ワンルームマンション投資の家賃保証

ワンルームマンション投資の家賃保証のシステムとは

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 35年間家賃保証をするので、ワンルームマンション投資で空室が出ても安心って本当ですか?そもそも現在築35年を迎えるワンルームマンションを作ったデベロッパーの何割が今会社として残っているのでしょう。1割ですか?2割ですか?ワンルームマンションの販売会社ならなおさら残っている確率は少ないでしょう。

 

 35年間は本当に長い時間です。会社の平均寿命がすでに7年(日経ビジネス参照)とまで言われてる現在、ワンルームマンション投資の35年の保証に意味があるかどうか疑問を持ってしかるべきです。しかし、35年の家賃保証の本当の怖さはそこではありません。ワンルームマンションのマンションの販売会社が仮に35年後も存在しているとしましょう。

 

 普通の人が35年間家賃保証と聞けば、35年間空室が出ようと出まいとずっと最初の1年目からずっと変わらぬ家賃を35年後まで払ってくれる、そう思うのではないでしょうか。

 

 しかし、私が知る限り現在のところ35年間に渡りそのような保証をしている会社は存在していません。

 

 これ別にワンルームマンションの家賃保証だけでなく、アパートでもなんでも家賃保証(いわゆるサブリース)の契約はなんでもそうなんですけどね。そしてこの家賃保証の契約は本当にヒドイんですよ。裁判やっても大家は負けますし(判例あり)。この家賃保証にみんな騙されちゃうんですよね。

 

 月々の支払いを上回る額の家賃を35年の間、空室が出ようが出まいがずっと保証してくれるならどうやったって負けない不動産投資が保証されているようなもんじゃないですか。だからそんな美味しい話はないんですよ。

 

 次のページ「家賃保証2」で家賃保証の仕組みについて詳しく説明していきましょう。

 

 この家賃保証の仕組みを勘違いしてワンルームマンション投資に失敗する人は多いです。

ワンルームマンション投資の家賃保証関連ページ

ワンルームマンション投資の金利
ワンルームマンション投資の金利が35年間1パーセントなんてことはありえません。
ワンルームマンション投資の固定資産税
新築ワンルームマンション投資の広告のシュミレーションには固定資産税は入ってないことが多いです。
ワンルームマンション投資における積立金と管理費
ワンルームマンションの積立金と管理費を高くするとマンション販売会社は売りづらい。そのため販売の段階では積立金と管理費は安く設定することが多いことを理解しないと失敗します。
ワンルームマンション投資の家賃保証2
ワンルームマンション投資で、35年間保証といっても、最初の家賃がずっと続くわけではないことを理解していないといけません。
ワンルームマンションの資産価値
築35年も経ったワンルームマンションの価値などたかが知れている。
ワンルームマンション投資で節税
ワンルームマンション投資で節税はできるのかも知れないけど、そのために毎月赤字ですか?
ワンルームマンション投資の利回り
ワンルームマンション投資でも、利回りが良い(つまり物件価格が充分に安い)ならやってもいいですよ。
ワンルームマンション以外のマンション投資
ワンルームマンション投資が不動産投資として如何に不利なものかを説明してきましたが、次はワンルーム以外のマンション投資について説明します。
中古のマンション投資
新築マンション投資は回らないことは説明してきましたが、中古のマンション投資では合格ラインに達するものもあり、実際私もいくつも中古マンションを保有しています。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ