部屋ごとの家賃設定

ワンルームなら家賃が違っても大丈夫

 同じアパートやマンションで、部屋ごとに家賃が全て同じということはほとんどありません。間取りや広さが違えば当然家賃は変わりますし、同じ広さでも角部屋かどうかで変わっても不自然ではなく、階が変わっても家賃が変わるのは普通でしょう。

 

 しかし、同じ階の隣同士で条件が全く変わらない部屋で家賃が違うということはよくあることです。

 

家賃について疑問を持つ入居者

 

 空室になった時期によって、それが繁忙期に入居してもらったのかそれとも閑散期に入居してもらったのかで家賃は変わりますから。

 

 あとは、10年以上前に入居してもらった人なんかは最近の募集の家賃とは相当に違っているということも多いです。

 

 しかし、入居者からしてみれば、同じ階の同じ間取りでどうして俺の家賃の方が1万円も高いんだと不満に思うのは当たり前ですよね。まあ、ワンルームの同じ部屋で1万円も変わるのは本当に昔から住んでる部屋と最近入居した部屋とかぐらいでしょうが。

 

 でもですね、これあまり気にしなくて良いんですよ。なぜかと言えば、ワンルームの入居者は普通単身者が多いです。同じアパートやマンションの単身者同士で仲良くなることはあまりないですよね。挨拶ぐらいはしても一緒に飲みに行くほど仲が良くなるというのは非常に稀ですし、ましてやお互いの家賃を聞きあうなんてことはまずないと言っても良いでしょう。

 

 さらに、同じアパートで空室が出たからといって、不動産屋に行って家賃をいくらで募集しているかを確認しに行く入居者はまずいないでしょうから、募集する際も特に気にしたことはないですね。

 

 私の場合はファミリータイプのものは、区分所有のマンションや戸建てしか所有しておらず、一棟ものはワンルームタイプなのでこうした家賃の違いについて一切気にしたことはありません。

 

 ファミリータイプの場合、やはり家族で住むことが多く、ご近所づきあいも当然あり、そんな中で相当に仲良くなることも考えられます。そう、家賃をお互い聞きあうほどに仲良くなることがあってもおかしくありません。

 

家賃について話をする入居者たち

 

 なので、家賃の交渉をされることもあるかも知れませんね。私自身はアパートの住人から家賃の減額をお願いされたことはありませんが(入居前に家賃の価格交渉をされることはありますが)、ファミリータイプのアパートやマンションを購入した場合、そこらへんは覚悟しておかないといけないでしょう。

 

 募集の時期や設備などを全部の部屋を同じに揃えるのは難しいですから、あまり気にせず家賃はその時々によって柔軟に設定し、そこから価格交渉をされた時は諦めてある程度下げてあげると決めていれば良いのではないかと思います。


部屋ごとの家賃設定関連ページ

家賃の前払い
月末に翌月分の家賃を払うのが普通ですよね。
入居を拒否することができるのか
大家は入居者を選んでもよいのでしょうか。
身元のチェック
入居希望者に対して、戸籍抄本や住民票などの書類を提出を強制してよいのか
保証人と連帯保証人
よく耳にする保証人と連帯保証人。その違いについての説明です。
滞納家賃にも税金はかかる
滞納された家賃でも賃貸料として計上して税金を払わなくてはいけません。
定期借家契約
従来の普通借家契約ではない定期借家契約について
共有部分に荷物
アパートの廊下や階段などに荷物を置きっぱなしにしている入居者がよくいます。
家賃に消費税
家賃に消費税を上乗せして請求することもあります。
居住者以外の者も住み始めたら
契約の時点で居住者として申告していない人が住み始めてしまうこともよくあります。
不動産屋に行くタイミング
空室の募集をお願いしに不動産屋に行くのに適している曜日や時間帯はいつなのか。
問い合わせの多い募集条件
敷金ゼロ礼金ゼロのいわゆるゼロゼロ物件の問い合わせは非常に多い。
問い合わせの多い設備条件
やはりトイレバス別の問い合わせが一番多いのは仕方ないところでしょう。
前面道路の幅
指定容積率も前面道路幅員により低減してしまうこともあります。不動産投資の観点からすれば一概に道路の幅が狭いからダメとは言えませんが。
家賃明細をウェブで
管理会社に管理を委託すると、毎月明細を送ってきますが、それをウェブで閲覧するようにすれば便利なだけでなく、1通に付き80円を大家に還元してくれるサービス。
契約更新時の連帯保証人
契約更新時に連帯保証人の署名捺印がなくとも、最初に契約を交わした時点で連帯保証人なっていればその責任を負うことになります。
不動産屋との信頼関係
不動産投資をする上で不動産屋との付き合いは必須です。その不動産屋と信頼関係が築けなければ不動産投資はうまくいきません。
交渉してくる入居希望者
賃貸の募集をしていて、色々な交渉をしてくる入居希望者がいますが、私はそうした入居者は企保的には全て入居を断っています。
12月の入居者
私は年末に無理して空室を埋めることはありません。なぜなら12月に入居した人たちにはトラブルが多かったという経験があるからです。
敷金と礼金ゼロにすると
敷金と礼金をゼロにすれば業者の客付けも楽になり、他の物件よりも空室を埋めるうえで有利にはなりますが、入居者の属性が悪くなる傾向があります。
戸建ての不動産投資
アパートやマンションの一室を貸すよりも戸建てを貸す方が楽なことは結構あるものです。
相続についての私の考え方
私は自分が所有している物件を妻には相続させたいと思っていますが、子どもには全く残そうとは思っていません。その代わり、知識だけは惜しみなく与えようと考えています。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ