不動産投資でキャッシュフローはもちろん大前提なのですが

キャッシュフローと純資産

 私たちのしている不動産投資の目的は値上がり益ではなく家賃収入であり、それはとりもなおさずキャッシュフローを目的に投資していることになります。

 

 近年はこれが重視され、不動産投資はとにもかくにも利回り命で、イールドギャップが大きく、キャッシュフローが大きく取れるものでなければ、不動産投資をやる意味がないと多くの人が考えています。

 

家賃収入

 

 これはもちろんその通りで、キャッシュフローが出ない物件を買ってはいけないのは当然です。それを前提としたうえで今回ちょっと違う見方で話をしていきたいと思います。

 

 家賃からローンを払い、さらに空室率やリフォームなどのメンテナンス代、税金等を計算すると僅かなキャッシュフローしか出ない物件というのは確かにあります。特にフルローンで組んだ物件や返済期間が短い物件などはキャッシュフローがあまり良くないことが多いです。

 

 例えば、ローンの支払いから空室、リフォーム代なども全部含んで毎年ほんの僅かしか手残りがなかったとしましょう。いや、マイナスにはならなくてもプラスのキャッシュフローが出ない状態だとします。

 

 そうした不動産投資はやる意味なんてないんですかという話です。キャッシュフローのみを考えるのならばこんなのやる意味なんてないですよね。やっても1円も儲からないわけで、ロバートキヨサキの定義からすれば、お金をポケットに入れてくれるものが資産であって、プラスのキャッシュフローを生まないこの投資は資産を買ったことにはならず、資産のみを買い続けることが成功の秘訣である以上、これはやる価値がないということになります。

 

 ところで不動産投資の目的ってなんでしょうか。資産を積み上げてキャッシュフローを増やしていくことですよね。

 

 さて、会計の貸借対照表の話をします。簡単に説明するので数字は俺嫌いなんだよねと嫌がらないで下さいね。

 

 例えば1000万円の土地を駐車場用にフルローンで購入したとします(数字を簡単にするために諸費用とかは無視して下さい)。その土地は貸借対照表の資産の部の固定資産のところに記載されます。

 

貸借対照表

 

 しかし、それと同時に貸借対照表の右側にある負債の部の固定負債に1000万円の借入が記載されます。そしてその下の純資産はゼロですね。これで貸借対照表の左と右のがバランスが取れています(この土地は時価でも1000万円で売れると仮定します)。

 

 支出と収入がバランスしてしまってプラスのキャッシュフローが出ないこの物件ですが、毎月ローンの支払いはされているため、負債の部の固定負債は毎月減っていきますが、資産の部の固定資産に載っているこの物件は土地なので減価償却せず1000万円のままです。

 

 こうなると左の資産の部が減らないのに右上の負債の部が減っていってしまい、左と右がバランスしないことになってしまいます。

 

 貸借対照表を見たことがある人ならわかりますよね。右下には純資産の部があるのです。

 

 負債の部が減った分だけ純資産は増えていくのです。左の資産の部が変わらない以上、右上の負債が減れば同じ額だけ右下の純資産が増えるのです。

 

 この物件を買った場合、プラスのキャッシュフローは出ないのですが、毎月毎月負債が減って純資産が増えていくのです。

 

 最高の貸借対照表は、負債がなくて資産の額=純資産の額であって、さらにこの貸借対照表が大きければ大きいほど良いわけです。

 

 つまり、この物件を購入することによって、まず貸借対照表の右も左もドカンと(1000万円分)大きくなり、そこから徐々に徐々に負債が小さくなりながら純資産が大きくなっていき、最終的にローンが終わると資産と純資産がバランスする最高のバランスシート(貸借対照表)となるわけです。

 

 それほどキャッシュフローを生まない物件でも、資産価値の大きいもの(都内や地方でも一等地の物件)であれば、やる価値のある不動産投資ということもあり得るのです。

 

 しつこいですが、キャッシュフローは基本なんですよ。だからキャッシュフローを生まない物件ばかり買っては話になりませんが、キャッシュフローをたくさん生まなくても資産価値が高かったり、フルローンの物件だったり、ローンの返済期間が短い物件だったりすれば、複数の物件の中にはそうした物件があっても良いのです。

 

 不動産投資をやる以上、利回りやキャッシュフローに拘るのも重要ですが、あまりこだわり過ぎるとチャンスを逃してしまったり、ポートフォリオのバランスが悪くなってしまうこともあるということです。


不動産投資でキャッシュフローはもちろん大前提なのですが関連ページ

ルームシェア(シェアハウス)について
最近流行っているルームシェア(シェアハウス)の様々な問題点についての説明
一括借り上げのシステムとは
大手ハウスメーカーなどがやっている一括借り上げのシステムについての説明
団体信用生命保険
住宅ローンを組む際に強制的に入らされる団体信用生命保険についての説明。この保険により、今まで入っていた保険の見直しをした方が良くなります。
収益還元法
聞きなれないが不動産投資をやる上でしっかりと理解していなければならない収益還元法についての説明
不動産投資の利回りの目安
収益物件に関してのおおよその利回りの目安の考察
表面利回りと実質利回り
利回りにも表面利回りと実質利回りがあり、区分所有のマンションなどは表面利回りと実質利回りとの間に大きな乖離がある場合があるので注意が必要です。
複利を生かして資産を築き上げる
複利が強いとは聞いたことがあるでしょうが、実際にそれを不動産に応用した時にどれほど有利かということについての説明
複利を生かして資産を築き上げる2
不動産投資において、複利で資産を築き上げることの容易さと将来的な資産形成の有利さの説明
ネットで募集するリスク
最近流行っている、ネットで入居者を募集することのリスクについての説明
雑草
抜いても抜いても生えてくる雑草。自宅なら気になった際にすぐに抜くこともできますが、アパートの雑草の対応は非常に大変です。
生活保護の入居者
生活保護を受給している入居希望者との契約は一般の入居希望者と比べても不利とは言えない
生活保護の入居者2
生活保護を受給している入居者にリスクはあるものの、それは許容範囲内であるという考え方
生活保護の入居者(続編)
生活保護受給者に絶対滞納をさせない方法について
フリーレント
空室の期間が長くなった時にフリーレントで募集してもあまり効果はないと体感しています
5年ルールと1.25倍ルール
金利が変動しても5年間は返済額が変わらず、5年後以降も1.25倍までしか支払額が増えない仕組み。
ペットについて
アパートの入居者に無断でペットを飼われてしまうということはよくあることです。
いっそペット可という手も
空室が埋まらないならペット可にして募集するという手もある。
地震保険
東京で地震保険に入っても意味がない可能性があります。首都直下型地震起きたら、保険会社は保険金を支払いきれないでしょう。
内見から決済までの流れ
実際に不動産を購入するまでの流れについて説明します。サラリーマンは中々平日仕事が休めませんが、どうしても平日昼間にやらなくてはいけないこともあります。
不動産投資の観点から見たルームシェアの現在
ルームシェアは個人の不動産投資家から業者の時代となりました。今から不動産投資としてルームシェアを考えるのはやめた方が良いでしょう。
不動産投資と空室
不動産投資をしていて一番の問題は空室です。全国的に人口が減る中で今よりもさらに空室率が高くなることが予想され、これから不動産投資を始めるのをためらう人もいると思いますが、不動産投資はやめた方が良いとは私は思いません。
団体信用生命保険とアパートローン
アパートローンを組む際に入る団体信用生命保険で、知人が緑内障を理由に加入を断られました。団体信用生命保険について考えてみたいと思います。
相続と不動産投資
相続対策の王道は不動産投資と言っても過言ではないでしょう。では、なぜ不動産投資は相続税の圧縮に対して有効なのかと言えば、実勢価格と評価額の差、それに金融機関からの借入金は100%の評価であることを利用しているからです。
不動産投資に一か八かはない
株式投資などと違い、インカムゲイン目的の不動産投資には一か八かというものはありません。完全に計画通りにいくかどうかは別として、ある程度の収支の計画は立ち、そこから大きく外れることは少ないです。
不動産投資のためにお金を貯めよう
不動産投資は自己資金がゼロでも行うことが可能なこともありますが、お金があった方が取引が有利になったり、そもそも自己資金がなければ購入できないものの方が圧倒的に多いのです。これから不動産投資を始めようと思っている人はとにかくお金を貯めましょう。
インカムゲイン目的の不動産投資は持ち続けることが重要
インカムゲイン目的の不動産投資のリスクは持ち続けることできれば減少していくものです。家賃が購入価格をどんどん補填していき、最終的にはリスクゼロ(購入価格分の金額を家賃収入で得てしまう)まで到達します。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ