の場合は今年の収入が2000万でも来年はマイナス1000万ということもあり得るわけで、そのため年収が高くとも銀行からの評価が低いわけです。

 

 しかし、上場企業などの雇われ社長ならばサラリーマンと一緒なので銀行はお金を貸してくれるわけです。大工さんだって工務店の社員であれば職人だとしてもサラリーマンですからお金は貸してくれますし、飲食店の店長だってオーナーじゃなければサラリーマンですから銀行は不動産投資のためにお金を貸してくれるわけです。

 

 不動産投資は基本的には銀行からの融資によって事業を拡大していくものですから、不動産投資をするうえでサラリーマンであることがどれだけ有利なことかわかりましたでしょうか。


サラリーマンでいる間に不動産投資を始めましょう関連ページ

若者の資産
20代のお金がないサラリーマンでも時間という資産があり、インカムゲイン狙いの不動産投資では時間は最大の資産です。
不動産投資は怖いですか
未経験のサラリーマンが不動産投資を始めるのは怖いことだと思います。事実私も失敗するのではと最初の物件を買う時は本当に怖かったです。
不動産投資への恐怖を克服する
サラリーマンが不動産投資を始めるには、不動産投資に対する恐怖を克服しなくてはなりません。まずは最悪の事態を想定してみましょう。最悪の事態になったとしても大丈夫だという確信が得られれば怖さはなくなります。
アパートを購入するのは怖い?
サラリーマンが不動産投資でアパートを購入するのは怖いことと思われがちですが、自宅を購入するのだって銀行から数千万円の借金することを考えれば少し恐怖は和らぐと思います。
サラリーマンは給与所得がある
サラリーマンでいる間に不動産投資を始めておかないと、正直キツイです。サラリーマンじゃなくなって不動産投資を始めて生きていけるようになるのは本当に大変です。
サラリーマンを辞めると融資がキツイ
サラリーマンを辞めてしまうと銀行の融資がきつくなります。相当な額の不動産所得ができるまではサラリーマンを辞めない方が良いでしょう。
不動産投資と他の投資を比べてみる
なぜサラリーマンは、他の投資や副業ではなく不動産投資をするべきなのか。そして、他の投資や副業するとしても不動産投資をメインにするべきなのか説明します。
サラリーマンが不動産投資で自立する
サラリーマンでも、不動産投資で経済的に自立することは可能です。もちろん、会社を経営しても良いし、他の投資でも構わないのですが、会社からの給料に依存せずに経済的に自立することが大切です。
サラリーマンと不動産投資家ではルールが違う
不動産投資家の世界はサラリーマンとして給料を貰っている時とではルールが変わります。そのルールを理解して収入を増やしていくことが必要です。
いつまで働いていられるのですか
私はサラリーマンとして正社員で働いているから特に不動産投資などする必要はないという人もいますが、いつまでサラリーマンとして働いていられるでしょうか。
不動産投資が絶対失敗しないなんて誰が言った?
不動産投資は失敗するかも知れないからやらないという人もいます。確かに不動産投資は失敗のリスクはありますが、この世の中に絶対失敗しないものなんてありません。
サラリーマンと不動産投資とビジネス
ロバートキヨサキは金持ちになるには投資をするかビジネスを起こすかと言いました。しかし、ビジネスの成功確率は非常に低いものです。
不動産投資と行動と
不動産投資をやろうと勉強しても、実際に行動するのはほんの一部です。それが不動産投資家が少ない理由でもあります。
サラリーマンの時給と不動産投資家の時給
不動産投資家の収入を時給換算してサラリーマンの時給と比べると、不動産投資家の効率の良さにびっくりすることでしょう。
なんのために仕事をしているのか
なんのために仕事をしているのかを間違えている公務員やサラリーマンはたくさんおり、そのため退職した途端に経済的に困窮してしまうことがよくあります。
厚労省がサラリーマンの副業容認へ舵
厚労省が作成するモデル就業規則から副業を禁止する項目を削除し、原則的にはサラリーマンの副業を容認することを厚労省が発表しました。これを受けて多くの企業の就業規則も変更することが予想され、不動産投資を含むサラリーマンの副業が公に解禁となりそうです。
AIとサラリーマンと不動産投資
AIで多くの仕事がなくなると言われていますが、最も危険なのはホワイトカラーのサラリーマンでしょう。AIでホワイトカラーの仕事がなくなっても不動産投資はなくなりません。サラリーマンでいる間に不動産投資を始めるということは益々重要になってきているのではないでしょうか。
サラリーマンのストレスの原因のほとんどは仕事
サラリーマンのストレスの原因のほとんどは仕事であると断言しても良いでしょう。一部男女関係の悩みなどはあるものの、会社で求められる数字や、上司や同僚、部下との人間関係などが主なストレスの原因ですから、仕事を辞めさえすればストレスフリーな生活を送ることが可能です。
みんなと同じが良いなら不動産投資はしない
人生において、他のみんなと同じ結果が欲しいなら不動産投資なんかしてはいけません。みんなと同じ選択をすればみんなと同じ結果を得ることになり、みんなと違う選択をすればみんなとは違う結果を得ることになります。
もはやサラリーマンは気楽な稼業ではない
サラリーマンが気楽な稼業と言われていたのも今は昔。サラリーマンだって頭を使い、行動を起こしていかなければならない時代なのです。
サラリーマンの副業の必要性と残業代
残業代稼ぎのための残業が最近は出来なくなってきています。副業を一切せずにサラリーマン生活を送っていると、残業代が入らないからと年配になってから新たに新しい副業などを始めようと思っても中々難しいことが多いです。
サラリーマンが不動産投資をしない理由
なぜ不動産投資をしないのかとサラリーマンの友達に聞くと、「だって損したくないじゃん。」という答えが返ってくる時があります。そのように答える人は100%損する恐れがない行動しかしていないとでも言うのでしょうか。そんなこと不可能ですよね。
サラリーマンは人と違ってはダメ、不動産投資家は人と違って良い
日本でサラリーマンをしていると人と違うことはあまりメリットにはならず、組織内で人に合わせて協調性を持つことの方が求められますが、不動産投資の世界では人と違うことはマイナスにはなりません。逆に人と違う考え方や行動のおかげで不動産投資家に成れるとも言えるでしょう。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ