家賃の前払い

民法上の規定とは違う?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 家賃は通常翌月分の家賃を当月末に支払いますよね。いわゆる前払いです。しかし、民法上の規定では建物や宅地に関しては毎月末に支払わなければならないと規定されています。これは貸主に不利な契約を結ばせているので無効では?と思うかも知れません。

 

 しかし、賃料(家賃)の支払い時期について定めている民法614条は契約の当事者間で修正することのできる任意規定ですので、大家と入居者で同意すれば支払う時期について前払いにすることは全く問題がありません。

 

 部屋の賃貸借契約において、「部屋を貸す債務」と「家賃を支払う債務」のどちらが不履行になりやすいかを考えればわかると思うのですが、大家が入居者を契約の途中で無理やりに退去させて部屋を貸す義務を履行しない可能性はほとんどありませんが、入居者が家賃の支払いを遅らせたり、支払わなかったり、夜逃げしたりする可能性の方が圧倒的に高いわけです。

 

 そうである以上、契約の履行を担保する上で、家賃の前払いという契約上の取り決めは非常に合理的であり、公序良俗に反しているとは言えないので、家賃の前払いという契約は有効です。

家賃の前払い関連ページ

入居を拒否することができるのか
大家は入居者を選んでもよいのでしょうか。
身元のチェック
入居希望者に対して、戸籍抄本や住民票などの書類を提出を強制してよいのか
保証人と連帯保証人
よく耳にする保証人と連帯保証人。その違いについての説明です。
滞納家賃にも税金はかかる
滞納された家賃でも賃貸料として計上して税金を払わなくてはいけません。
定期借家契約
従来の普通借家契約ではない定期借家契約について
共有部分に荷物
アパートの廊下や階段などに荷物を置きっぱなしにしている入居者がよくいます。
家賃に消費税
家賃に消費税を上乗せして請求することもあります。
居住者以外の者も住み始めたら
契約の時点で居住者として申告していない人が住み始めてしまうこともよくあります。
不動産屋に行くタイミング
空室の募集をお願いしに不動産屋に行くのに適している曜日や時間帯はいつなのか。
問い合わせの多い募集条件
敷金ゼロ礼金ゼロのいわゆるゼロゼロ物件の問い合わせは非常に多い。
問い合わせの多い設備条件
やはりトイレバス別の問い合わせが一番多いのは仕方ないところでしょう。
前面道路の幅
指定容積率も前面道路幅員により低減してしまうこともあります。不動産投資の観点からすれば一概に道路の幅が狭いからダメとは言えませんが。
家賃明細をウェブで
管理会社に管理を委託すると、毎月明細を送ってきますが、それをウェブで閲覧するようにすれば便利なだけでなく、1通に付き80円を大家に還元してくれるサービス。
契約更新時の連帯保証人
契約更新時に連帯保証人の署名捺印がなくとも、最初に契約を交わした時点で連帯保証人なっていればその責任を負うことになります。
不動産屋との信頼関係
不動産投資をする上で不動産屋との付き合いは必須です。その不動産屋と信頼関係が築けなければ不動産投資はうまくいきません。
交渉してくる入居希望者
賃貸の募集をしていて、色々な交渉をしてくる入居希望者がいますが、私はそうした入居者は企保的には全て入居を断っています。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ