1000万円の運用 物件購入編

1000万円の運用における物件購入

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 1000万円の運用の記事を書くため去年の夏からお眼鏡に適う物件を探し続けてきた私ですが、ようやく他の人より早く買い付けを入れることができました。

 

 条件は、中はボロボロで構わない、残置物もこちらで処分する、現金でやるのでキャンセルになることはない、決済の日もそちらの都合の良い日で構わないので450万円でお願いしますということです。元々500万円程度の物件なので1割引いて欲しいということですね。

 

 お世話になっている不動産屋が売主の不動産屋と電話してすぐに話はまとまりました。

 

 1000万円の資産を運用するということでこの話をしていますが、別に1000万円の資産全部きっちり使い切る必要もないし、少しでも安い方が良いですからね。

 

 こういった激安物件は本当に中がボロボロです。買ったらすぐに賃貸に出すということができる物件は中々ありません。そんなことは百も承知で買っているので買い付けが通った瞬間にリフォーム会社に図面を送って間取りの変更や細かい仕様について打ち合わせを始めました。

 

 50平米前後の物件をフルリフォーム(最近流行りの団地のリノベ)は大体500万から1000万円ぐらいが予算となってきます。しかし、1000万も予算をかけたのでは投資になりません。いくらリノベしてあると言っても、東京の多摩地区の団地で15万円も家賃が取れるのは吉祥寺ぐらいなものでしょう。

 

 そのため、私がリフォーム会社に提示した条件は200万円。物件価格が450万円、購入時諸費用40万円、総額690万円が今回の運用で使う総額です。

 

 690万円ならば1000万円の運用を考えている人ならば全て現金でやってお釣りがきますし、500万円を運用して190万円を銀行から融資してもらうのは容易です。100万円の運用を考えている人も住宅ローンを利用するなどすれば全く可能の運用でしょう。

 

 今回は間取りの変更や扉や収納などの造作、風呂、トイレ、キッチンなどは総取替えでデザインクロスやPタイルの使用、天井を下げてダウンライト等の照明を入れたり、ベランダにある洗濯機置き場を室内に作るなど相当大掛かりなものです。

 

 普通はこの予算では絶対にできません。しかし、私は凄いリフォーム会社を見つけてるんですね。以前に私の所有しているアパートの部屋などのリノベをやってもらった会社で格安でリノベーションをやるのです。

 

 物件を購入したらすぐに現地でリノベ会社の担当と打ち合わせです。

 

 契約・決済も現金でやっているので、非常に簡単です。銀行員が次から次へと持ってくる書類に署名捺印していったりすることがないので、すぐに終わります。

 

 1000万円の運用ということで、現金で不動産の決済ができるととても楽ですね。

1000万円の運用 物件購入編関連ページ

1000万円の運用 物件探し編
1000万円を不動産投資で運用するために、まずは物件を探します。所定の条件を満たす物件は結構少ないのです。
1000万円の運用 物件リノベ編
1000万円の運用を不動産投資で実際に体験。購入した物件をリノベーションして賃貸に出せる状態にします。
1000万円の運用 リノベ完了編
1000万円の運用で築古の中古マンションを買い、フルリノベーションをかけました。最終的には総額800万超の投資となったものの1000万円は使い切りませんでした。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ