株と不動産の比較10 消失のリスク 株編

株の消失のリスク

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 株が消失してしまう可能性はあるでしょうか。

 

 これは株を「株券」と捉えて物理的な意味で※株を紛失してしまうとか盗まれてしまうという意味ではなく、資産としての株の価値が消失してしまうようなことがあるかという意味です。

 

 株の価値が消失してしまうことは頻繁に起こることです。会社が倒産したり、証券取引所の規約違反などにより上場を廃止されるということはよくニュースになりますよね。

 

 若い人にはない感覚かも知れませんが、バブル期までは一部上場企業が潰れるなんてことは想像もできませんでした。しかし、現在は上場している銀行や有名企業が倒産したり上場廃止になることは比較的よく起こることですよね。

 

 現在は一部上場企業でも倒産などのリスクがあるということは常識となっていますが、山一證券、拓銀、大倉商事など超一流企業が倒産し始めた98年頃は世間も非常にショックを受けたものです。

 

 自分が投資している企業が倒産するということは、当然株の資産価値はゼロもしくはゼロに近くなります。

 

 不動産と比べると資産価値が消失してしまうリスクは株は著しく高いと言えます。

 

 

※2009年以降は株の電子化(株券不発行制度)により、上場企業は全て株券を不発行にしたため、物理的な意味での消失というリスクはなくなりました。

株と不動産の比較10 消失のリスク 株編関連ページ

株と不動産の比較1 流動性 株編
不動産と比較した株の流動性についての説明
株と不動産の比較1 流動性 不動産編
株と比較した時の不動産の流動性についての説明。
株と不動産の比較2 資産価値 株編
株の資産価値についてのメリット・デメリットを論ずる。
株と不動産の比較2 資産価値 不動産編
不動産の資産価値に増減などについて考察していきます。
株と不動産の比較3 レバレッジ 株編
株の使えるレバレッジについての説明。
株と不動産の比較3 レバレッジ 不動産編
不動産投資で使えるレバレッジについての説明。
株と不動産の比較4 キャッシュフロー 株編
配当益に注目した際の株式投資のキャッシュフローについての説明。
株と不動産の比較4 キャッシュフロー 不動産編
賃貸収入目的の不動産投資のキャッシュフローに関する説明。
株と不動産の比較5 ROI 株編
株式投資に関する実際のROIはどの程度かを考察する。
株と不動産の比較5 ROI 不動産編
不動産投資のROIの高さとその有利性についての説明。
株と不動産の比較6 経費 株編
株式投資で使える経費、使えない経費などについて説明するページです。
株と不動産の比較6 経費 不動産編
不動産投資で使える経費は減価償却を含めて非常に多い。
株と不動産の比較7 維持に関わるコスト 株編
株式を保有し続けるためにかかるコストについて
株と不動産の比較7 維持に関わるコスト 不動産編
不動産を所有し続けるために支払わなければならないコストについて
株と不動産の比較8 コントロール 株編
株式の資産価値を高めるために何ができるかというコントロール性についての説明。
株と不動産の比較8 コントロール 不動産編
自分が保有している不動産のコントロール力についての説明。
株と不動産の比較9 相続 株編
相続に関する株式の有利さ不利さについて。
株と不動産の比較9 相続 不動産編
税金に関しては不動産の方が相続が有利。
株と不動産の比較10 消失のリスク 不動産編
不動産の消失のリスクについての説明。
株と不動産の比較 番外編 見栄・満足感
投資って実利だけでなく見栄の部分ってありますよね。
株と不動産の比較 結論
最終的な結論として株と不動産はどちらが結局有利なのか。
株と不動産の比較 おまけ
株と不動産投資を最近の相場で比較すると面白いことが見えてきます。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ