それでも不動産投資で失敗しないためには安く買うことが必要

不動産投資では何を基準に安いと言えるのか

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 不動産投資で失敗しないためには、安く買って高く売るというのが目的の投資はダメで、買った不動産を持ち続けてインカムゲイン目的の投資が良いという説明をしてきました。しかし、インカムゲイン目的の不動産投資だって高く買ってしまったら失敗します。

 

 それでは、物件の価格が高いのか安いのかの判断基準はなんでしょうか。バブルの頃は、不動産の価値は将来的にもずっと上がり続ける、今日よりも明日のが高い、だから今日の価格は安いという禅問答のようなわけのわからない判断基準で安い高いを考えていたわけです。もちろん、当時信じられていた土地神話が正しければその考え方でも問題はないのですが、残念ながら不動産の価値は下がり、土地神話は崩れてしまいました。

 

 では、インカムゲイン目的の不動産投資はどのように不動産の値段を高いか安いかを判断するのでしょうか。ある土地が10年前よりも安かったら割安の土地なのでしょうか。20年前よりも高かったら割高なのでしょか。それとも近隣の同じような条件の土地よりも安いから割安?

 

 インカムゲイン目的の不動産投資では収益還元法によって不動産の適正価格は導き出されます。

それでも不動産投資で失敗しないためには安く買うことが必要関連ページ

不動産投資で安く買って高く売るは失敗する1
ずっと言い続けていることですが、キャピタルゲイン目的の不動産投資で失敗しないでい続けることは至難の業です。
不動産投資で安く買って高く売るは失敗する2
安く買って高く売るは不動産業者でさえ難しい。ましてやこれから不動産投資を始めようとするサラリーマンには至難の業です。
不動産投資で安く買って高く売るは失敗する3
安く買って高く売れたとしても、不動産を取得するのにかかる費用や売却した時に出た利益にかかる税金などを支払うと以外と手元に残る額は少ない。
不動産投資で安く買って高く売るは失敗する4
仮に購入価格を大幅に上回るような値段で物件を売却できたとしても、今度は税金が重くのしかかってきます。
不動産投資で失敗しないための適正価格とはいくらか
不動産に適正価格なんてあるのだろうか。適正かどうかは別として、収益還元法で導き出させる理論値は近似値として利用できます。
不動産投資は月々の家賃と返済額の割合を間違えると失敗する
月々の返済額が家賃の半分を超えてくるとかなり苦しくなってきて、不動産投資に失敗する可能性がかなり高くなってくるでしょう。
不動産投資で金利はどこまで許容できるか
不動産投資に失敗しないためにはたくさんの気をつけないといけないことがありますが、金利についてはどれぐらいの高さまで許容できるのでしょうか。
不動産投資の失敗の極意
不動産投資で最も怖い大敵は家賃の滞納です。これを放置すると不動産投資は非常に苦しくなります。
不動産投資の成功の極意
不動産投資で失敗しないための極意は安く買って安く貸すに尽きると思います。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ