不動産の売却益はたかが知れている 藤山勇司

やはりインカムゲインである

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 著名な不動産投資家の藤山勇司さんの名言です

 

不動産を売却して得られる利益は、じつはたかが知れています。たとえ、安値で購入した不動産を値上がり後販売したとしても、売却するのは非常に不利なのです。

 

 この不動産の売却益なんてたかが知れているという言葉はとても重いと思います。

 

 普通は、不動産の売却益(キャピタルゲイン)は短期間で大きな利益というイメージで、インカムゲインはコツコツと小さな利益というイメージで語られることが多いのですが、不動産の売却益なんてたかが知れていると喝破しているのが凄いですね。

 

納得してうなずいている人

 

 このサイトでも口を酸っぱくして私も言っているように、キャピタルゲイン目的の不動産投資ではなく、インカムゲイン目的の不動産投資でなくては継続的に利益を得るのは難しいんですよ。それだけでなく、結局大きな利益を得るのは売却益ではなくインカムゲインなのです。

 

 5000万円の物件を1億円で売って5000万円の利益を出すのは(譲渡所得税を考えなくても)至難の業ですが、インカムゲインならば10年持っていれば5000万円の利益を得ることはそれほど難しい話じゃないです。

 

 税金も、譲渡所得税は分離課税で経費もほとんど使えませんが、インカムゲインならば10年かけて毎年500万ずつですし、減価償却などの経費も使えて税金面でもかなり有利です。

 

 しかもです。物件を売却してしまったらそれで終わりですが、インカムゲインは理論上は半永久的に貰い続けることが可能(例えば駐車場なんかは本当に半永久的かも知れませんが、アパートなどはいつかは老朽化してダメになります。しかし、土地は残りますし、きちんとした建物をしっかりとメンテナンスしていれば自分の寿命が尽きるまでは使い続けることは可能なので、半永久的と言っても良いと思います)です。

 

 不動産投資の王道はインカムゲインです。今は物件価格が高いので私なんかもつい手持ちの物件を売ってしまいたいという欲求にかられることはありますが、基本的には売らないつもりです。もちろん、これから人口が減っていきそうな場所の物件だったり、客付けが難しいとか問題のある物件の場合は、今は売却のチャンスです。でも、本当に売却する方が有利なのかどうかを慎重に考えることは重要です。

 

不動産の売却益はたかが知れている 藤山勇司関連ページ

資産はあなたのポケットにお金を入れ、負債はあなたのポケットからお金を奪っていく  ロバートキヨサキ
ロバートキヨサキの名言。資産と負債の完全な定義。不動産投資はこれを理解しないと失敗します。
クレイジーの定義 ロバートアレン
不動産投資家のロバートアレンが語るクレイジーの定義。頷かされます。
不動産投資は「安く買って、安く貸す」 藤山勇司
不動産投資は、物件を安く買って安く貸すことが鉄則です。不動産投資家の藤山勇司さんの名言です。
賃貸と売買の違い 大村浩次
賃貸と売買の仲介では収益の安定感が違います。これは仲介だけでなく不動産投資の世界でも同じです。アパマンショップ社長の大村浩次社長の名言です。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ