株と不動産の比較1 流動性 不動産編

不動産の流動性

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 不動産の流動性は非常に低いです。

 

 不動産を買う際には、通常であれば物件を見に行くところからスタートです。不動産屋に行き、物件に案内してもらい、そしてその物件が気に入ったとします。

 

 まずは、買い付け申込書を書くことから始まります。大概は買い付けを入れる前に、案内してくれた不動産屋が物件を持っている不動産屋に前もって電話でいくらぐらいなら指値を受けてくれるかというような話は聞いてくれるのですが、そういう話はまた別の機会にお話しするとして、とにかく買い付け申し込み書をその日の内にファックスしたとします。

 

 次の日に売主がこちらの買い付け条件を了承したという連絡が入るとします。

 

 そこで初めて売買契約の日取りを決めます。売主の都合もあることですから、通常は数日から数週間の間で都合の良い日を選びます。

 

 契約が無事終了すると、今度は銀行の借り入れの審査です。居住用の住宅ローンなどでは数日で答えが出るのですが、収益用物件についてはこちらが確定申告の写しやレントロールなどの書類全て揃えてあっても普通は一週間程度は審査にかかると思います。

 

 もちろん、ローンを組まずに現金で物件を買うならば、銀行の審査は必要ないので大幅に時間と手間は短縮できます。

 

 銀行の審査が通ったら、銀行との金銭消費貸借契約です。

 

 その後、司法書士と売主と買主とそれぞれの不動産屋が銀行に集まっていよいよ決済です。お金の授受が終わるとそのまま司法書士が書類を全て持って法務局に行って手続きをします。

 

 数週間後、司法書士から自宅に名義の変更が済んだ物件の権利書が送られてきて終了です。数日で現金化できる株と比較すると不動産は現金化するのにとても時間がかかります。

 

 また、売却する際も同じように時間がかかるものです。もちろん、相場よりも大幅に安い値付けにすれば購入希望者はすぐに見つかると思いますが、相場よりも安くする分金銭的には損ですし、仮に見つかったとしても現金化できるのは早くても数週間から一ヶ月はかかってしまうでしょう。

 

 さらに、売買手数料も物件価格の3パーセントかかりますし、その他に不動産取得税や司法書士報酬など発生することから、売買に関する費用も非常に高額となります。

 

 売買に時間も手間も費用もかかる不動産は流動性という意味で比較すると株よりも圧倒的に不利です。

株と不動産の比較1 流動性 不動産編関連ページ

株と不動産の比較1 流動性 株編
不動産と比較した株の流動性についての説明
株と不動産の比較2 資産価値 株編
株の資産価値についてのメリット・デメリットを論ずる。
株と不動産の比較2 資産価値 不動産編
不動産の資産価値に増減などについて考察していきます。
株と不動産の比較3 レバレッジ 株編
株の使えるレバレッジについての説明。
株と不動産の比較3 レバレッジ 不動産編
不動産投資で使えるレバレッジについての説明。
株と不動産の比較4 キャッシュフロー 株編
配当益に注目した際の株式投資のキャッシュフローについての説明。
株と不動産の比較4 キャッシュフロー 不動産編
賃貸収入目的の不動産投資のキャッシュフローに関する説明。
株と不動産の比較5 ROI 株編
株式投資に関する実際のROIはどの程度かを考察する。
株と不動産の比較5 ROI 不動産編
不動産投資のROIの高さとその有利性についての説明。
株と不動産の比較6 経費 株編
株式投資で使える経費、使えない経費などについて説明するページです。
株と不動産の比較6 経費 不動産編
不動産投資で使える経費は減価償却を含めて非常に多い。
株と不動産の比較7 維持に関わるコスト 株編
株式を保有し続けるためにかかるコストについて
株と不動産の比較7 維持に関わるコスト 不動産編
不動産を所有し続けるために支払わなければならないコストについて
株と不動産の比較8 コントロール 株編
株式の資産価値を高めるために何ができるかというコントロール性についての説明。
株と不動産の比較8 コントロール 不動産編
自分が保有している不動産のコントロール力についての説明。
株と不動産の比較9 相続 株編
相続に関する株式の有利さ不利さについて。
株と不動産の比較9 相続 不動産編
税金に関しては不動産の方が相続が有利。
株と不動産の比較10 消失のリスク 株編
株式の消失のリスクについての説明。
株と不動産の比較10 消失のリスク 不動産編
不動産の消失のリスクについての説明。
株と不動産の比較 番外編 見栄・満足感
投資って実利だけでなく見栄の部分ってありますよね。
株と不動産の比較 結論
最終的な結論として株と不動産はどちらが結局有利なのか。
株と不動産の比較 おまけ
株と不動産投資を最近の相場で比較すると面白いことが見えてきます。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ