ワンルームマンションの資産価値

新築ワンルームマンションは35年後にはいくらになってる?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ここまでは、キャッシュフローがマイナスになるから一般的な新築ワンルームマンション投資はやめた方がよいと説明してきました。確実に失敗する不動産投資ですからね。

 

 要は毎月赤字になることがわかっているんだからそんなことはしない方が良いということですね。

 

 しかし、「毎月赤字だとしても2万円3万円のレベル。普通は毎月10万円以上払わないといけないわけだからね。元々老後の年金用に買ってるのだから、月々数万円でマンション買えるのなら安いものでは?」という考えも出てくるわけです。

 

 でも、よく考えてみてください。仮に赤字の額が月3万円だとすると、年36万円、35年間で1260万円ですよ。築35年の古いワンルームマンションがどれだけの資産価値があると思いますか?いくら都内だとしても多分数百万円の世界ですよね。なぜ数百万円の価値しかない古いワンルームマンションを買うのに1260万も払わなければならないのでしょう。

 

 どうしても35年後に築35年の中古のワンルームマンションが欲しいのなら、35年後まで月々3万円貯金して35年後に築古ワンルームマンションを買えば良いと思います。1260万もあったら築古ワンルームマンションなら2つか3つ買えてしまいます(笑)

 

 35年後に数百万円の価値しかない築古のワンルームマンションを買うのに35年間に渡り月々数万円、計1千万以上払うなんてバカげてます。

 

 これに加えてさらに空室リスクがあるんですよ(もしも家賃保証を止めてしまっていたら)。35年間でいったいいくらの損になるんですか。

 

 仮に家賃保証を続けていたとしたら、家賃はどんどん下がり毎月のマイナス幅は3万円では済まないでしょう。35年間での赤字がいくらになるのか想像するだけで恐ろしいです。

 

 こんな失敗するのが目に見えている新築ワンルームマンション投資のような不動産投資は手を出さないのが正解です。

ワンルームマンションの資産価値関連ページ

ワンルームマンション投資の金利
ワンルームマンション投資の金利が35年間1パーセントなんてことはありえません。
ワンルームマンション投資の固定資産税
新築ワンルームマンション投資の広告のシュミレーションには固定資産税は入ってないことが多いです。
ワンルームマンション投資における積立金と管理費
ワンルームマンションの積立金と管理費を高くするとマンション販売会社は売りづらい。そのため販売の段階では積立金と管理費は安く設定することが多いことを理解しないと失敗します。
ワンルームマンション投資の家賃保証
ワンルームマンション投資で35年間家賃保証してるから安心って本当ですか?
ワンルームマンション投資の家賃保証2
ワンルームマンション投資で、35年間保証といっても、最初の家賃がずっと続くわけではないことを理解していないといけません。
ワンルームマンション投資で節税
ワンルームマンション投資で節税はできるのかも知れないけど、そのために毎月赤字ですか?
ワンルームマンション投資の利回り
ワンルームマンション投資でも、利回りが良い(つまり物件価格が充分に安い)ならやってもいいですよ。
ワンルームマンション以外のマンション投資
ワンルームマンション投資が不動産投資として如何に不利なものかを説明してきましたが、次はワンルーム以外のマンション投資について説明します。
中古のマンション投資
新築マンション投資は回らないことは説明してきましたが、中古のマンション投資では合格ラインに達するものもあり、実際私もいくつも中古マンションを保有しています。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ