築年数の古い区分所有(容積率に余裕あり)

築古のマンション

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 私の購入する築古の中古マンションは、「キャピタルゲインとインカムゲインの両方を狙う」で説明したように、東京で容積率を大幅に余しているマンション(団地)です。このタイプのマンションの出口戦略は、10年後20年後を目標とした建て替えです。

 

 現在私はアラフォー、20年後に建て替えが成ってそこを賃貸に出せば、私が死ぬまでは老朽化によるスラム化や大規模修繕の心配はありません。なので、持ち続けてもいいのですが、せっかく新築プレミアムがついてるのですから、賃貸に出すよりも私は売ってしまうと思います(もちろん値段によります)。

 

 購入して20年も経っていたら投資した金額の倍以上回収しているわけですから、あっさり売って違う物件を買う頭金にでもする予定です。

築年数の古い区分所有(容積率に余裕あり)関連ページ

私の不動産投資の出口
私の不動産投資人生における出口は、物件は全て売り払うです。
リバースモーゲージを利用した不動産投資の出口戦術
不動産投資の出口にリバースモーゲージを利用するということについて。
築年数の古い区分所有(容積率に余裕なし)
古い投資用区分所有のマンションで容積率に余裕がないものはどのような出口があるでしょうか。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ