アパートに空室が出た!

自分がこのリフォーム屋でリノベを試してみる!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 私は元々サラリーマン(公務員)で、地主ではありません。無借金で親からアパートを引き継いだわけではないので、常にローンを抱えながらの不動産投資となります。つまり、キャッシュフローはシビアな目で見るわけです。そのため今流行りのリノベには否定的な見解しか持っていませんでした。

 

 だって、300万円もかけて「家賃8000円アップで貸し出せました!」とか「200万で家賃5000円アップ!」なんてのを聞くと、「え?」となってしまいます。お金の面だけを見たらどう考えてもやらない方がいいですよね?家賃3万円をアップできるとかなら良いと思いますよ。でも、数百万円かけて数千円アップしても30年経ったって元が取れないじゃないですか。その30年の間に何回リフォームしないといけないかを考えたら、家賃を安くして入居してもらって、リノベに使う予定だった300万円で小さな区分所有買えば新たに物件が増えてしかもキャッシュフロー的には月に2万ぐらいは上がりますよね?(新たに増える家賃3万円−元の部屋の下げた家賃1万円とすれば)

 

リノベされた築古の物件
リノベされた古い物件の写真

 

 もちろん、リノベにはキャッシュフローの面だけではなく、見得の部分もあるわけです。なんかかっこいいじゃないですか、築40年の古い物件がこんなにお洒落な部屋に!みたいなのって。だからお金に余裕のある人はやってもいいと思うんですよ。でも、私は実利的な人間で、見得よりもお金が好きなので(^_^メ)お金のかかるリノベには興味がなかったのです。しかし、この前見つけた35万円の格安リノベ屋さんであれば、キャッシュフロー命な私でも是非やってみたいと思っていたのですが、先週、私の所有しているアパートの入居者から退去の連絡がきました\(^o^)/

 

 って、普通退去の連絡がきたら「はぁ〜、また空室が出たねえ。」となるのですが、実際に自分の物件を35万円でどこまでやってもらえるか、今回はちょっと楽しみにしてたんですよ。

 

 今月末に退去するので、自分の物件でリノベを体感!もちろん、全て写真に撮ってレポートしますので乞うご期待。35万円でどういった物件がどのくらいの期間でどのようにリノベされたかしっかりと記事にしますので楽しみにしていてくださいね。

アパートに空室が出た!関連ページ

格安リノベの内容
格安のリノベはどこまでやってくれるのか、その内容について精査してみる。
リノベの担当さんに質問してみた
リノベをするまでの流れがどうなるのか具体的に担当さんに聞いてみた。
担当さんと現場で打ち合わせ
格安のリノベ業者の担当さんとの現場で打ち合わせの様子です。イケメンでびっくりしました。
リノベの通常の流れ
リノベの通常の流れは現場での打ち合わせの後にメールのやり取りや郵便でサンプルを送ってもらったりしながら詰めていきますが、私は時間短縮のため会社に訪問することにしました。
リノベーション業者に訪問してきた
リノベーションの業者の会社に訪問してきました。サンプル帳などを見ながら打ち合わせ。社長とも話してきました。
社長の話を聞いた
会社に訪問した際に社長の今後の展望等の意見を聞くことができました。
自分の物件で格安リノベを体感した
実際に自分の物件に空室が出たので、格安リノベーションを体感してみました。
中古マンションのリノベーション
格安のリノベーション業者を使って中古マンションをリノベーションしてみます。区分所有のボロボロの中古マンションが格安のリノベーションでどこまで生まれ変わるか試してみました。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ