区分所有のマンション居住編(デメリット)

マンションだって良いことばかりではありません

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 マンション居住編(メリット)で、マンションのメリットを説明しましたが、今回はデメリットです。

 

 大きな問題として、毎月のキャッシュフローの問題があります。例えばマンション購入時に3000万の35年払いのローンを組んだとしましょう。金利にもよりますが大体月に10万円前後の支払いとなります(ボーナス払いなしで)。しかし、マンションの場合は積立金と管理費で通常3万円前後はかかると思っていいでしょう。駐車場も1万円程度かかります(駐車場については購入時には1000円とか2000円で借りれるところも多いですが、大抵数年後に管理規約を変更して相場ぐらいの値段に上がることが多いです)。

 

 そうなるとローン以外に月に4万円程度かかり(もちろん車を所有しないという選択肢もあるのですが)、月々の支払いは14万円となります。不動産屋の営業さんがよく言う「今の家賃と比べて下さい。同じか安いぐらいなのでは?」という売り文句は意味をなさなくなりますね。

 

 月々にかかるお金の4万円。これに12ヶ月×35年をかけるとローン以外に1680万円も余計にかかります。戸建てでは10年に1回200万のリフォームをしたとしても600万円ですね。

 

 また、固定資産税も戸建てと比べるとマンションは減価償却の期間が倍もあるため、単純に考えてもトータルで4倍(建物の固定資産税)も払わないといけないことになります。

 

 毎月のキャッシュフローというと、ローンの支払額しか目に入らないことが多いですが、この管理費や積立金、駐車場に固定資産税まで考えるとマンションの支払いは結構きついですね。

 

 次に資産価値の問題がありますね。マンションの資産価値というのは基本的に建物です。しかし、35年経ち、ローンが終わった時にマンションにどれだけの価値が残っているでしょうか。都内の一等地ではなく多摩地区で築35年のマンションはいくらぐらいでしょうか?吉祥寺などを除けば1千万もしません。例えば500万とか700万とか。戸建ての場合とは大違いですね。

 

 お金の話以外では、最近のライフスタイルの変化によるデメリットもあります。ライフスタイルのアメリカ化が進み、夫婦共働きも多くなり、毎日買い物に行き食べる分だけ買うというスタイルではなく、家に大きな冷蔵庫を持ち週末に車で駐車場付きの大きなスーパーに行き、一週間分の食料を買うということが多くなっています。飲料水も水道の水を飲むという人は徐々に少なくなってきており、ミネラルウォーターを買ってきて飲むという人が非常に多いです。

 

 一週間分の水や牛乳、食料品はとても重く、車でないととてもじゃなければ運びきれません。戸建てであれば家の駐車場に停めて荷物を自宅に運ぶことができますが、マンションの場合自宅の玄関からかなり遠い(マンションの敷地内であっても)駐車場から手で重い荷物を持ち、エレベータに乗り、エレベーターから玄関まで歩くという行為を何度も繰り返さないといけません。これは結構つらいです。

 

 さらに小さな子供がいたり、楽器を弾くという家庭は生活音問題に巻き込まれることも多いです。自分の家庭に子供がいなかったり、楽器を弾かなかったりしても上の階や横の部屋に子供がいたりするとやはり生活音問題に巻き込まれます。これは非常にストレスですね。

 

 また、ペットを買いたいという人にはマンションは不向きであることは言わずもがなです。

区分所有のマンション居住編(デメリット)関連ページ

区分所有のマンション居住編(メリット)
区分所有のマンションに居住するということの有利な点の説明
戸建て居住編(メリット)
戸建てに住むことのメリットについての説明。やはり土地があるのは強い。
戸建て居住編(デメリット)
戸建てに住むということがメリットのみではないということの説明
区分所有のマンション投資編(メリット・デメリット)
区分所有のマンションに投資するということのメリット・デメリットについての説明。
戸建て(アパート)投資編(メリット・デメリット)
戸建てやアパートに投資することのメリット・デメリットの説明です。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ