賃貸併用住宅の家賃保証

本気で取り組むなら賃貸併用住宅に家賃保証は不要

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 多くの人がハウスメーカーが提案する賃貸併用住宅の家賃保証に魅力を感じています。今まで説明してきたとおり、この家賃保証はハウスメーカーが2重にも3重にも利益を上げる手段なのです。

 

 賃貸併用住宅を建てようという人は、ある意味不動産投資の未経験者が多いです。必然、工務店ではなくハウスメーカーで建てる人が多く、建築費は割高になります。

 

 その割高感を払拭すること、大家であることの手間を省くこと、そして空室に対する安心感を持ってもらうこと、ハウスメーカーが建てた時、そして建ててから後もずっと利益を出すこと目的に考え出された非常に巧妙なシステムが家賃保証です。

 

 一つずつ説明していきましょう。

賃貸併用住宅の割高感の払拭

 まず、割高感の払拭ですが、ハウスメーカーの提案する賃貸併用住宅の建築費は工務店と比べるとかなり高いです。テレビCMもやり、大きな住宅展示場をいくつも持ってる上に、営業の社員を山ほど抱えているのですから、工務店と同等の物を同等の値段で出せるわけがないのです。

 

 工務店よりも高い値段でも納得してもらうためには、ハウスメーカーが建てた賃貸併用住宅の部屋が工務店が建てた部屋よりも高い値段で貸せる上に入居率が高くなくてはなりません。でなければ工務店で建てるよりも利回りの低い(割高)ものになってしまいますから。

 

 そこで、「当社のデザインは...女性に好まれる部屋で...テレビCMもやっていますので、相場よりも高く貸せます。」というようなことを営業が言うのですが、高い値段出さなくても工務店にこういうデザインで作ってくれと頼めば同じようなデザインで作ってくれますし、テレビのCMをやったところで、部屋を高く貸すことはできません。テレビCMをやっているセキ○イのアパートとか大○建託のアパートなら高くても借りるので探して下さいって不動産屋にお願いする人いませんよね。

 

 さあ、そこで家賃保証です。近隣のアパートよりも高い値段で貸せるという営業の言葉が信じられなくても、その高い家賃を保証してくれるのであればなんにも問題はないわけです。そんな高い値段で誰が入るのかという心配も、仮に誰も入居せずに空室のままだとしても家賃が入ってくるならなんの問題があるでしょう。

 

 賃貸併用住宅を建てようと検討している人はこれでみんなコロっとやられるわけです。ホントにそんなうまい話があるのかと考える人も、一部上場でテレビCMまで大々的にやっている会社が嘘をつくわけがない、そんなプランがあるのなら安心だ、お任せしますとなるわけです。建築費が高くても家賃が高く取れるのであれば問題はないですからね。

 

 もちろん、こんなに美味い話はあるわけがなく、30年間家賃保証と謳っておきながら、数年後には家賃の見直しがあります。そこでいきなり家賃が減額されるわけですね。そんなことは聞いてないと言ってもダメです。どこのハウスメーカーの契約書にも数年ごとに借り上げ内容の見直しをするといったことが記載されています。ハウスメーカーの家賃の減額に納得できないのであれば大家は家賃保証の契約の更新をしないという選択肢しかありません。これについては、大手ハウスメーカーと大家が裁判で争ったことがあり、最高裁で大家は家賃の減額には抵抗できないという判断が下されているので、泣き寝入りするしかありません。

 

 ハウスメーカーとしては、賃貸併用住宅を建築する段階でがっちりと利益を出しているので、3年間ぐらい高い家賃を大家に払っても痛くも痒くもないのです。そこで3年後に相場の家賃まで下げることを要求してくるのです。相場の家賃であれば入居者だって入れることはできますからね。賃貸併用住宅を建てるにあたり、ハウスメーカーを選んで高い建築費を払っただけバカという結末になります。

賃貸併用住宅の大家の手間を省く

 賃貸併用住宅は立派な不動産投資なのですが、大家として本気で取り組む意識の低い人も多いのは事実です。つまり、不動産投資に関する面倒なことはできればしたくないと考えている人が多く、入居者の募集や管理、メンテナンスなどは一切合財誰かにやってもらいたいというわけ。

 

 これに目をつけたのがハウスメーカー。家賃保証に管理を組み込んでいるのです。募集もやります、退去の立会いもやります、原状回復もやります、建物のメンテナンスもやります、大家さんはなんにもせずに通帳に家賃が振り込まれるのを見ているだけでいいですと。

 

 要は私どもに賃貸併用住宅を建てさせて頂ければ、大家業の面倒臭いことは全部私どもにお任せ下さい、私どもはプロですから大船に乗った気持ちでいて下さいと。

 

 これはやられますよね。高い建築費を払っても良い気になってしまうかも知れません。しかし、不動産投資に限らずなんでもそうですが、自分はなんにもせず人に任せて全てがうまくいくなんてことはありません。うまくいくとしても、非常に高くつきます。お金に余裕があるのならばそれも良いのですが、そもそもお金に余裕があるのならば普通の戸建てを建てるわけで賃貸併用住宅は建てないはずです。

 

 では、管理などは全て自分でやれば良いのかという話になりますが、これは家賃保証を利用すると管理も全てハウスメーカーに任せなければなりません。なぜ、ハウスメーカーはこんな面倒なことをやりたがるのかと言えば、そこにはきちんとした理由があります。

 

 つまり、まず家賃の5〜10%程度の管理費を取ります。建てるだけなら売って終わりですが、管理を取るとその後も継続的にハウスメーカーに利益が上がってくることになります。

 

 さらに、原状回復の費用は大家負担ですが、これについても相場と比べると非常に割高な指定の業者(または自社指定)を使うことが義務付けられ、ここでもメーカーに利益が出る仕組みになっています。

 

 そして、10〜15年後には大規模リフォームをすることが義務付けられ(当然これも割高な指定業者または自社指定です)、これを拒否すると家賃保証が打ち切られます。ここでまたメーカーに利益出ることになります。割高な建築費を取っているのに、10年で大規模修繕しなくてはならないほどの安普請は酷すぎます。

 

 もっとひどい時は、建物が老朽化したので建て替えを提案されたりします。10年20年で老朽化して建て替えなければならない建物って...

賃貸併用住宅の空室リスクを解消する

 賃貸併用住宅を検討している時に一番心配なのは空室リスクでしょう。その空室リスクをこの家賃保証システムが完璧なまでに解消してくれると誤解するわけです。なんたって30年一括借り上げですから。

 

 これなら空室が出ようが出まいが大家には全く関係なく、管理費はかかるものの、入居者の募集から退去の手続き、家賃と空室の保証までしてくれるなら、こんな楽な大家業はありません。なんにもしなくていいのですから。営業の言うとおり、「なんにも心配せずに、ただ通帳を眺めてればいいだけ」という状態です。でも、そんな家賃保証はないことはもう理解できましたよね。

 

 私口を酸っぱくして言ってますが、賃貸併用住宅も不動産投資です。今の時代なんにもしないでただ通帳眺めてればお金が入ってきてウハウハなんてことはないのです。昔はそういう時代も確かにありましたよ。賃貸住宅が圧倒的に少なくて、敷金と礼金の両方が2〜3ヶ月分ずつ取れてそれでも入居者待ちなんてことが東京でも実際にあったのです。20年以上も前の不動産投資の話ですが。

 

 近隣のアパートの動向や家賃相場、空室の状況を睨みながら家賃を下げてみたり、募集の不動産屋にインセンティブを出したり、安くて腕の良い職人や工務店を探し、いかに安く仕上がりの良いリフォームを掛けたり、建物のメンテナンスをしたり、設備のアップデートをしたりと大家のやることは結構手間がかかるのです。しかし、その手間をかけることによって、しっかりと不動産投資が成り立つのです。

 

 不動産投資は遊びではないのです。賃貸併用住宅だからといって舐めてはいけません。本気で取り組めば不動産投資はあなたを幸せにしてくれるでしょう。しかし、中途半端な気持ちで不動産投資に取り組むと、酷い目に遭うことも多々あるのです。

 

 賃貸併用住宅を検討しているなら、家賃保証に頼れば大丈夫なんて考えは決してしてはいけません。

賃貸併用住宅の家賃保証関連ページ

賃貸併用住宅はハウスメーカーか工務店か
賃貸併用住宅を建てる際には、ハウスメーカーを選ぶべきなのか、工務店を選ぶべきなのか悩みますよね。しっかり比較してみましょう。
賃貸併用住宅は割高です
ハウスメーカーは良いことしか言いませんが、賃貸併用住宅は実際は高価で利回りの低いものです。しかし、それでもなおやる価値があるのも事実です。
賃貸併用住宅の利回り
賃貸併用住宅の利回りは、新築で4パーセント、中古で5パーセントを目安にすれば大きな失敗はないでしょう。
賃貸併用住宅の2階はアパートに
賃貸併用住宅を建てる際に、自宅部分を2階に、アパート部分を1階にしてしまうことが多いですが、これは絶対に間違っているのでやめましょう。
賃貸併用住宅の間取り
賃貸併用住宅と言えど、不動産投資でもあるのです。不動産投資の観点からきちんと間取りを考えなくてはいけません。
ハウスメーカーの提案する賃貸併用住宅の家賃は信用してはいけない
ハウスメーカーが賃貸併用住宅の提案をするとあり得ないぐらい高い家賃を想定します。家賃保証も最初の2年間は家賃相場からかけ離れた高い値段を保証しますが、その後はドンドン保証家賃が下げられてしまいます。
中古の賃貸併用住宅も考えてみる
中古で賃貸併用住宅の物件はそんなに出回っていませんが、中古の賃貸併用住宅も検討する価値はあるでしょう。
賃貸併用住宅の出口
賃貸併用住宅だって収益物件。不動産投資として考えれば出口戦略が大切になってくることは理解できると思います。ポイントは実需で売ることです。
賃貸併用住宅のローン
賃貸併用住宅が一般的な不動産投資よりも圧倒的に有利であるのが、賃貸併用住宅は収益物件用のアパートローンではなく、住宅ローンが使えるということです。
賃貸併用住宅で住宅ローンを適用させる条件
賃貸併用住宅のローンは住宅ローンで組まなければ賃貸併用住宅のメリットは半減しますが、住宅ローンを適用させるには条件があります。
賃貸併用住宅の住宅ローン控除
賃貸併用住宅では、条件はあるものの住宅ローン控除が利用でき、減価償却費なども使えることからほとんど税金を支払わなくて済むことが多いです。
賃貸併用住宅の固定資産税について
賃貸併用住宅と通常の住宅とを比べると固定資産税は圧倒的に賃貸併用住宅が有利になります。
賃貸併用住宅も金利を比較
賃貸併用住宅は住宅ローンが適用となるので、ネットの住宅ローンの仮審査を利用して自分の与信でどれぐらいの金利で融資してもらえるかをしっかり確認した上で銀行と交渉しましょう。
賃貸併用住宅にオーナーとして住むメリット
メンテナンスやクレームへの対応の楽さは、賃貸併用住宅に住むことによるオーナーにとってのメリットと言えるでしょう。
賃貸併用住宅にオーナーとして住むデメリット
賃貸併用住宅にオーナーとして住むということはどんなデメリットがあるか考えてみたいと思います。
賃貸併用住宅のエントランス部分
賃貸併用住宅で問題になってくるのが入居者との距離です。エントランスをしっかりと分けるなどなるべく視線を合わさないで済むようにしておくのが良いでしょう。
結婚する前に賃貸併用住宅
結婚する前であればパートナーも住宅ローンを組むことが出来、二つの賃貸併用住宅を持つことが可能になります。独身時代にやるというところがミソです。
賃貸併用住宅の最大のリスク
賃貸併用住宅の最大のリスクは、他の不動産投資と同じく空室リスクです。空室リスクをどのように低くするかが賃貸併用住宅で失敗しないために絶対に必要なことです。
賃貸併用住宅のトラブル
賃貸併用住宅で一番多いトラブルと言えば騒音によるトラブルと言えるでしょう。では騒音トラブルを未然に防ぐにはどうすれば良いでしょうか。
賃貸併用住宅を中古で買った経験談
賃貸併用住宅を中古で購入し、利回りを格段に上げた方法を説明します。不動産投資の王道ではないですがこういうやり方もあるのです。
賃貸併用住宅と不動産投資
不動産投資をしていく上で、賃貸併用住宅を住宅ローンで購入した場合に出てくる問題点の解消について。
購入した中古の賃貸併用住宅のその後
購入した中古の賃貸併用住宅には、現在私は居住しておらず自宅部分も賃貸に出しています。住宅ローンで組んでいますが、銀行にはきちんと説明してあります。
賃貸併用住宅の利点(植栽や雑草等)
賃貸併用住宅の利点として、植栽や雑草の処理等が自分で行え、しかも楽に出来るということがあります。
賃貸併用住宅こそ花や緑を
賃貸住宅に花や緑を飾るのはとても良いことですが、手入れが面倒。しかし、賃貸併用住宅であれば、自分が住んでいるので毎日手入れをして綺麗に保つのも容易です。
賃貸併用住宅における減価償却
賃貸併用住宅は、建物の取得価額の全額を減価償却できるわけではありません。自宅部分は減価償却費として計上できないことから、賃貸部分と自宅部分を分けて考える必要があります。
土地なしだって賃貸併用住宅は可能
土地なしの状態で賃貸併用住宅を建てることはもちろん可能です。しかし、土地なしの場合、土地を持っている人よりもしっかりとした企画がないと失敗しかねません。
賃貸併用住宅の空室率
賃貸併用住宅の空室率はどのぐらいを想定しておけば安心感があるのでしょうか。もちろん、地域や物件によって空室率は変わるのですが、企画の段階では20パーセントは見ておいた方が良いでしょう。
賃貸併用住宅の安心感
賃貸併用住宅の一番のメリットは老後に対する安心感ではないでしょうか。年金が期待できなくなることが予想される中、毎月家賃が入る安心感は素晴らしいと思います。
賃貸併用住宅は何坪あれば建築できるのか
賃貸併用住宅には30坪程度の土地があれば全く問題なく建築することができますし、場合によってはもっと小さな土地でも大丈夫です。
賃貸併用住宅の利回りを上げるための裏技で気をつけること
賃貸併用住宅の利回りを上げるための裏技はいくつかありますが、法を遵守するために気をつけなければならないこともあります。
自己資金がなくても賃貸併用住宅なら可能
アパートを建てるのは無理でも賃貸併用住宅ならば住宅ローンを使うことによって自己資金がなくても手に入れることが可能となります。
賃貸併用住宅の目的
賃貸併用住宅の目的として、住宅ローンの負担を軽くしたい、将来の年金代わりにしたい等がありますが、それぞれの目的に応じてやり方は変わってきます。
賃貸併用住宅なら大家になるハードルは低い
アパートのオーナーと聞くと何かハードルが高く、自分にはなれないというイメージがあるかも知れませんが、賃貸併用住宅ならば大家になるのは大変なことではありません。
賃貸併用住宅と管理
アパートなどは不動産屋に管理を任せることが一般的ですが、賃貸併用住宅でも管理は基本的には不動産屋にお願いすることが多いです。しかし、ここに一つ問題があります。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ