不動産投資を始めるなら

不動産投資をする人が賃貸するか購入するかという問題

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 もし、みなさんがこれから不動産投資を始めようと思っているのならば、自分が住むための物件は購入しないで賃貸にした方が良いでしょう。

 

 与信の話をしますね。

 

 不動産投資をするには、基本的には銀行から融資してもらって物件を購入することになります。もちろん、小さな区分所有を購入したりする時は現金で購入する方もいるでしょうし、何千万という物件をキャッシュで購入する方もいるとは思いますが、一般的なサラリーマンが不動産投資をする時は借り入れを起こします。

 

 銀行は、融資を受けようとする人がどれくらいの収入があって、どれくらいの借金があり、年間にどれくらい返済するのかを非常に重視します。

 

 例えば、あなたの年収が500万円だとしましょう。4000万の住宅ローンがあり、年間160万円返済しているとしましょう。

 

 もうこれだけで年収に対する返済割合が32パーセントになっています。もうカツカツです。少なくとも銀行から見たあなたの借り入れ額の枠はカツカツです。

 

 となると、アパートを購入しようと思った時に、頭金を3割用意した上で、さらに収益還元法のページで説明したように、きっちり回るような物件を見つけなければなりません。通常よりも金利が高くなってしまうこともあるでしょう。

 

 しかし、もし、あなたが住宅ローンがなければ、収益還元法で見た時に多少キャッシュフローがマイナスになったとしても、そこをあなたのサラリーマンの収入から補えると考えてもらうことができます。

 

 つまり、融資を受けやすいということです。不動産投資を行う上で融資を受けやすいというのは、特急列車の切符をもらったようなものです。

 

 もちろん、住宅ローンがあるから絶対不動産投資ができないわけではなく、住宅ローンがなければ融資をしてもらうにあたり有利だというだけです。

 

 ある程度まで不動産所得が増えてくれば、住宅ローンの支払いぐらいは与信に大きな影響を与えないレベルになりますが、不動産投資を始める段階では、まだまだキャッシュフローに余裕がないため、賃貸住宅に住んでいた方が良いでしょう。

 

 ちなみに賃貸住宅に住んでいる家賃に関しては銀行は与信の際に考慮しません。面白いですよね。

不動産投資を始めるなら関連ページ

マンションを賃貸するか購入するか(東京編)
東京で生活する上でマンションでは賃貸と購入のどちらが得か、徹底的に比較してみる
マンションを賃貸するか購入するか(地方編)
地方で生活するとして、マンションでは賃貸と購入のどちらが得かの徹底的した比較
戸建てを賃貸するか購入するか(東京編)
東京の戸建ての賃貸と購入のどちらが得か、徹底的に比較検討してみる
戸建てを賃貸するか購入するか(地方編)
地方の戸建ての賃貸と購入のどちらが得か、徹底的に比較する
賃貸と購入を不動産投資の観点から見てみると...
賃貸と購入の比較を不動産投資の観点から見てみる
絶対購入した方が有利な物件(賃貸したら損な物件)
購入と賃貸の比較で、購入のが有利な物件についての説明
賃貸の家賃補助
賃貸と購入を比較するのにあたり、家賃補助がある会社に勤めているかどうかで結果が全く変わってしまう。
賃貸と購入における団体信用生命保険の問題
賃貸と購入の比較において、団体信用生命保険(いわゆる団信)を考慮に入れてる人はあまりいませんが、これは結構大きな問題です。
賃貸と購入の比較におけるライフスタイルの問題(ペット)
賃貸と購入で比較すると、賃貸で飼えるペットにはかなりの制限があるものの、購入では基本的にはどんなペットでも飼えるというメリットがあります。
賃貸と購入のグレードの比較について
賃貸マンションと購入する分譲マンションを比較すると設備のグレードに大きな差があることが多いです。
賃貸よりも購入のが不利な点
賃貸よりも購入の方が不利な点は、気に入らなかったら引っ越すという選択肢がないこと。間取りからご近所さんまで暮らしてみて気に入らないものは結構あるものです。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ