交渉してくる入居希望者

色々な条件を交渉してくる入居希望者は断ります

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 賃貸の募集をすると、色々な条件を交渉してくる入居希望者が居ます。そうした入居者は私は基本的には入居を断ることにしています。

 

 不動産屋から「内見したお客さんからお家賃を5000円下げてくれたらという相談が...」、「先日、入居申し込みをファックスしたお客さんなんですが、やっぱり一か月フリーレントにしてもらえませんかって仰ってるんですけど...」等々のことを言われることはあるのですが、全て入居自体を断ります。

 

 

 なぜかと言うとですね、こちらが提示した条件が嫌なら他のアパートにすれば良いだけなのに、条件を変えようとしてくるお客さんは、後々クレームを付けてくることが多いんです。

 

 コンビニとかスーパーでサンマが3匹300円で売っているとしますよね。それを200円にしてくれとか、4匹つけてくれとかって言うお客さんってどういうお客さんかは想像つきますよね。

 

 それでもまだスーパーなら良いんですよ。売ったらそれきりですから。でも、賃貸経営の場合、その後何年も付き合わないといけないわけです。その内に始まるんですよ、「エアコンの効きが悪いからもっと性能の良いエアコンに代えてくれ」「電気代がかかるから照明はLEDに代えて欲しい」「雑草の伸びが早いから週に一回は草むしりを...」とか。

 

 

 そうしたクレームを付けてくる可能性が高いんですよ。条件を交渉してくる入居希望者は。別に、良いんですよ家賃を少し下げるぐらい、本当は。それで早く入居してもらえるなら。

 

 でも、それじゃ終わらないんです。だから疲れちゃうんですよ。だったらそうした入居者さんは初めから断った方がいい。私も初めはとにかく空室を埋めたい一心でそうした入居者さんを受け入れてたんですが、一般の入居者さんとのクレームの発生率の差に気が付いてからは断ることにしました。

 

 もちろん例外はあって、同じ条件の交渉でも例えばペットに関することなんかは話し合いは出来ますよね。小動物可で募集してたところ、ほとんど鳴かない大人しい猫なんですがどうでしょうかとかという相談であれば、原状回復代を先に家賃の2か月分頂くなら良いですよとか話し合えるじゃないですか。不動産屋の営業だってこの大家さんの言う小動物に大人しい猫が入るかどうかは大家さんに聞いてみようかなと思ったりしますよね。

 

 あとは、入居希望者から言われるんじゃなくて、不動産屋からの話なら聞きますね。この時期の空室ですから少し家賃を下げて募集しましょうかと言われれば、そうですね少し下げましょうとなります。

 

 要は家賃の月何千円が惜しいんじゃなくて、そういう交渉をしてくる入居希望者は遠慮しておくということです。

交渉してくる入居希望者関連ページ

家賃の前払い
月末に翌月分の家賃を払うのが普通ですよね。
入居を拒否することができるのか
大家は入居者を選んでもよいのでしょうか。
身元のチェック
入居希望者に対して、戸籍抄本や住民票などの書類を提出を強制してよいのか
保証人と連帯保証人
よく耳にする保証人と連帯保証人。その違いについての説明です。
滞納家賃にも税金はかかる
滞納された家賃でも賃貸料として計上して税金を払わなくてはいけません。
定期借家契約
従来の普通借家契約ではない定期借家契約について
共有部分に荷物
アパートの廊下や階段などに荷物を置きっぱなしにしている入居者がよくいます。
家賃に消費税
家賃に消費税を上乗せして請求することもあります。
居住者以外の者も住み始めたら
契約の時点で居住者として申告していない人が住み始めてしまうこともよくあります。
不動産屋に行くタイミング
空室の募集をお願いしに不動産屋に行くのに適している曜日や時間帯はいつなのか。
問い合わせの多い募集条件
敷金ゼロ礼金ゼロのいわゆるゼロゼロ物件の問い合わせは非常に多い。
問い合わせの多い設備条件
やはりトイレバス別の問い合わせが一番多いのは仕方ないところでしょう。
前面道路の幅
指定容積率も前面道路幅員により低減してしまうこともあります。不動産投資の観点からすれば一概に道路の幅が狭いからダメとは言えませんが。
家賃明細をウェブで
管理会社に管理を委託すると、毎月明細を送ってきますが、それをウェブで閲覧するようにすれば便利なだけでなく、1通に付き80円を大家に還元してくれるサービス。
契約更新時の連帯保証人
契約更新時に連帯保証人の署名捺印がなくとも、最初に契約を交わした時点で連帯保証人なっていればその責任を負うことになります。
不動産屋との信頼関係
不動産投資をする上で不動産屋との付き合いは必須です。その不動産屋と信頼関係が築けなければ不動産投資はうまくいきません。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ