否定的な反応しか返ってこなかった理由

なぜ否定的な反応しか返ってこなかったのか

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 今にして思うと理由はわかるんですよ。私が友達に一生懸命投資について語っていた2000年頃と言えば、もうすでにバブルが弾けてしばらく経っており、数年前には山一證券や拓銀などが倒産して一流企業に勤めていても安心ではないということも理解され始めた頃ではありますが、今ほどは切実な感覚は当時ありませんでした。不動産投資なども普通のサラリーマンがやることだとは思われてませんでしたし。

 

 そんな中、私がいくら年金が...不動産が...などと話しても誰も聞く耳を持ってくれません。ましてや、私などただの公務員で、当時はまだ一つも物件を持ってないような状態です。そんな金持ちでもなんでもない男が将来の経済状態について警鐘を鳴らしたり資産運用の重要さを説いても誰も聞いてくれませんよ(^_^;)

 

 当時の私はそんなことは全く気にせずに真剣に話してたんですけどね。私のまわりの友達が、私の話すことに興味を持つようになるには、まだまだ時間と私の経験と実績が必要でした。

否定的な反応しか返ってこなかった理由関連ページ

金にガツガツしたくないと言われた
若い時に友達から金にガツガツしたくないと言われて非常にショックでした。
時代も変わり私も変わった
10年前とは私も私を取り巻く環境も劇的に変わりました。
ガツガツとケチケチ
お金にガツガツという言葉にはいくつかの意味が含まれているようです。
どちらが良い?
ガツガツするのとケチケチするのはどちらが良い?
嫉妬と賞賛の社会
経済的に成功すると嫉妬される社会と賞賛される社会。
大して成功してなくても
大成功じゃなくてもやはり嫉妬というものは存在するのです。
日銀マンのお話
お金について日銀マンが語ってくれたことが面白かったです。
お金を稼ぐことは素晴らしいこと
不動産投資であろうがビジネスであろうがお金を稼ぐという行為は、どれだけ社会に役に立ったかで稼げる額が変わってくるため、たくさん稼げば稼ぐほど社会の役に立っているということも言えるでしょう。
お金をコントロールする力
宝くじなどで思いがけないお金をタナボタ式に手に入れると不幸になるとよく言いますが、それはお金をコントロールする力の欠如によるものです。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ