リバースモーゲージ

売却しても持ち続ける

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 リバースモーゲージはアメリカでは非常にポピュラーですが、日本ではあまり知っている人はいないかと思います。ファイナンシャルプランナーは詳しいと思いますが、不動産投資家はあまり興味ないんですよね。そもそも不動産投資とはあまり関係がなく、自宅を所有している高齢の方が利用するためのプランですが、リバースモーゲージとは具体的にどういったものか説明します。

 

 老後を迎えた世代が、年金だけでは生活が苦しいとか、もっと余裕が欲しいということはよくあることです。その際、ローンの終わっている自宅があればそれを担保に金融機関などから毎月お金を借りる(イメージ的にはもらう)ことができるんですね。つまり老後にお金が欲しいからと自宅を売ってしまったら住むところがなくなってしまいます。しかし、リバースモーゲージを使えば自宅に住み続けながらお金を受け取ることができるのです。

 

 具体的な数字で見てみましょう。自宅の土地の評価が5000万円だったとします。評価額の70パーセント程度までの融資を受けることができるので、3500万円借りられる計算になります(実際には金利分があるので3500万円は借りられません。数字を単純にするために金利分は計算に入れないこととします)。80歳で死ぬと予定し、70歳から自宅にリバースモーゲージをかけると毎月30万弱年間350万を10年間に渡り受け取ることになります。

 

 子供に土地を遺産として残すことを考えていなければ、リバースモーゲージは自宅を売却してお金を毎月貰いながら住み続けられるという素晴らしいプランです。

 

 しかし、なぜ不動産投資のこのサイトでリバースモーゲージを説明したかと言えば、リバースモーゲージは基本的には自分で住んでいる住宅を想定していますが、自分が居住していない土地(ほとんどのリバースモーゲージではマンションは対象にならない)をも対象になる(金融機関によって違いますが)のです。ということはもうおわかりですね。

 

 アパートなどの収益物件も対象となるわけです。もちろん、10年間のリバースモーゲージならば最高でも10年後まで定期借家契約で貸すべきかも知れないとか、クリアすべき課題はあるでしょうが、これは不動産投資の出口戦略の一つとして非常に有望です。

リバースモーゲージ関連ページ

建ぺい率(けんぺいりつ)
何かと聞くことが多い建ぺい率という単語。優しく説明。
容積率(ようせきりつ)
建ぺい率と並んで非常によく耳にする言葉
元金均等(がんきんきんとう)と元利均等(がんりきんとう)
銀行から融資の返済方法には元金均等と元利均等の二通りの方法があります。
抵当権と根抵当権
抵当権と根抵当権の違い。それぞれの有利な点、不利な点の説明。
ノンリコース
非遡及のローンである、ノンリコースについて説明します。
在来工法とツーバイフォー
木造における、二つの代表的な工法である在来工法とツーバイフォーの説明
ローン特約
売買契約時に入れておくローン特約についての説明。
信用情報
不動産投資はほとんどが融資を受けてするものなので、信用情報は非常に大切です。
市街化区域と市街化調整区域
土地を探していると、時々凄く安い土地があってこれは!と思う時があります。よく見ると市街化調整地域ということは結構ありますよね。
敷地延長(しきちえんちょう)
4m以上の道路に2m以上接道している土地でなければ建物が建てられないため、奥にある土地は細長く敷地を延長したような形で接道を確保しているわけです。
長屋
最近はタウンハウスと言うことが多いですが、法律上は長屋形式となります。
マイソク
初めて聞いた時は「マイソク?なんですかそれ?」でした。だってなんか語感が笑えませんか?
重要事項説明書(じゅうようじこうせつめいしょ)
重要事項説明書、いわゆる「じゅうせつ」についての説明をします。
2項道路
不動産投資をしているとよく耳にする2項道路。普通の人にはどんな道路なのかわかりませんよね。
ROIとROEとCCR
ROIとROEとCCRは共に投下した資本に対する利回りを測る指標ですが、それぞれ微妙に意味するところは違っているため、わかりやすい言葉で説明してみたいと思います。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ