リノベの通常の流れ

時間を短縮する

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 MEコーポレーションの通常のリノベの流れとしては、まず現場で打ち合わせ、その後数日でイメージ写真などがメールで送られてきてどのようなリノベにするかを決定します。そして、郵送でサンプル帳などを見ながらクロスや床材などを選び施工に入るという流れです。

 

 担当さんと現場で1回会うだけであとはメールで全てやり取りが終わるので、これはこれで凄く楽で良いのですが、私は1日でも空室の期間が短い方が良いので少しでも早く施工に入ってもらいたいため、担当さんに現場で会った後にプランが出来上がったら直接MEさんの会社に行って打ち合わせして良いですかと聞きました。

 

 土曜日の午後に現場で打ち合わせしたのですが、お願いして月曜日の午前中に会社に伺うことになりました。現場での打ち合わせから1日半で最終的なデザインや仕様の決定まで終わることになります。サラリーマンなど中々時間に余裕がない方はこういう形はできないかも知れませんが、その場合は通常の流れのとおり1回現場で打ち合わせて後は全てメールで終わらせることもできます。そこらへんの融通を効かせてもらえるのが嬉しいですね。

リノベの通常の流れ関連ページ

格安リノベの内容
格安のリノベはどこまでやってくれるのか、その内容について精査してみる。
アパートに空室が出た!
私が所有しているアパートの1室が退去となり、空室が出たのでこのリフォーム屋さんにリノベをお願いすることにしました。
リノベの担当さんに質問してみた
リノベをするまでの流れがどうなるのか具体的に担当さんに聞いてみた。
担当さんと現場で打ち合わせ
格安のリノベ業者の担当さんとの現場で打ち合わせの様子です。イケメンでびっくりしました。
リノベーション業者に訪問してきた
リノベーションの業者の会社に訪問してきました。サンプル帳などを見ながら打ち合わせ。社長とも話してきました。
社長の話を聞いた
会社に訪問した際に社長の今後の展望等の意見を聞くことができました。
自分の物件で格安リノベを体感した
実際に自分の物件に空室が出たので、格安リノベーションを体感してみました。
中古マンションのリノベーション
格安のリノベーション業者を使って中古マンションをリノベーションしてみます。区分所有のボロボロの中古マンションが格安のリノベーションでどこまで生まれ変わるか試してみました。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ