中古マンションのリノベーションの提案書

中古マンションのリノベーションに関する提案書が送られてきた

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 前回、担当と現場で中古マンションのリノベーションに関する打ち合わせをし、私の希望を具体的に説明しました。そして事前の説明どおり一週間程度で200万円の見積もり書と提案書が送られてきましたが、やはり200万円で出来る中古マンションのリノベーションには限度がありました。

 

 私の希望を全てやろうとすると、材料費だけで200万円ぐらいはかかってしまうので当たり前と言えば当たり前ですし、担当としても200万円の予算の中で可能な限りのリノベーションの提案はしてくれたのですが、私としてはちょっとどうかなと。

 

 賃貸として出すことは可能なレベルではあり、古い団地にしては結構良い感じぐらいにはなっているので、今回200万円という予算内での施工もあり得ました。物件購入費用とリノベ費用を合わせても利回りとしては表面で12パーセント以上軽く回ることから不動産投資として合格レベルですし。

 

 しかし、今回は中古マンションのリノベーションをするという記事を書くわけですから、中途半端なものにするわけにはいきません。きっちりとリノベーションしたものを作ってこのサイトで公開するため、私の希望のリノベーションをすることにしました。想定していた7万円弱程度の家賃も見直し、きっちりとしたリノベーション済みの部屋として8万円程度の家賃設定にして利回り12パーセントを達成することにしました。

 

リノベーションのイメージ
中古マンションのリノベーションのイメージ図

 

 担当は200万円の提案書と一緒に、私の希望全てを取り入れたリノベーションの提案書も送ってくれてきていました。しかし、税込み総額400万円オーバー。確かに通常の中古マンションのリノベーションの費用である500万円〜1000万円よりは安くはあります。しかし、提案書の中には詰められる部分もあり、これは担当と再度値段や工事内容について打ち合わせをしなくてはなりません。

 

 今回MEコーポレイションの安さの秘密を理解できたと思いました。そもそも単価を安くしてくれるから安いというのももちろんありますが、ポイントはなんと言っても、とにかく現状で使えるものは綺麗にして使うことによって可能な限り費用を抑えるということです。

 

 天袋の扉一つ取っても、安易に交換するのではなく、ダイノックを貼ったりペンキで塗ることによって古いものを生かして新しく見せる。風呂やキッチンも可能な限り現状のものを使用し綺麗にお化粧して賃貸に出せるようにする。こういった努力で顧客にリーズナブルな価格でのリノベーションを提供しているわけです。

 

 今回私がお願いした中古マンションのリノベーションは、とにかく設備も建具もなにもかも片っ端から新しいものに交換して欲しいとお願いしたことから、ある程度の値段がいってしまうのは仕方のないところ。それでも普通の業者に発注するよりも安くはあります。

 

 そういう部分をよく理解した上でMEコーポレイションをうまく利用させてもらうのが正解ではないでしょうか。あまりこのサイトで、MEコーポレイションに頼めば凄まじいリノベーションを凄まじい価格でやってくれるなんてことを言うと、多分MEコーポレイションも困るでしょうし(後から「あのサイトでは凄い値段でやってくれると言ってたのに嘘じゃないか!」って)、私自身もこのサイトで嘘を書くつもりは全くないので、工事の内訳や値段、打ち合わせから交渉の内容まで全て公開していきますので楽しみにしていてください(^_-)-☆

 

 次回は、MEコーポレイションに行って、この中古マンションのリノベーションの打ち合わせをしてきます。

中古マンションのリノベーションの提案書関連ページ

中古マンションのリノベーションために営業さんと連絡を取る
今回購入した中古マンションをリノベーションするために、前回格安でリノベをお願いした会社の営業さんに連絡しました。
リノベーションの打ち合わせで現地の中古マンションへ
中古マンションのリノベーションの打ち合わせを現地で営業さんとしてきました。ボロボロの中古マンションに一緒にいた友達は唖然としてました。
会社で中古マンションのリノベーションの打ち合わせ
中古マンションのリノベーションのための打ち合わせを、リノベーション会社に行き、価格の交渉や内装等も含めてやってきました。
中古マンションのリノベーションの着工時にトラブル
中古マンションのリノベーションを管理組合を通さずに着工したら大変なトラブルになってしまいました。
リノベーションですから当然スケルトンまで解体します
中古マンションのリノベーションですから、リフォームとは違い当然スケルトンの状態まで解体して、配管から設備まで全て交換します。
中古マンションのリノベーション、途中経過報告
中古マンションをリノベーションしていますが、一旦スケルトンにした後、現在は壁を作ってクロス等を貼り始める段階になりました。
中古マンションのリノベーションでユニットバス
中古マンションをリノベーションをする際に問題点となってくるのが水周り、特に風呂場です。古い中古マンションや団地だとサイズが変則的で規格に合わず、ユニットバスを入れられないことが多いのですが、今回はユニットバスを入れることができました。
リノベーション完了
中古マンションの購入から詳細にアップしてきましたが、今回は中古マンションのリノベーションが完了してレポートの最終回となります。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ