ノンリコース

ノンリコースとは

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ノンリコースローン、聞いたことがない人も多いかと思います。

 

 では、ノンリコースローンとはなんでしょうか。難しい言葉で言えば、非遡及型融資です。全然わかりませんよね?(笑)

 

 簡単な例えで説明しましょう。

 

 銀行から1千万円をノンリコースローン(ノンリコと略することが多いです)で融資してもらい中古マンションを購入したとします。しかし、空室が続き毎月のローンが支払えなくなりパンクしてしまったとします。

 

 当然、銀行はそのマンションに抵当権を設定しているので、最悪差し押さえた上で売却しますが、売却価格が600万円にしかならなかった場合、通常のローンでは残りの400万円をあなた及び連帯保証人に支払うよう請求します。

 

 しかし、ノンリコの場合は、物件を売却してしまえばそれで終わり、自分の財産にまで遡及して返済する義務はないというものです。与信でローンを組むのではなく、物件の価値に対して融資をしてもらうという表現が妥当でしょうか。

 

 非常に安心感のある魅力的なローンですよね。しかし、ノンリコで組んだ場合、当然返済金利は高くなりますし、取り扱っている銀行も限られますので、希望すればどこの銀行でもノンリコで組ませてくれるというわけではありません。

ノンリコース関連ページ

建ぺい率(けんぺいりつ)
何かと聞くことが多い建ぺい率という単語。優しく説明。
容積率(ようせきりつ)
建ぺい率と並んで非常によく耳にする言葉
元金均等(がんきんきんとう)と元利均等(がんりきんとう)
銀行から融資の返済方法には元金均等と元利均等の二通りの方法があります。
抵当権と根抵当権
抵当権と根抵当権の違い。それぞれの有利な点、不利な点の説明。
在来工法とツーバイフォー
木造における、二つの代表的な工法である在来工法とツーバイフォーの説明
ローン特約
売買契約時に入れておくローン特約についての説明。
リバースモーゲージ
日本ではまだあまり馴染みのないリバースモーゲージについて簡単に説明します。
信用情報
不動産投資はほとんどが融資を受けてするものなので、信用情報は非常に大切です。
市街化区域と市街化調整区域
土地を探していると、時々凄く安い土地があってこれは!と思う時があります。よく見ると市街化調整地域ということは結構ありますよね。
敷地延長(しきちえんちょう)
4m以上の道路に2m以上接道している土地でなければ建物が建てられないため、奥にある土地は細長く敷地を延長したような形で接道を確保しているわけです。
長屋
最近はタウンハウスと言うことが多いですが、法律上は長屋形式となります。
マイソク
初めて聞いた時は「マイソク?なんですかそれ?」でした。だってなんか語感が笑えませんか?
重要事項説明書(じゅうようじこうせつめいしょ)
重要事項説明書、いわゆる「じゅうせつ」についての説明をします。
2項道路
不動産投資をしているとよく耳にする2項道路。普通の人にはどんな道路なのかわかりませんよね。
ROIとROEとCCR
ROIとROEとCCRは共に投下した資本に対する利回りを測る指標ですが、それぞれ微妙に意味するところは違っているため、わかりやすい言葉で説明してみたいと思います。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ