自動販売機で利回りを上げる

自動販売機を置く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 もしも自分が所有するアパートで通りに面しているところにスペースがあるなら、自動販売機を置くというのも一つの方法です。

 

 やり方としては基本的に2つあります。

 

1 自動販売機をオペレーションしている業者に連絡して空いているスペースに自動販売機を設置してもらいオペレーション(商品の補充やクレーム対応など)を全て業者に任せる。

 

2 自動販売機を購入して自分でオペレーションする。

 

 どちらもメリットデメリットがあるので説明します。

 

 1は全く手間がかかりません。補充もしなくてすみますし、クレームの対応もないです。1本売れると25円前後もらえます(業者や置く場所にもよりますし、もちろん交渉もできます)。また、良い場所(売り上げが見込める場所)であれば、数万円〜10万円程度のお金が設置時に業者からもらえることもあります。あまり良い場所でなければもらえません。

 

 基本的には電気代は自分持ちなので電気代よりも収入が少ない場合は撤退を考えることも選択肢の一つです。売り上げる本数にもよりますが、電気代の目安としては冬で3000〜4000円程度、夏で2000〜3000円程度です。なので平均して月に200本前後売れるのであれば赤字は出ないと思います。

 

 2は非常に手間がかかりますが、自販機で売る商品を自分で決めれる楽しさもあります。飲料の卸売り業者から50円で仕入れて100円で売ったり、スーパーの特売で30円で仕入れたものを120円で売ったりすることも自由で1本あたりの利益も自分で決めれます。普通は1本あたり50円前後の利益を出すようにします。

 

 私が所有している自動販売機でも1ヶ月で300本程度しか売れないところから3000本を超えるほど売り上げるところもあり、また、以前は仕入れから補充まで全て自分でやっていたのですが、手間がかかるので現在は1のように全て業者に管理してもらっています。300本程度しか売れない場所などはほとんど利益は出ませんが、入居者さんの利便性の向上、夜間アパートが明るくなり防犯性の向上及び通りからの視線をさえぎるのでプライバシーの面からも利益が出なくても置き続ける予定です。

 

 ちなみに自動販売機を置くのにどの業者に聞けば良いかわからない方もいると思いますが、直接メーカーに問い合わせてもいいでしょうし、自分の物件のそばに設置されている自動販売機に貼ってあるお問い合わせ先を見てベンディング会社に問い合わせてもいいでしょう。

 

 複数の会社の見積もりを取るのが面倒とか複数社から営業されるのが嫌とかであれば、こういうサイト

 

日本全国対応!自動販売機お問い合わせ.com

 

 を利用してもよいでしょう。自動販売機設置のコンシェルジュという考え方が面白いです(笑)

自動販売機で利回りを上げる関連ページ

太陽光発電で利回りを上げる
太陽光発電で補助金をもらいながら、月々のキャッシュフローも得ていくことができます。私の経験から利回りを計算しました。
太陽光発電で利回りを上げる番外編 太陽光電池の種類について
太陽光電池の種類について。単結晶や多結晶などの比較。単結晶は高価だが発電効率は良く、多結晶は安価だが発電効率は低い。
太陽光発電番外編 オール電化の電気使用量と支払額
一般的なオール電化住宅の毎月の電気使用量とその電気代についての説明
太陽光発電番外編 太陽光発電の売電量
季節によって太陽光発電の売電量は当然変わりますが、夏は発電量が落ちることについて
太陽光発電番外編 売電収入は公務員の副業にはあたらない
売電で収入を得ることは確かに副収入ではありますが、国家・地方公務員法上の副業にはあたりません。
自動販売機で利回りを上げる番外編
飲料販売で個人事業開業届けを税務署に提出することによって得られるメリットの説明
駐輪場で稼ぐ
アパートなどの空いた敷地を駐輪場として活用し、利回りを上げる。また、駐輪代を取ることで入居者の自転車を管理し、放置自転車をなくすことができる
駐車場で稼ぐ
アパートなどの敷地に余裕があるのならば駐車場を設置して利回りを上げる。さらに入居者の利便性の向上につながることで空室対策にもなる。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ