築年数の古い区分所有(容積率に余裕なし)

利回りは良いが容積率に余裕のない古いマンション

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 私もいくつか利回りが抜群に良い築年数の古い区分所有のマンションを持っていましたが現在は全て売却してしまいました。このタイプのマンションの私の出口戦略は、投資した金額の元を取ってある程度したら売却というものです。5〜6年で元を取って数年したら売ってしまいました。

 

 売った時点で築30年ちょっとぐらいでしたから、まだまだ回すことはできたのですが、築年数が古すぎてかなり安くなってからとか(持っている間は家賃は入り続けるのでそれでも別に良いのですが)、そろそろやばいから大規模修繕とかでお金がかかるようになってから売るよりも、もう元は充分取っているのでさっさと売って次の物件を買う頭金にした方が良いと判断しました。担保価値はほとんどないような物件でしたので売って現金にした方が物件を買いやすいと思ったのです。

 

 ただ、実際利回りが20パーセント近くあるようなものだったので、朽ち果てるまで持ち続けるというのも一つの方法だったと思います。どちらを選ぶかはその時にどういう状況にあるかで判断するしかないですが。

築年数の古い区分所有(容積率に余裕なし)関連ページ

私の不動産投資の出口
私の不動産投資人生における出口は、物件は全て売り払うです。
リバースモーゲージを利用した不動産投資の出口戦術
不動産投資の出口にリバースモーゲージを利用するということについて。
築年数の古い区分所有(容積率に余裕あり)
所有している古い区分所有のマンションの出口戦略とは?

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ