不動産投資が絶対失敗しないなんて誰が言った?

不動産投資だって失敗する

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 不動産投資は失敗するかも知れないし怖いからやらないという人もいます。ちょっとネットで調べれば、不動産投資は失敗するからサラリーマンはやらない方が良いと自称専門家が訳知り顔で説明しています。

 

 そりゃあ、不動産投資だって失敗しますよ(笑)

 

 

 世の中に絶対失敗しない(リスクのない)お金の稼ぎ方なんてあったらそれは間違いなく詐欺でしょう。

 

銀行にお金を預けて金利を貰うのは?→銀行だって倒産するリスクがある。
ペイオフがあるから倒産しても大丈夫→預金が1000万円以上は保証されない。
1000万円以下だから大丈夫でしょ→インフレ率が金利を上回ったら目減りする。

 

 わかりますか。銀行に預けて金利を貰うという非常に安全に思われていることすらリスクはあり、絶対に失敗しないなんてことはないのです。

 

 ある程度仕事を任されている人ならわかると思いますが、新しいプロジェクトで絶対失敗しないものしか進めないなんてことあるわけないですよね。そもそも絶対失敗しないプロジェクトはないんですから。失敗するリスクはあるけれども新しいことをやるのです。公務員だったり法律などでガチガチに守られた既得権益の業界などでは別ですが、失敗するかも知れない新しいことは何もしないなんて企業はすぐに時代遅れになって淘汰されていくのです。

 

 ただ、自分がマネージメントをする立場になく、言われたことだけをやって給料を貰っている人の場合、中々この考え方が理解できないのです。言われたことさえやっていれば、何か問題があってもそれは会社や上司の問題で自分の責任は一切ないわけですから、全ての行動にリスクは一切ないことになります。

 

 そうなると定年まで平社員で働いていればリスクなくお金が稼げるということになると思うかも知れませんが、それもまた違います。

 

 サラリーマンで働いているだけで何もしないということ自体が人生におけるリスクなのです。サラリーマンで給料を貰うということは、自分が働かないと給料は貰えません。定年まで絶対に病気にならないと断言できるでしょうか。定年まで大きな事故に遭って働けなくなることはないと言い切れますか。定年まで絶対リストラされないとか、定年まで勤めている会社は絶対潰れないなんて保証はどこにもないのです。

 

 

 運良く定年まで病気も事故もリストラにも遭うことなく、会社も存続していたとしても20年後とか30年後に退職金という制度は絶対に存続していると言い切れますか。最近退職金制度を無くす企業がどんどん増えていますよね。年金を貰えるようになるまでの生活費はどうやって調達するつもりですか。年金は近い将来ほぼ間違いなく70歳からの支給になりますよね。

 

 どうでしょう。世の中に絶対失敗しないというものなどないですよね。だから、当然不動産投資だって失敗するのです。しっかりと勉強せずに不動産投資に猪突猛進すればかなりの確率で失敗するでしょう。きちんと勉強していたとしても運が悪かったり時代の流れの中で失敗してしまうこともあるかも知れません。

 

 しかし、その失敗の確率を下げることは可能ですし、失敗したとしてもそれをカバーをすることもできます。

 

 次のサラリーマンと不動産投資とビジネスでさらに説明していきたいと思います。

不動産投資が絶対失敗しないなんて誰が言った?関連ページ

サラリーマンでいる間に不動産投資を始めましょう
不動産投資を始めるにはサラリーマンが最適です。社長よりもアルバイトよりも自営業よりも職人よりも、とにかくサラリーマンが有利なのです。
若者の資産
20代のお金がないサラリーマンでも時間という資産があり、インカムゲイン狙いの不動産投資では時間は最大の資産です。
不動産投資は怖いですか
未経験のサラリーマンが不動産投資を始めるのは怖いことだと思います。事実私も失敗するのではと最初の物件を買う時は本当に怖かったです。
恐怖を克服する
サラリーマンが不動産投資を始めるには、不動産投資に対する恐怖を克服しなくてはなりません。まずは最悪の事態を想定してみましょう。最悪の事態になったとしても大丈夫だという確信が得られれば怖さはなくなります。
アパートを購入するのは怖い?
サラリーマンが不動産投資でアパートを購入するのは怖いことと思われがちですが、自宅を購入するのだって銀行から数千万円の借金することを考えれば少し恐怖は和らぐと思います。
サラリーマンは給与所得がある
サラリーマンでいる間に不動産投資を始めておかないと、正直キツイです。サラリーマンじゃなくなって不動産投資を始めて生きていけるようになるのは本当に大変です。
サラリーマンを辞めると融資がキツイ
サラリーマンを辞めてしまうと銀行の融資がきつくなります。相当な額の不動産所得ができるまではサラリーマンを辞めない方が良いでしょう。
不動産投資と他の投資を比べてみる
なぜサラリーマンは、他の投資や副業ではなく不動産投資をするべきなのか。そして、他の投資や副業するとしても不動産投資をメインにするべきなのか説明します。
サラリーマンが不動産投資で自立する
サラリーマンでも、不動産投資で経済的に自立することは可能です。もちろん、会社を経営しても良いし、他の投資でも構わないのですが、会社からの給料に依存せずに経済的に自立することが大切です。
サラリーマンと不動産投資家ではルールが違う
不動産投資家の世界はサラリーマンとして給料を貰っている時とではルールが変わります。そのルールを理解して収入を増やしていくことが必要です。
いつまで働いていられるのですか
私はサラリーマンとして正社員で働いているから特に不動産投資などする必要はないという人もいますが、いつまでサラリーマンとして働いていられるでしょうか。
サラリーマンと不動産投資とビジネス
ロバートキヨサキは金持ちになるには投資をするかビジネスを起こすかと言いました。しかし、ビジネスの成功確率は非常に低いものです。
不動産投資と行動と
不動産投資をやろうと勉強しても、実際に行動するのはほんの一部です。それが不動産投資家が少ない理由でもあります。
サラリーマンの時給と不動産投資家の時給
不動産投資家の収入を時給換算してサラリーマンの時給と比べると、不動産投資家の効率の良さにびっくりすることでしょう。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ