株と不動産の比較9 相続 不動産編

不動産の相続

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 被相続人が複数いる場合、不動産は分割することが難しいことから株のように容易に相続することはできません。

 

 例えば被相続人が3人居た場合、不動産を売って現金化して均等に分ければ問題は起きないのですが、そうなると相続する不動産は手放さなくてはなりません。

 

 相続する不動産が駐車場などとして運用している土地だけであれば、その土地を分筆して3つに分けるということもできますが、不動産投資の場合多くはアパートやマンションであって3つに分けることができないわけです。

 

 そうなると、せっかく築き上げた不動産という資産をそのまま相続するということはできなくなってしまうわけですね。

 

 しかし、相続税の観点からすると不動産は非常に有利な資産です。

 

 不動産の相続税については他のページで詳しく説明しますが、株と違い不動産の評価額は時価でありません。都市部においては実勢価格からはかなり低い評価額(路線価)となることが多いです。

 

 それだけでも株と比べて有利なのですが、さらに土地の上にアパートが建っているとその土地の評価がさらに2割下がります。そして建物の評価については5割です。

 

 建物の評価額が5割ということは、銀行から1億円借り入れて1億円の建物を建てた場合、その建物を相続するとマイナス5000万相続することになり、建物の建っている土地が実勢価格1億円だとしても、(被相続人がたとえ一人であったとしても)相続税は支払わなくても良い計算になります。

 

 つまり、

 

 実勢価格1億円の土地の評価額8000万+建物の評価額5000万−銀行からの融資1億円=3000万円

 

 3000万円の相続となり、基礎控除の範囲内なので相続税はかかりません。

 

 アパートの建っている土地が200平米以下であればさらに50パーセントも減免される特例もあります。

 

 不動産の相続の際の煩雑さと相続の際の節税効果、どちらに重きをおくかは個人によって違うので、株と不動産の比較の上ではどちらが良いということは言えません。

株と不動産の比較9 相続 不動産編関連ページ

株と不動産の比較1 流動性 株編
不動産と比較した株の流動性についての説明
株と不動産の比較1 流動性 不動産編
株と比較した時の不動産の流動性についての説明。
株と不動産の比較2 資産価値 株編
株の資産価値についてのメリット・デメリットを論ずる。
株と不動産の比較2 資産価値 不動産編
不動産の資産価値に増減などについて考察していきます。
株と不動産の比較3 レバレッジ 株編
株の使えるレバレッジについての説明。
株と不動産の比較3 レバレッジ 不動産編
不動産投資で使えるレバレッジについての説明。
株と不動産の比較4 キャッシュフロー 株編
配当益に注目した際の株式投資のキャッシュフローについての説明。
株と不動産の比較4 キャッシュフロー 不動産編
賃貸収入目的の不動産投資のキャッシュフローに関する説明。
株と不動産の比較5 ROI 株編
株式投資に関する実際のROIはどの程度かを考察する。
株と不動産の比較5 ROI 不動産編
不動産投資のROIの高さとその有利性についての説明。
株と不動産の比較6 経費 株編
株式投資で使える経費、使えない経費などについて説明するページです。
株と不動産の比較6 経費 不動産編
不動産投資で使える経費は減価償却を含めて非常に多い。
株と不動産の比較7 維持に関わるコスト 株編
株式を保有し続けるためにかかるコストについて
株と不動産の比較7 維持に関わるコスト 不動産編
不動産を所有し続けるために支払わなければならないコストについて
株と不動産の比較8 コントロール 株編
株式の資産価値を高めるために何ができるかというコントロール性についての説明。
株と不動産の比較8 コントロール 不動産編
自分が保有している不動産のコントロール力についての説明。
株と不動産の比較9 相続 株編
相続に関する株式の有利さ不利さについて。
株と不動産の比較10 消失のリスク 株編
株式の消失のリスクについての説明。
株と不動産の比較10 消失のリスク 不動産編
不動産の消失のリスクについての説明。
株と不動産の比較 番外編 見栄・満足感
投資って実利だけでなく見栄の部分ってありますよね。
株と不動産の比較 結論
最終的な結論として株と不動産はどちらが結局有利なのか。
株と不動産の比較 おまけ
株と不動産投資を最近の相場で比較すると面白いことが見えてきます。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ