太陽光発電で利回りを上げる番外編 太陽光電池の種類について

太陽光電池の種類

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 さて、見積もりを取るにあたって、当たり前ですがどのメーカーのどの商品を選ぶかということは事前に選んでおかなければなりません。

 

 しかし、どの太陽光電池が良いかは、実際にネットなどでしっかり調べた人じゃないとわからないと思います。メーカーに聞いても自社の製品が一番良いと言うでしょうしね(^^ゞ

 

 ただ、それぞれの製品で、値段の高い安い、性能の高い低いが実際にあるのです。

 

 

 太陽光電池で普通の人が思い浮かべるのは屋根の上で濃い青色がキラキラと光っているパネルでしょう。これは多結晶シリコン型と言います。これが太陽光電池の主流ですね。値段も安いです。その代わり変換効率が低く発電量は低いです。シャープなどが代表的なメーカーでしょう。京セラや三菱もそうですね。吉永小百合さんが宣伝してても発電量は低いのです(泣)

 

 真っ黒な太陽光電池を思い浮かべた人もいるかもしれません。これは単結晶シリコン型です。高いです。しかし、変換効率が高いので発電量は多いです。東芝サンテックパワーと三洋電気(三洋電気が吸収されて現在はパナソニックになりました)のHITです。この現パナソニックHITは単結晶というのみでなく、アモルファスシリコン電池とのハイブリッドで、圧倒的な発電量を誇ります。夏場の高温時にも発電量の低下が他メーカーの製品に比べて全然マシです。

 

 それで、結局どれを選べばよいのということになりますが、これは、どういう投資スタイルをとるかということになってきます。

 

 補助金の額は、単結晶だろうが多結晶だろうが、はたまたハイブリッドだろうが全く差はありません。補助金は1kwあたりいくらという形で決まっており、変換効率は関係ないからです。

 

 売電を考えなければ補助金の額は変わらないので、これはもう多結晶でしょう。シャープや京セラなどが良いのではないでしょうか。しかし、毎月のキャッシュフローを考えるとHITが良いと思います。発電量が違いますので。

 

 ホームセンターなどで売っている格安の中国製とかはやめた方が良いようです。相当発電量が低いだけでなく故障などのトラブルも多いようです(実際に購入した人の話を直接聞いたわけではないので、絶対駄目とは言えませんが)。

 

 個人的にはクレジットでやるなら単結晶、それもハイブリッドのHITが良いと思います。私自身もHITですし。ただ、クレジットで購入するのではなく現金で買うので購入価格を低く抑えたいというのであれば多結晶というのもありです。安心感のある国産のシャープや京セラが良いでしょう。

太陽光発電で利回りを上げる番外編 太陽光電池の種類について関連ページ

太陽光発電で利回りを上げる
太陽光発電で補助金をもらいながら、月々のキャッシュフローも得ていくことができます。私の経験から利回りを計算しました。
太陽光発電番外編 オール電化の電気使用量と支払額
一般的なオール電化住宅の毎月の電気使用量とその電気代についての説明
太陽光発電番外編 太陽光発電の売電量
季節によって太陽光発電の売電量は当然変わりますが、夏は発電量が落ちることについて
太陽光発電番外編 売電収入は公務員の副業にはあたらない
売電で収入を得ることは確かに副収入ではありますが、国家・地方公務員法上の副業にはあたりません。
自動販売機で利回りを上げる
空いた敷地に自販機を設置することによって、不動産投資の利回りを上げていくことが可能
自動販売機で利回りを上げる番外編
飲料販売で個人事業開業届けを税務署に提出することによって得られるメリットの説明
駐輪場で稼ぐ
アパートなどの空いた敷地を駐輪場として活用し、利回りを上げる。また、駐輪代を取ることで入居者の自転車を管理し、放置自転車をなくすことができる
駐車場で稼ぐ
アパートなどの敷地に余裕があるのならば駐車場を設置して利回りを上げる。さらに入居者の利便性の向上につながることで空室対策にもなる。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ