自宅を賃貸に出しても問題のない住宅ローン

住宅ローン返済中の物件でも賃貸に出せる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 通常、住宅ローン返済中の自宅を賃貸に出すことはやむを得ない事情がない限りできません。

 

 例えば、会社から転勤を命ぜられたとか、病気療養で自宅を留守にするのでその間自宅を賃貸に出す、出産や育児などの理由で長期間里帰りしたいので、帰ってくるまで人に貸したい等の理由です。

 

 これらのやむを得ない事情があれば、ほとんどの銀行は住宅ローン返済中の自宅を賃貸に出すことを認めていますが、銀行によっては賃貸に出すのが5年間であれば認めるとか細かいルールがあるところもあります。

 

 しかし、住宅ローンの中でもフラット35は住宅ローン返済中に自宅を賃貸に出しても全く問題がありません。問題がないというよりは、問題がなくなったというのが実際のところです。

 

 不況で給料が下がったとか、失業、病気等の家庭の事情で住宅ローンの返済が難しくなることは誰にでもあり得ることです。そして返済が厳しくなったとしても自宅を賃貸に出せばローンを支払うことができるパターンもたくさんあるのです。

 

 しかし、以前はローンの返済が苦しくなり、ローンを払うために自宅を黙って賃貸に出したところ、悪質だとして全額返済を求めたり、金利の高いアパートローンに組み替えを強要して結果として自己破産させるようなことが多発したため(悪名高い貸し剥がし行為ですね)、平成21年に中小企業金融円滑化法(中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律 )が国会に提出され、同年施行しそのような行為を禁止したのでした。

 

 同法律自体は時限立法のため、平成25年度末で終了しましたが、同法の趣旨からして、法律が終了したとしても貸し剥がし等の行為を認めるということにならないことから、住宅金融支援機構は同法に基づく無条件に転居を認めることを継続することになりました。

 

 無条件で転居を認めるということは、転勤や家庭などやむを得ない事情がなくても、住宅ローン返済中の自宅からの転居を認め、賃貸を認めるということです。住宅金融支援機構のHPにも賃貸を認める旨記載されています。

 

 住宅ローンをフラット35で組んでいれば、様々な事情で自宅を賃貸に出さざるをえなくなった時でも、他の住宅ローンとは違い、事情の種類を問わず、ただ住所変更届を提出するだけで自宅を賃貸に出せるということです。

 

 35年間金利が変わらないということもありますし、将来降りかかってくるかも知れない様々なリスクに備えるという意味では、住宅ローンはフラット35で組んでおいた方が良いということです。

 

※住宅ローンにおける融資住宅からの一時的な転居に関する承認手続の廃止(融資住宅を所得が回復するまでの間賃貸し、その家賃収入により返済を継続することも可)

自宅を賃貸に出しても問題のない住宅ローン関連ページ

住宅ローンを利用する
サラリーマンがローンを組むのに知っておいた方がよいことを説明します。
住宅ローンで収益物件を買う
基本的には住宅ローン使って収益物件を買うことはできませんが、やり方によっては収益物件を購入することは可能です。その方法について説明します。
住宅ローンで区分所有のマンションを買う
住宅ローンを使って区分所有のマンションを買う方法。居住用だが、転勤などの事情があれば一時的に収益用に転用することもできる。
住宅ローンを利用して新築のアパートを建てる
住宅ローンを使い、新築のアパートを建てる方法の説明。半分以上自己の居住用であればアパートを住宅ローンを使って建てることができる。
住宅ローンを利用して中古のアパートを買う
住宅ローンで中古のアパートを買う方法。中古のアパートでも条件によっては住宅ローンで購入することも可能です。
セカンドハウスローンを利用して住宅ローンを二つ持つ
セカンドハウスローンを使えば、頭金ゼロで物件を二つ所有することも可能です。
結婚する予定があるなら独身の間に住宅ローンは組みましょう
もしも、あなたが独身で彼女(彼氏)と結婚する予定があるのなら、結婚する前に住宅ローンは組んでしまいましょう。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ