中古マンションのリノベーション、途中経過報告

中古マンションのリノベーションの途中経過です

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 1月の終わりに購入した中古マンションをリノベーションしようと思って2ヶ月弱。担当との打ち合わせや企画を終わらせ、施工がスタートしたものの管理組合とのトラブルなどもありましたが、順調に工事は進み、あと数日で完成予定です。

 

 かなりのスピードでリノベーション会社さんにやってもらえましたね。今回はフルリノベーションでしたから、5〜6ヶ月はかかる普通でしょう。企画・設計で2〜3ヶ月、工事で2〜3ヶ月はかかりますからね。現地で打ち合わせしてから施工完了まで2ヶ月かかってないというのは凄いですよ。しかもこの2月から3月にかけての繁忙期で。

 

 もちろん、私も素人じゃありません。打ち合わせでイケメン担当が作った企画書見てこれこうしてください、クロスはこれ、Pタイルはこっち棚はこう等パッパッパと決めれるということもあるのですが、やはりこちらのニーズを聞き取って現地調査の後一週間もかからずほぼ手の入れようがない提案をしてくるのも大きいですよ。その分現地調査とその際の私の希望の聞き取りには時間をかけましたが。

 

 もちろん、不動産投資としてじゃなくて、自分が住むための家でしたらまた別なんですよ。費用対効果なんか関係ありませんし、自分がああしたいこうしたいというのをリノベーション会社さんとゆっくりと入念に打ち合わせながら理想の家にしていくのも良いと思います。

 

 しかし、私は不動産投資家ですからね。のんびりと時間をかけてリノベーションするわけにはいかないんですよ。完成が一ヶ月伸びれば一カ月分の家賃が、二ヶ月伸びれば二か月分の家賃が入らなくなるわけですから、工期は短ければ短いほど良い。さらに言えば2〜3月が入居の旬で4月も結構動くものの、ゴールデンウィークを過ぎてしまうとパタッと止まってしまいますからね。3月中に工事を完了してもらえるのは大変ありがたい。

 

 ま、それはおいといて、先日、職人に差し入れついでに工事の進捗状況を見に行ったら壁ができていました。

 

リノベーションの途中ですが壁ができている写真

 

 クロスを貼り始めるところですね。前回見に行った時はスケルトンの状態でしたから段々と仕上がりが想像できるようになってきました。楽しみになってきました。

 

クロスを貼っているところ

 

 しかし、MEさん工事も早いですよ。ホント助かります。

 

解体工事が終わり、壁も作って内装の段階

 

 不動産投資を考えている人はもちろん、自分が住むために中古マンションのリノベーションを考えている人にも私の物件が参考になればと思っています。

中古マンションのリノベーション、途中経過報告関連ページ

中古マンションのリノベーションために営業さんと連絡を取る
今回購入した中古マンションをリノベーションするために、前回格安でリノベをお願いした会社の営業さんに連絡しました。
リノベーションの打ち合わせで現地の中古マンションへ
中古マンションのリノベーションの打ち合わせを現地で営業さんとしてきました。ボロボロの中古マンションに一緒にいた友達は唖然としてました。
中古マンションのリノベーションの提案書
中古マンションのリノベーションに関する提案書を会社が送ってきました。やはり200万円でできることは限られてきます。
会社で中古マンションのリノベーションの打ち合わせ
中古マンションのリノベーションのための打ち合わせを、リノベーション会社に行き、価格の交渉や内装等も含めてやってきました。
中古マンションのリノベーションの着工時にトラブル
中古マンションのリノベーションを管理組合を通さずに着工したら大変なトラブルになってしまいました。
リノベーションですから当然スケルトンまで解体します
中古マンションのリノベーションですから、リフォームとは違い当然スケルトンの状態まで解体して、配管から設備まで全て交換します。
中古マンションのリノベーションでユニットバス
中古マンションをリノベーションをする際に問題点となってくるのが水周り、特に風呂場です。古い中古マンションや団地だとサイズが変則的で規格に合わず、ユニットバスを入れられないことが多いのですが、今回はユニットバスを入れることができました。
リノベーション完了
中古マンションの購入から詳細にアップしてきましたが、今回は中古マンションのリノベーションが完了してレポートの最終回となります。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ