クレイジーの定義 ロバートアレン

不動産投資はクレイジーから脱するための最良の手段

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

  世界的な不動産投資家であるロバートアレン格言でこういう言葉があります。

 

私が考えるクレイジーの定義とは、わずかなお金を得るために嫌いな仕事を50年も続けたあげく、貧乏なまま死ぬこと

 

 確かに頷かされる言葉ですね。サラリーマンだった頃を思い出します。毎日毎日朝から晩まで仕事をして、上司や先輩に怒られ休みの日はもうぐったりだった生活。このままこの生活を続けていたら死ぬまでお金を稼ぐために自分がやりたくない仕事を続けなくちゃいけないんだろうなあと考えていた時の絶望感。一生懸命働いたって普通のサラリーマンが金持ちになることなんてないわけで、この生活からは抜け出せないんだろうなと。

 

 私は不動産投資でサラリーマン生活から引退することができたわけですが、あの時あの一歩を踏み出さなかったら今はどうなっていたんだろうと考えることもあります。

 

 なぜ、嫌だ嫌だと言いながらも労働以外のことでお金を稼ごうとしないのか私は理解できます。私だって不動産投資などを始める前は、ロバートアレンがクレイジーだと言う、「わずかなお金のために嫌いな仕事を続ける」ということをしていたのですから。

 

 このサイトに辿り着いた人たちは、そんなサラリーマン生活から脱したいと思っている方が多いと思います。なんと言ってもサラリーマンのための不動産投資サイトですからね。

 

 私自身は、死ぬまで嫌な仕事をするという状態から脱出するために最適だと思って不動産投資を選びましたが、実際は人によって好みも才能も違うわけですから、他の方法だって良いのです。とにかく初めの一歩を踏み出すことが大事だと私は思います。

 

 先ずは自分の人生設計をしてみると良いと思います。5年後にどういう自分になりたいのか。10年後はどういう状態でいたいのか。今の生活を続けている限り会社に縛られない自由な生活は手に入りません。お金に困ったり、嫌な仕事を続けたりしたくなければ、行動を起こさなければいけないのです。

 

 不動産投資でもなんでも良いのです。先ずは勉強してみませんか。それがクレイジーな状態から脱する初めの一歩なのです。

 

クレイジーの定義 ロバートアレン関連ページ

資産はあなたのポケットにお金を入れ、負債はあなたのポケットからお金を奪っていく  ロバートキヨサキ
ロバートキヨサキの名言。資産と負債の完全な定義。不動産投資はこれを理解しないと失敗します。
不動産投資は「安く買って、安く貸す」 藤山勇司
不動産投資は、物件を安く買って安く貸すことが鉄則です。不動産投資家の藤山勇司さんの名言です。
賃貸と売買の違い 大村浩次
賃貸と売買の仲介では収益の安定感が違います。これは仲介だけでなく不動産投資の世界でも同じです。アパマンショップ社長の大村浩次社長の名言です。
不動産の売却益はたかが知れている 藤山勇司
不動産投資家の藤山勇司さんの不動産の売却益はたかが知れているという言葉には、私は全く同意します。持ち続けてインカムゲインを得るのが王道です。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ