定期借家契約

普通借家と定期借家

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 定期借家契約という契約の仕方を知っていますか。

 

 ていきしゃくやけいやくではなく、ていきしゃっかけいやくと読みます。

 

 これは従来の普通借家契約があまりにも賃借人に有利な契約であったため、それに対する反省として平成11年に創設された制度です。

 

 なぜ、普通借家契約が賃借人に有利であったかというと、元々戦後の極端な住宅難の中で、家を所有できない人でも安心して暮らしていけるようにと作った借地法、借家法をベースとした借地借家法に基づいた契約だからです。

 

 しかし、入居者からは途中解約はできるが、大家からはできない。出て行ってもらうためには立ち退き料を払わないと出て行ってもらえない。家賃の滞納があっても契約の更新を拒否できない。など弱者保護というよりは、不良入居者を保護するための法律に成り下がってきた面が否定できなくなってきたため、国もようやく重い腰を上げて「良質な賃貸住宅の供給の促進に関する特別措置法」という法律を制定したわけです。

 

 もちろん、退去のための正当事由が満たされていたり、家賃の滞納も極端であれば契約の更新を拒否することもできるのですが、定期借家契約であれば、元々2年なら2年、3年なら3年という契約なので更新自体存在しないことから、契約の終了に正当事由などは必要がありません。

 

 また、3年で契約したら、やむを得ない事情がない限り入居者の方からも途中解約もできません(まあ、これもザルなので親が病気になったとか転勤しますとか言えば途中解約できるのですが)。

 

 我々大家の立場からするととても素晴らしい契約なのですが(というか、これが本来の形の民法上の契約です)、中々普及していません。私自身定期借家で巻いている契約は現在のところ2件だけです。

 

 理由としては、不動産屋が嫌がるんですよね。定期借家契約でお願いできませんかと言うと、「当社では定期借家は扱っておりません。」とか「入居者さんが嫌がるので普通借家にしてもらえませんか。」とか言うことが多いです。私の感覚では、入居者が嫌がるというよりは不動産屋が面倒臭いと思っているのでは感じています。

 

 でも、不動産屋が嫌なものを無理してやることはないので、基本的には一般で募集する際は私は普通借家で募集しています。

定期借家契約関連ページ

家賃の前払い
月末に翌月分の家賃を払うのが普通ですよね。
入居を拒否することができるのか
大家は入居者を選んでもよいのでしょうか。
身元のチェック
入居希望者に対して、戸籍抄本や住民票などの書類を提出を強制してよいのか
保証人と連帯保証人
よく耳にする保証人と連帯保証人。その違いについての説明です。
滞納家賃にも税金はかかる
滞納された家賃でも賃貸料として計上して税金を払わなくてはいけません。
共有部分に荷物
アパートの廊下や階段などに荷物を置きっぱなしにしている入居者がよくいます。
家賃に消費税
家賃に消費税を上乗せして請求することもあります。
居住者以外の者も住み始めたら
契約の時点で居住者として申告していない人が住み始めてしまうこともよくあります。
不動産屋に行くタイミング
空室の募集をお願いしに不動産屋に行くのに適している曜日や時間帯はいつなのか。
問い合わせの多い募集条件
敷金ゼロ礼金ゼロのいわゆるゼロゼロ物件の問い合わせは非常に多い。
問い合わせの多い設備条件
やはりトイレバス別の問い合わせが一番多いのは仕方ないところでしょう。
前面道路の幅
指定容積率も前面道路幅員により低減してしまうこともあります。不動産投資の観点からすれば一概に道路の幅が狭いからダメとは言えませんが。
家賃明細をウェブで
管理会社に管理を委託すると、毎月明細を送ってきますが、それをウェブで閲覧するようにすれば便利なだけでなく、1通に付き80円を大家に還元してくれるサービス。
契約更新時の連帯保証人
契約更新時に連帯保証人の署名捺印がなくとも、最初に契約を交わした時点で連帯保証人なっていればその責任を負うことになります。
不動産屋との信頼関係
不動産投資をする上で不動産屋との付き合いは必須です。その不動産屋と信頼関係が築けなければ不動産投資はうまくいきません。
交渉してくる入居希望者
賃貸の募集をしていて、色々な交渉をしてくる入居希望者がいますが、私はそうした入居者は企保的には全て入居を断っています。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ