セカンドハウスローンを利用して住宅ローンを二つ持つ

セカンドハウスローン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 今まで住宅ローンで物件を購入する上で有利な点を書いてきましたが、住宅ローンというのは基本的に複数持つことはできません。しかし、物件を買うなら出来る限り有利な条件で融資をつけてもらいたいのは当然です。

 

 そこで、利用できるのがセカンドハウスローンです。この制度を使うことによって住宅ローンを2つ持つことが可能になります。

 

 セカンドハウスローンを利用するにあたっては、なぜその物件を住宅ローンで購入するのかの理由付けが必要になります。特に理由がないのに住宅ローンを複数持つことはできないからです。

 

 理由と言っても、欲しいから欲しいのだというのではもちろん駄目で(笑)、例えば

 

 「今現在自宅に夫婦で住んでいるが、実家の両親はアパート住まい。家賃を払っているのはもったいないので、実家の両親が住むための家を買ってあげたい。」「年取った両親が現在賃貸のマンションに住んでるがエレベーターがないので困っている。ついてはエレベーターのあるマンションに引っ越したいのだが、新たに支払わなければならない敷金や礼金、月々の家賃を考えると購入した方が安い。しかし、父親はもう定年を迎え年金暮らしなので、私が購入して両親をそこに住まわせたい。」「娘が都内の大学に通うことになったのだが、家賃を払うのが勿体ないので娘が住むようのマンションを購入したい。」

 

 といった理由がありますね。

 

 まず、普通に住宅ローンで物件を購入した後、このセカンドハウスローンを利用すれば頭金を持っておらず、担保に入れる不動産を持っていなくても、二つまでなら購入できてしまいます。

セカンドハウスローンを利用して住宅ローンを二つ持つ関連ページ

住宅ローンを利用する
サラリーマンがローンを組むのに知っておいた方がよいことを説明します。
住宅ローンで収益物件を買う
基本的には住宅ローン使って収益物件を買うことはできませんが、やり方によっては収益物件を購入することは可能です。その方法について説明します。
住宅ローンで区分所有のマンションを買う
住宅ローンを使って区分所有のマンションを買う方法。居住用だが、転勤などの事情があれば一時的に収益用に転用することもできる。
住宅ローンを利用して新築のアパートを建てる
住宅ローンを使い、新築のアパートを建てる方法の説明。半分以上自己の居住用であればアパートを住宅ローンを使って建てることができる。
住宅ローンを利用して中古のアパートを買う
住宅ローンで中古のアパートを買う方法。中古のアパートでも条件によっては住宅ローンで購入することも可能です。
自宅を賃貸に出しても問題のない住宅ローン
フラット35は住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供する住宅ローンですが、中小企業金融円滑化法を受けて特に理由の種類を問うことなく、ローン返済中の自宅を賃貸に出すことを認めるようになりました。
結婚する予定があるなら独身の間に住宅ローンは組みましょう
もしも、あなたが独身で彼女(彼氏)と結婚する予定があるのなら、結婚する前に住宅ローンは組んでしまいましょう。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ