クロスについて

クロスの色

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 アパートの部屋のクロスの色はどうしていますか。

 

 カラーコーディネートなどの記事をネットで見て、狭い部屋を広くするために寒色系のブルーベースでとか、日当たりが悪い部屋を暖色系の黄色ベースでとかというクロスを張ってしまう人がいるんですが(実際私の知り合いでブルーのクロスやオレンジのクロスに張り替えてしまった人がいます)、そういう奇抜な色は止めた方がいいです。

 

 商業施設などでは良いと思うのですが、居住系の場合ずっとその部屋で過ごすわけで、部屋が一面ブルーだったりオレンジだったりすると気が狂いそうになります(笑)

 

 クロスは基本的にアイボリーです。よくある色で非常に無難な色です。でも、それが正解なんです。

 

 ブルーやオレンジのクロスを見て「凄い!俺のセンスにぴったり!」という人もいるかも知れません。100人いたら1人ぐらいはクロスの色が凄く気に入って入居してくれる人がいるかも知れません。

 

 でも、賃貸経営は100人に1人のお客さんを捕まえるためにやっているわけではありません。100人いたら99人が拒否感を示さない色を選択しなければなりません。クロスの色に関しては可もなく不可もなくで良いのです。

 

 家賃であれば安い方が良いに決まってます。築年数は新しい方が良いに決まってます。

 

 しかし、クロスの色はセンスの問題です。そうなると100人が100人凄く気に入るということは絶対にないわけです。であるならばクロスの色で勝負してはいけません。無難な色を選びましょう。好かれないまでも嫌われないというのが正解です。

 

 ちなみに、真っ白のクロスは目が疲れるので真っ白はやめておきましょう。

クロスについて関連ページ

3点ユニットのトイレ
敬遠される3点ユニットへの対応とはどのようにすれば良いのかについての解決策とは。ユニットバスにもウォシュレットは設置できます。
カラーインターホン
アパートにカラーインターホンをつけることによって、バリューアップ。非常に安価ですので費用対効果は抜群です。
観葉植物
アパートの部屋に観葉植物を置くことにより、部屋の雰囲気がガラリと変わります。これも費用対効果は大きいです。
部屋のディスプレイ
部屋をディスプレイするのに私はIKEAやKitchen Kitchenなどをよく利用しています。
廊下など共有部分の照明
アパートなどの共有部分の照明の電球について。
石膏ボード
普通の木造住宅の壁は大概石膏ボードです。
100人中1人にピタリとはまるよりも
リフォームはみんな受け入れられる無難なものにするべきです。
自分で出来るリフォームと出来ないリフォーム
収益物件では、自分で出来るリフォームとプロに任せた方が良いリフォームがあります。
収益物件の鍵交換
アパートなどの収益物件の鍵交換を自分でやるメリットは費用的なものだけではありません。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ