不動産投資の成功の極意

結局物件を安く買って安く貸すのが一番

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 不動産投資を成功させるための極意とは、結局安く買って安く貸すことだと思います。

 

 不動産投資失敗への一番の近道は高く買って安く貸すというのはわかりますよね。利回りが極端に悪いということですから。

 

 物件を安く買って高く貸すというのは、なんだかとても良いことのように聞こえますよね。利回りが極端に良くなるわけで、こんな最高なことはないと思えるでしょう。

 

 安く買って提供するサービスに見合った範囲内で高く貸すというのはどんどんやるべきだし、それを目指していかなければならないとは思うのですが、一般的な相場以上の値段で貸そうと欲張るとうまくいかないんですよね。結局、高いから入居者が入らずに空室率が高くなってしまうという悪いパターンになりがちです。

 

 物件を高く買って高く貸すという作戦もうまくいけば悪くないとは思うのですが、これで利回りを十分確保するって結構難しいですよね。1億円の高級マンションを購入しても月に100万とかで貸すのは無理ですし。

 

 そう考えるとやはり不動産投資を失敗しないための王道とは「物件を安く買って安く貸す」ということに尽きると思います。誤解のないように言うと相場よりも「割安に買って、割安に貸す」ということですが。

 

 物件自体を安く買えているのですから、安く貸したところで利回りが低いというわけではない。相場よりも安く借りれる入居者さんはお得なわけですから、すぐに部屋は埋まるでしょうし、ライフスタイルの変化(就職、転勤、結婚など)以外では引越しすることは少ないでしょう。

 

 入居者が喜んでくれる部屋を紹介する不動産屋も嬉しいでしょうし、空室がすぐに埋まって中々入居者さんが退去しない大家も嬉しい。昔から三方良し(売り手良し、買い手良し、世間良し)って近江商人の格言でありますしね。

 

 ただ、じゃあ安く売った方の物件の売主はどうかって話になると思います。

 

 これはちょっと難しいのですが、足元見て安く買い叩きやがってという見方も当然あるとは思うのですが、基本的には売主が嫌だという値段では物件を買うことは出来ません。5000万の物件を無理矢理2500万だ!とかって出来ないんですよ。

 

 だから、この値段でどうですかとは聞けます。ただし、それはあくまで売主がその値段で良いですよって言った時だけその値段になるわけで、売主も納得してその値段で売るわけです。

 

 なので、売主もいつまでもその物件を持ったままの状態よりも、その値段で売るということを自分の意思で選んでいるので法律的にも道義的にも問題はありません(昔の地上げ屋みたいにトラックで突っ込むとかそういうのは当然法律的にも道義的にもアウトですが)。

 

 売主が納得した値段で買って、入居者も喜び、仲介の不動産屋も喜び、そして最後に不動産投資家である大家も喜ぶ。

 

 結局、これが不動産投資の極意のような気がします。

不動産投資の成功の極意関連ページ

不動産投資で安く買って高く売るは失敗する1
ずっと言い続けていることですが、キャピタルゲイン目的の不動産投資で失敗しないでい続けることは至難の業です。
不動産投資で安く買って高く売るは失敗する2
安く買って高く売るは不動産業者でさえ難しい。ましてやこれから不動産投資を始めようとするサラリーマンには至難の業です。
不動産投資で安く買って高く売るは失敗する3
安く買って高く売れたとしても、不動産を取得するのにかかる費用や売却した時に出た利益にかかる税金などを支払うと以外と手元に残る額は少ない。
不動産投資で安く買って高く売るは失敗する4
仮に購入価格を大幅に上回るような値段で物件を売却できたとしても、今度は税金が重くのしかかってきます。
それでも不動産投資で失敗しないためには安く買うことが必要
安く買って高く売るのが目的の不動産投資は失敗する可能性が高いですが、インカムゲイン狙いの不動産投資だって安く買わなくてはなりません。
不動産投資で失敗しないための適正価格とはいくらか
不動産に適正価格なんてあるのだろうか。適正かどうかは別として、収益還元法で導き出させる理論値は近似値として利用できます。
不動産投資は月々の家賃と返済額の割合を間違えると失敗する
月々の返済額が家賃の半分を超えてくるとかなり苦しくなってきて、不動産投資に失敗する可能性がかなり高くなってくるでしょう。
不動産投資で金利はどこまで許容できるか
不動産投資に失敗しないためにはたくさんの気をつけないといけないことがありますが、金利についてはどれぐらいの高さまで許容できるのでしょうか。
不動産投資の失敗の極意
不動産投資で最も怖い大敵は家賃の滞納です。これを放置すると不動産投資は非常に苦しくなります。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ