格安リノベの内容

実際どこまでやってくれるのか

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 35万円で出来るリノベの内容とはどんなものか説明し、普通の業者に頼んだらどれくらいの価格になるか考えてみます。

 

 まずは玄関まわりです。玄関のドアの内側にダイノックを貼るか塗装をしてくれます。あと玄関入り口にある収納の内部や扉や、上がり框もダイノックか塗装してくれます。これ結構お金かかるんですよ。ダイノックも貼れますよみたいなクロス屋だったり、元々他に塗装する箇所があれば材料代だけで済むのですが(人工代は変わらないので)、新たにダイノック屋や塗装屋を呼べば当然人工代(人件費)が1人分増えるので費用が1万5千円から2万円増えるわけです。それとネタ(材料)代ですね。

 

リフォームはお金がかかる
リフォームされた部屋の画像

 

 玄関入り口の土間のPタイル貼り。これで結構玄関の表情が変わります。これはクロス屋が貼ってくれるので元々クロスをやるのであればほとんど費用はかかりません。

 

 次は壁や天井。デザインクロスか塗装です。デザインクロスを貼るとすると、大体平米で1500円前後くらいからでしょうか。普通賃貸の部屋に使われているような普及品のクロスであれば7〜800円程度からあるでしょうからデザインクロスの費用は倍です。20平米のワンルームの天井と壁をデザインクロスで張り替えるだけで軽く10万円以上するでしょう。廻り縁の塗装はついでなのであまり費用はかからないでしょうね。

 

 床はPタイル。平米で1500円〜2000円ぐらいからでしょうか。20平米で5万円前後かと思います。

 

 建具や浴室の扉、キッチン収納の扉や内部もダイノックか塗装をしてくれます。他の箇所でダイノック等をやっているのであればネタ代だけなのでほとんど費用はかかりません。玄関横や浴室に付けてもらえる姿見の鏡や浴室内の大型ミラーも材料だけですね。

 

 長めのダクトレールやダウンライトの新設、スイッチやコンセントのプレートの交換。電気屋1日分の人工代と材料費ですね。

 

 最後にハウスクリーニングですが、ワンルームなら2〜3万円です。

 

 で、これをこういう形でやるとデザインをして、職人を手配して段取りを組んで仕上げ、利益を出そうと思ったらとてもじゃないけど35万円でやる業者はいないと思います。35万円って凄いことですよ。

格安リノベの内容関連ページ

アパートに空室が出た!
私が所有しているアパートの1室が退去となり、空室が出たのでこのリフォーム屋さんにリノベをお願いすることにしました。
リノベの担当さんに質問してみた
リノベをするまでの流れがどうなるのか具体的に担当さんに聞いてみた。
担当さんと現場で打ち合わせ
格安のリノベ業者の担当さんとの現場で打ち合わせの様子です。イケメンでびっくりしました。
リノベの通常の流れ
リノベの通常の流れは現場での打ち合わせの後にメールのやり取りや郵便でサンプルを送ってもらったりしながら詰めていきますが、私は時間短縮のため会社に訪問することにしました。
リノベーション業者に訪問してきた
リノベーションの業者の会社に訪問してきました。サンプル帳などを見ながら打ち合わせ。社長とも話してきました。
社長の話を聞いた
会社に訪問した際に社長の今後の展望等の意見を聞くことができました。
自分の物件で格安リノベを体感した
実際に自分の物件に空室が出たので、格安リノベーションを体感してみました。
中古マンションのリノベーション
格安のリノベーション業者を使って中古マンションをリノベーションしてみます。区分所有のボロボロの中古マンションが格安のリノベーションでどこまで生まれ変わるか試してみました。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ