アパートを購入するのは怖い?

自宅購入とアパート購入

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 数千万円を投じて(または借金して)不動産投資をするなんて物凄く怖いことだと思いませんか。普通に考えればそのとおりだと思います。しかし、よく考えてみて下さい。数千万円の借金をして自宅を購入することってサラリーマンはみんなしていませんか。

 

 私が住んでいる東京郊外では、ファミリータイプのマンションなら普通は3000万ぐらいから、戸建てなら4000万ぐらいからでしょう。もちろん、50平米60平米しかないファミリータイプではないマンションや、戸建てでも狭小住宅と言われているようなものならばもっと安いものはありますし、駅から徒歩30分とかであればもっと安いものはあるでしょう。しかし、一般的にはこれぐらいの価格帯が多いと思います。

 

 でも、みんな何千万円も借金して買ってますよね。私はアラフォーですが、私と同年代の友達などは実感として半分以上は自宅(マンションか戸建て)を購入しています。しかも頭金も0とか数百万円ぐらいということの方が多く、親の援助なしに1千万円2千万円も頭金入れている人ってあんまりいません。

 

 さて、ある意味自宅を購入することだって不動産投資と言えなくもありません。まあ、自宅を不動産投資と捉えると恐ろしく効率の悪い不動産投資となってしまいますが、ここではそれは置いておきます。単純に不動産投資に投下する金額だけのことを考えれば、新築のマンションや戸建てを買う値段と中古のアパートを買う値段はそんなに変わりません。3千万ぐらいの中古のアパートってサラリーマンでも買いやすい価格帯だし、最初に買うアパートとしてはこれぐらいが一般的だと思います。

 

 銀行から数千万円の借金をして不動産を買うという意味では、自宅購入も収益物件購入も全く変わるところはないわけです。この事実をどう捉えるか。自宅購入に対して恐怖感はあまりないので、一般のサラリーマンは自宅を抵抗なく購入します。それは一般的な選択であり、一般的な選択をしたサラリーマンはそのまま一般的な人生を送る可能性が高いでしょう。日本が右肩上がりの成長を続けている時は、一般的な人生というのもそれはそれで良い人生だったと思います。

 

 みんなと同じ行動を取るということは、みんなと同じ結果が待っているということです。平均年収が下がり続け、生活保護が急増し、リストラが横行し、勤めている会社が潰れたって珍しくない世の中に住んでいる現代のサラリーマンは、みんなと同じ結果ではまずくないでしょうか。

 

 サラリーマンという職業を選んでいる時点でかなり一般的な選択をしているわけです。みんなと同じくサラリーマンだけを続けるという選択をした場合はどうなるでしょうか。やはりみんなと同じ結果が待っているでしょう。

 

 みんなと同じ結果とはなんでしょうか。リストラされずに60歳で定年を迎えられたとしても(会社の平均寿命が10年を切ったと言われている今は定年まで同じ会社にいられる可能性はかなり低くなっています)、年金までの間無収入です。その年金も現在は65歳から支給ですが、現時点でも有識者会議等で支給年齢を上げることが勧告され、さらに支給額も今より下げることは確実です。みんなと同じ選択ってこういう結果が待っているのです。

 

 数千万円借金して自宅を購入した人と同じ金額借金してアパートを購入した人、金額で言えばリスクは一緒です(実際はアパートは家賃が入ってくるので自宅購入よりも遥かにリスクは低いですが)。60歳で定年時にローンの終わったアパートを持っていたら素晴らしいことです。もうボロアパートに成り下がっていても10万や15万の家賃ぐらいは入ってくることでしょう。更地にして売っても構いませんし、土地に抵当権つけさせて新たに銀行から借り入れを起こしてアパートを建て直すのも良いでしょう。

 

 同じリスクを取ったのにもかかわらず、自宅購入という一般的な道を選んだサラリーマンとアパート購入という一般的でない道を選んだサラリーマンでは結果は全く変わってきます。

アパートを購入するのは怖い?関連ページ

サラリーマンでいる間に不動産投資を始めましょう
不動産投資を始めるにはサラリーマンが最適です。社長よりもアルバイトよりも自営業よりも職人よりも、とにかくサラリーマンが有利なのです。
若者の資産
20代のお金がないサラリーマンでも時間という資産があり、インカムゲイン狙いの不動産投資では時間は最大の資産です。
不動産投資は怖いですか
未経験のサラリーマンが不動産投資を始めるのは怖いことだと思います。事実私も失敗するのではと最初の物件を買う時は本当に怖かったです。
恐怖を克服する
サラリーマンが不動産投資を始めるには、不動産投資に対する恐怖を克服しなくてはなりません。まずは最悪の事態を想定してみましょう。最悪の事態になったとしても大丈夫だという確信が得られれば怖さはなくなります。
サラリーマンは給与所得がある
サラリーマンでいる間に不動産投資を始めておかないと、正直キツイです。サラリーマンじゃなくなって不動産投資を始めて生きていけるようになるのは本当に大変です。
サラリーマンを辞めると融資がキツイ
サラリーマンを辞めてしまうと銀行の融資がきつくなります。相当な額の不動産所得ができるまではサラリーマンを辞めない方が良いでしょう。
不動産投資と他の投資を比べてみる
なぜサラリーマンは、他の投資や副業ではなく不動産投資をするべきなのか。そして、他の投資や副業するとしても不動産投資をメインにするべきなのか説明します。
サラリーマンが不動産投資で自立する
サラリーマンでも、不動産投資で経済的に自立することは可能です。もちろん、会社を経営しても良いし、他の投資でも構わないのですが、会社からの給料に依存せずに経済的に自立することが大切です。
サラリーマンと不動産投資家ではルールが違う
不動産投資家の世界はサラリーマンとして給料を貰っている時とではルールが変わります。そのルールを理解して収入を増やしていくことが必要です。
いつまで働いていられるのですか
私はサラリーマンとして正社員で働いているから特に不動産投資などする必要はないという人もいますが、いつまでサラリーマンとして働いていられるでしょうか。
不動産投資が絶対失敗しないなんて誰が言った?
不動産投資は失敗するかも知れないからやらないという人もいます。確かに不動産投資は失敗のリスクはありますが、この世の中に絶対失敗しないものなんてありません。
サラリーマンと不動産投資とビジネス
ロバートキヨサキは金持ちになるには投資をするかビジネスを起こすかと言いました。しかし、ビジネスの成功確率は非常に低いものです。
不動産投資と行動と
不動産投資をやろうと勉強しても、実際に行動するのはほんの一部です。それが不動産投資家が少ない理由でもあります。
サラリーマンの時給と不動産投資家の時給
不動産投資家の収入を時給換算してサラリーマンの時給と比べると、不動産投資家の効率の良さにびっくりすることでしょう。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ