絶対購入した方が有利な物件(賃貸したら損な物件)

比較して絶対購入した方が良いパターンは?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 今まで賃貸と購入、どちらが有利かという比較を数字で計算してきました。

 

 結論から言えば、マンションに関しては東京でも地方でも数字上は確実に賃貸の方が有利で、戸建てに関しては購入が有利となります。

 

 この数字の上に、所有欲や見栄といった数字では出せない要素が加わるので、数字を納得した上で目に見えない要素まで含めて比較考量していくことになります。

 

 さて、「不動産投資の観点から見てみると...」でお話した、居住物件も利回りで計算してみるやり方を適用して絶対買った方が良い物件というものを具体的に説明しましょう。

 

 ここで例に出すのは千葉県船橋市。船橋駅からなら東京駅まで25分で行けます。もちろん、物件から船橋駅までの時間は除いてです。私の住んでいる多摩地区から東京駅に出ようとすれば30分(中央線1本で行けるなら最短で30分くらい)から1時間ぐらいはかかってしまうので、通勤にはかなり良い立地と言えるでしょう。

 

 駅から少し離れてよいなら、築30年ぐらい経った普通の戸建てが300万円ぐらいから売っています。ちょっと綺麗目で駅から徒歩30分以内であれば600万とか700万ぐらいでしょうか。

 

 購入価格が600万円の戸建てはどれくらいで賃貸に出てるでしょうか。大体6万円前後です。となると、なんとその利回りは12パーセントにも達します。しかも、区分所有のマンションと違って戸建ての場合は表面と実質の利回りがあまり乖離しないため、表面で12パーセントなら実質でも同じと考えても差し支えありません。

 

 なので、もし、船橋市に住もうと思っていて、戸建てを賃貸にするか購入にするか悩んでいるなら私なら迷わず中古の戸建てを購入しますね。

 

 購入すれば基本的には35年間住んでも600万円、リフォームを1回だけして300万円かけ、35年間の固定資産税100万円(中古の戸建てなら建物に関してはほとんど償却してるでしょうし、土地部分だけなら船橋ならこんなものでしょう)を払ったとしても1000万円です。しかし、賃貸したら2500万円以上ですよ。こんなの比較するまでもないですよね。

 

 地方の戸建てを賃貸するか購入するかであれば絶対に買った方が得となります。

 

 この利回りで計算するやり方であれば、みなさんが住んでいる地方がどこであれ、賃貸にするか購入するか決断する際の有効な指標となります。

絶対購入した方が有利な物件(賃貸したら損な物件)関連ページ

マンションを賃貸するか購入するか(東京編)
東京で生活する上でマンションでは賃貸と購入のどちらが得か、徹底的に比較してみる
マンションを賃貸するか購入するか(地方編)
地方で生活するとして、マンションでは賃貸と購入のどちらが得かの徹底的した比較
戸建てを賃貸するか購入するか(東京編)
東京の戸建ての賃貸と購入のどちらが得か、徹底的に比較検討してみる
戸建てを賃貸するか購入するか(地方編)
地方の戸建ての賃貸と購入のどちらが得か、徹底的に比較する
賃貸と購入を不動産投資の観点から見てみると...
賃貸と購入の比較を不動産投資の観点から見てみる
不動産投資を始めるなら
不動産投資を始めるなら、住宅ローンは組まずに賃貸で暮らしていた方が有利ではある
賃貸の家賃補助
賃貸と購入を比較するのにあたり、家賃補助がある会社に勤めているかどうかで結果が全く変わってしまう。
賃貸と購入における団体信用生命保険の問題
賃貸と購入の比較において、団体信用生命保険(いわゆる団信)を考慮に入れてる人はあまりいませんが、これは結構大きな問題です。
賃貸と購入の比較におけるライフスタイルの問題(ペット)
賃貸と購入で比較すると、賃貸で飼えるペットにはかなりの制限があるものの、購入では基本的にはどんなペットでも飼えるというメリットがあります。
賃貸と購入のグレードの比較について
賃貸マンションと購入する分譲マンションを比較すると設備のグレードに大きな差があることが多いです。
賃貸よりも購入のが不利な点
賃貸よりも購入の方が不利な点は、気に入らなかったら引っ越すという選択肢がないこと。間取りからご近所さんまで暮らしてみて気に入らないものは結構あるものです。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ