戸建て居住編(メリット)

戸建てに住むメリットとは

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 戸建てのメリットとして、当然ですがマンションと違い管理費・積立金などの月々の支払いがないことです。駐車場がある家は駐車場代すらかかりません。つまりローン以外に月々支払わないといけないものはないということになります(もちろん固定資産税は年に一度かかります)。

 

 マンションの購入価格が3000万、戸建ての購入価格が4000万だとすると、月々のローンがそれぞれ約10万円13万円となりますが、管理費・積立金と駐車場代まで考えるとマンションを購入した方が毎月の支払いが多くなる、もしくは戸建てと同じくらいは払わないといけないことになります。

 

 購入価格だけに目が行ってしまいがちですが、戸建てとマンションでは購入価格がマンションのが安いにもかかわらず購入後の月々の支払いは、逆転してしまうことも多いでしょう。

 

 次に資産価値です。戸建ての場合、購入価格の三分の二は土地の値段ですから(東京の場合)、経年による資産価値の減少が緩やかです。昨今の状況からすると土地の価格の上昇は期待できないものの、これ以上劇的に土地の価格が下がることは予想しづらいので、4000万で買った戸建てを35年後に売るとしても2000万以上で売れることが期待できます。そう仮定すると35年間でかかったコストは2000万以下、月々に直すと4万数千円が戸建てに住んだ時の月々のコストです。

 

 マンションと比較すると、仮に3000万で買ったマンションが35年後に700万で売れたとして、35年間にかかったコストは2300万+(月々の管理費・積立金3万+駐車場代1万)×12ヶ月×35年=3980万となり、月々に直すと9万4千円となり、戸建てに住むコストは半分です。

 

 さらに固定資産税も土地部分の軽減処置が大きいこと、建物部分が木造のため減価償却が短いことにより、マンションに比べると安くなります。

 

 お金以外の部分では、ペットを飼うことも全くの自由です。大型犬でも猫でもなんでもこいです。小さな子供が大暴れしても平気ですし、ピアノの練習もバイオリンの練習でも自由にすることができます。マージャンも夜遅くまで友達と飲んで大騒ぎなんてことも全く可能です。

 

 また、駐車場が敷地内にあれば、玄関前まで車を停めることができ、大きな荷物を家に運び入れたり、水や牛乳など重いものをたくさん買ったりしても家の中に運び入れるのに苦労はありません。

 

 このように一戸建てに住むメリットはとても多いと言えるでしょう。

戸建て居住編(メリット)関連ページ

区分所有のマンション居住編(メリット)
区分所有のマンションに居住するということの有利な点の説明
区分所有のマンション居住編(デメリット)
区分所有のマンションに住む上でのでデメリットの説明。
戸建て居住編(デメリット)
戸建てに住むということがメリットのみではないということの説明
区分所有のマンション投資編(メリット・デメリット)
区分所有のマンションに投資するということのメリット・デメリットについての説明。
戸建て(アパート)投資編(メリット・デメリット)
戸建てやアパートに投資することのメリット・デメリットの説明です。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ