株と不動産の比較1 流動性 株編

株の流動性

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 株と不動産を比較するにあたり、まずは買う・売るという行為について述べたいと思います。

 

 流動性とは、現金の資産化または資産の現金化に要する手間や時間を表す言葉です。

 

 要は、あなたが1千万円を使って株を買う時の手間や時間と1千万円使って不動産を買う時の手間や時間を比較してみようということですね。

 

 株などの金融資産は非常に流動性が高いです。証券会社に口座さえ持っていれば、クリック一つでその時の相場の値段で売ったり買ったりできます。騙されて相場の値段以上の値段で買わされることはありません(売買手数料に関しては高い安いということは証券会社によってはあるでしょうが、株の値段については誰もがその時の値段で買えます)。逆に言えば相場の値段以下で買うこともできません。誰もがみんな同じ値段で買わざるをえないのです。

 

 これは株が非常に有利な点です。手間はクリック一つ、時間は一瞬。しかも、誰もがその時の値段で買うことも売ることもでき、本来1万円の価値しかない株を騙されて10万円で買わされたり、逆に10万円の価値があるものを1万円で売るということはないわけです(上場していない会社の株はこの限りではありません)。その時に1万円の株は誰もが1万円で売ったり買ったりするわけです。

 

 あなたが急いでいて、どうしても株を売らざるを得ないとしても、その足元を見られて不当に安い値段で買い叩かれることもなく、その時についている値段で処分でき、数日後には現金化できてしまうわけですから、こんなに安心なことはありません。

 

 さらに、売買に伴う費用もとても安価です。売買金額にもよりますが、ネットの証券会社であれば手数料は概ね0.1パーセント以下でしょう。税金も売買の時点では発生しません。手間、時間、費用、全ての面で株式投資は優れています。

 

 流動性という意味で言えば、不動産と比べて株は非常に有利と言えるでしょう。

株と不動産の比較1 流動性 株編関連ページ

株と不動産の比較1 流動性 不動産編
株と比較した時の不動産の流動性についての説明。
株と不動産の比較2 資産価値 株編
株の資産価値についてのメリット・デメリットを論ずる。
株と不動産の比較2 資産価値 不動産編
不動産の資産価値に増減などについて考察していきます。
株と不動産の比較3 レバレッジ 株編
株の使えるレバレッジについての説明。
株と不動産の比較3 レバレッジ 不動産編
不動産投資で使えるレバレッジについての説明。
株と不動産の比較4 キャッシュフロー 株編
配当益に注目した際の株式投資のキャッシュフローについての説明。
株と不動産の比較4 キャッシュフロー 不動産編
賃貸収入目的の不動産投資のキャッシュフローに関する説明。
株と不動産の比較5 ROI 株編
株式投資に関する実際のROIはどの程度かを考察する。
株と不動産の比較5 ROI 不動産編
不動産投資のROIの高さとその有利性についての説明。
株と不動産の比較6 経費 株編
株式投資で使える経費、使えない経費などについて説明するページです。
株と不動産の比較6 経費 不動産編
不動産投資で使える経費は減価償却を含めて非常に多い。
株と不動産の比較7 維持に関わるコスト 株編
株式を保有し続けるためにかかるコストについて
株と不動産の比較7 維持に関わるコスト 不動産編
不動産を所有し続けるために支払わなければならないコストについて
株と不動産の比較8 コントロール 株編
株式の資産価値を高めるために何ができるかというコントロール性についての説明。
株と不動産の比較8 コントロール 不動産編
自分が保有している不動産のコントロール力についての説明。
株と不動産の比較9 相続 株編
相続に関する株式の有利さ不利さについて。
株と不動産の比較9 相続 不動産編
税金に関しては不動産の方が相続が有利。
株と不動産の比較10 消失のリスク 株編
株式の消失のリスクについての説明。
株と不動産の比較10 消失のリスク 不動産編
不動産の消失のリスクについての説明。
株と不動産の比較 番外編 見栄・満足感
投資って実利だけでなく見栄の部分ってありますよね。
株と不動産の比較 結論
最終的な結論として株と不動産はどちらが結局有利なのか。
株と不動産の比較 おまけ
株と不動産投資を最近の相場で比較すると面白いことが見えてきます。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ