戸建てを賃貸するか購入するか(東京編)

東京の戸建てで賃貸と購入を比較する

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 駅から少し離れたいわゆる閑静な住宅街の一般的な戸建てで賃貸するか購入するかの比較をしてみたいと思います。

 

 「マンションを借りるかどうか(東京編)」のマンションとも比較しやすいように物件購入価格を4200万(例に出したマンションと立地的に同条件であれば確実に戸建てのが高いです。しかし、戸建てはマンションと違いメインは駅から少し離れた住宅街ですので、ここでは一般的な戸建てで計算してみます)とします。

 

 ちなみにマンションと戸建ての比較については、「マンションと戸建てのメリット・デメリット」を参照してください。

 

 土地は低層住宅用途地域の40/80で30坪、建物の延べ床80平米とします。

 

 住宅ローンの条件は、4200万円を35年ローン(フラット35、金利3パーセント固定)で返済、ボーナス払いはなしの頭金もなし。

 

 月々の支払いは16万円になります。これに固定資産税の月割り1万円を足し、月々の支払い17万円の12ヶ月分で204万円が年間支出で、35年分で7140万円です。

 

 そこから35年後の物件の残存価値2500万円(建物部分の価値はほぼゼロとなりますが、土地部分については償却していかないので、資産価値がほとんど建物部分にあるマンションよりも戸建ては残存価値が高い)を引くと4640万が戸建てを購入して35年間居住するコストです。

 

 賃貸については、家賃が15万円で、定期借家で新築同様の物件に5年毎に引っ越す(35年間で計6回引っ越す計算)と仮定し、引越し費用を1回につき100万円(敷金・礼金などを含む)とすると、35年間戸建てを賃貸して居住したコストは15万円×12ヶ月×35年+(100万円×6回)=6900万になります。

 

 ???購入のコスト4640万、賃貸のコスト6900万?

 

 購入した際の居住コストと賃貸の居住コストがマンションと戸建てでは逆転しましたね。

 

 東京の戸建てに関しては賃貸より購入の方がだいぶ有利と言えるでしょう。

戸建てを賃貸するか購入するか(東京編)関連ページ

マンションを賃貸するか購入するか(東京編)
東京で生活する上でマンションでは賃貸と購入のどちらが得か、徹底的に比較してみる
マンションを賃貸するか購入するか(地方編)
地方で生活するとして、マンションでは賃貸と購入のどちらが得かの徹底的した比較
戸建てを賃貸するか購入するか(地方編)
地方の戸建ての賃貸と購入のどちらが得か、徹底的に比較する
賃貸と購入を不動産投資の観点から見てみると...
賃貸と購入の比較を不動産投資の観点から見てみる
絶対購入した方が有利な物件(賃貸したら損な物件)
購入と賃貸の比較で、購入のが有利な物件についての説明
不動産投資を始めるなら
不動産投資を始めるなら、住宅ローンは組まずに賃貸で暮らしていた方が有利ではある
賃貸の家賃補助
賃貸と購入を比較するのにあたり、家賃補助がある会社に勤めているかどうかで結果が全く変わってしまう。
賃貸と購入における団体信用生命保険の問題
賃貸と購入の比較において、団体信用生命保険(いわゆる団信)を考慮に入れてる人はあまりいませんが、これは結構大きな問題です。
賃貸と購入の比較におけるライフスタイルの問題(ペット)
賃貸と購入で比較すると、賃貸で飼えるペットにはかなりの制限があるものの、購入では基本的にはどんなペットでも飼えるというメリットがあります。
賃貸と購入のグレードの比較について
賃貸マンションと購入する分譲マンションを比較すると設備のグレードに大きな差があることが多いです。
賃貸よりも購入のが不利な点
賃貸よりも購入の方が不利な点は、気に入らなかったら引っ越すという選択肢がないこと。間取りからご近所さんまで暮らしてみて気に入らないものは結構あるものです。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ