公務員なのに商売を

公務員だった時でもビジネスをしていました

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 公務員の時代に不動産投資を始め、充分なキャッシュフローを得て私は公務員を辞めて専業大家になりました。

 

 株やFX、CXや指数先物などを経験したのち、やはり才能のない私でも手堅く資産を増やしていけるのは不動産投資だという結論に達し、不動産投資に邁進した私ですが、止めておけば良いのにそこから商売に手を出すことになります。

 

 才能がないということを自覚したから不動産投資に落ち着いたのに、不動産投資がうまく行き始めて、自分にはお金の才能があるのだと勘違いしてしまったんですね。それに自分のビジネスを持つってなんかカッコいいじゃないですか(笑)

 

お金の才能

 

 不動産投資以外でもお金を稼ぎたいということとかっこつけたいという欲求から様々な商売をしていくことになります。

 

 ただ、不動産投資はまだしも公務員は基本的には商売をすることは出来ません。

 

 なので、全て妻の名義で商売をしていました。

 

 お決まりのパターンですが、友達と組んで商売をして友達と仲違いしたり、在庫のリスクを考えないで資金繰りが苦しくなったり、固定費がかかり過ぎる商売をして失敗をしたりと、モノになった商売は本当に数えるほどです。そのモノになったというのも、大きく成功したわけではなく、赤字は出ないけどまあなんとかお小遣い程度は毎月私にお金を入れてくれるという程度。商売などに手を出さずに普通に不動産投資だけをしていたらもっと早くに公務員を辞めていただろうことは間違いありません。

 

  しかし、様々な経験(経験というか失敗ですね)をしたことにより、確信に変わったのが「やはり私には不動産投資が一番良い」ということです。

 

 商売は大変なんです。しかも公務員を続けながら商売をするのは時間的にもとてもハードなことでした。

 

 頑張って定時で仕事を終えて帰宅して食事をしたらそこからまた仕事です。週末も仕事です。売り上げがあがるようになるとさらにまた忙しくなります。

 

仕事と時間に追われる公務員

 

 そんなこと当たり前なんですが、甘く見ていました。

 

 不動産投資であれば、アパートが増えて家賃(売り上げ)が増えても私がやることはほとんど増えません。アパートを購入する時だけやらなくてはいけないことがありますが、いったん購入して空室が埋まれば何もすることはありません(埋まる前の段階でも不動産屋に募集を依頼したら何もすることはありません)。

 

 なので、持っている物件を増やしても(売り上げを増やしても)私の忙しさはほとんど変わらないのです。収入を増やしても時間が取られないので、原理的にはいくらでも収入を増やすことが可能ということです。

 

 投資とビジネスの違いですよね。投資はお金を働かせることによってお金を稼ぎますが、労働やビジネスは自分が働く(または人を働かせる)ことによって収入を増やすわけです。ビジネスを所有するとなると話はまた別で、所有しているなら投資家ということになります。

 

 まあ、私の場合は人を雇うことない個人事業だったので、売り上げが増える=私が忙しくなるという図式が当てはまり、1日は24時間しかない以上、限界はすぐに見えてきたんです。見えてきたのですが、日銭が入ってくる魅力と自分の才覚で商売をしているという満足感、そしていったん始めた以上、いきなり商売を畳むことは(色んな人に迷惑がかかるので)出来ないので、ずるずるといくつもの商売を何年にもわたり続けていました。

 

 最終的に小さな二つのビジネスを残して全てを清算したのは公務員を辞めた後でした。

 

 商売が向いている人もいるでしょう。FXなどの投資が向いている人もいるでしょう。

 

 でも、才能がなくても誰でも(そして公務員でも)行えるのが不動産投資の魅力と言えると思います。

公務員なのに商売を関連ページ

公務員が不動産投資?
安定した身分であるはずの公務員がなぜ不動産投資などした方が良いのでしょうか。
公務員を取り巻く環境
現在の公務員の状況、その状況を考えた上でなぜ不動産投資をした方が良いのか。
公務員は融資基準が甘い?
銀行の融資基準は普通のサラリーマンよりも公務員に対して甘い
公務員が不動産投資をやる上での問題点
公務員が不動産投資をやる上での問題点、地方公務員法38条、国家公務員法103条について
公務員の退職金や給料の話
公務員の給料などの展望。今後は、公務員の給与面の待遇が良くなることはありえないことについて。
公務員の昇給と不動産所得
公務員の昇給のペースでは、月のキャッシュフローを数万円増やすのにどれだけかかるのかを考えると不動産所得を増やすのは容易と言えるでしょう。
分限免職
今までほとんど例のなかった分限免職ですが、今後は実施される可能性が高い。
共済の貸付を利用するという裏技
金利は少し高いですが、共済の貸付は使える裏技です。
共済貸付の注意点
共済の貸付を利用する上で注意しなければならないことを説明します。
社会保険庁の分限免職
社会保険庁から日本年金機構への移行の際525人が分限免職されましたが、今のところ6人が処分の取り消しになりました。
地方公務員の分限免職
国家公務員だけでなく地方公務員にも当然分限免職はあります。最近では千葉県銚子市が市立病院を休止し、職員185人を分限免職しました。
公務員が不動産投資で停職?
公務員が不動産投資をして処分を受けたみたいな記事が出ることがありますが、きちんとその記事を読むと突っ込みどころが満載だったりします。
公務員の住宅ローン
公務員であれば住宅ローンの金利はそもそもが非常に低く抑えられますが、さらに最優遇金利で住宅ローンを簡単に組むやり方があります。
公務員の副業
公務員の副業
消防士が不動産投資で懲戒処分?
地方公務員である消防士が不動産投資で懲戒処分を受けたとニュースになっていますが、公務員は不動産投資が禁止されているのでしょうか。
不動産投資の消防士さんのその後
不動産投資で年間7000万円もの所得があり、職務専念義務違反で消防士さんはその後退職されてしまいましたが、退職までの経緯について考えます。
公務員はAirbnbをやってはいけません
Airbnbは不動産投資というよりはビジネスであり、基本的には管理を自分でやることになるため、Airbnbで転貸しても良いという条件で第三者に賃貸しない限り、公務員はAirbnbをすることができません。
不動産投資をしたければ公務員になれ?
公務員が嫌で不動産投資を始めた私ですが、公務員であったからこそ有利に不動産投資を行えたという逆説的なお話。
公務員という仕事と不動産投資という仕事
公務員の仕事と不動産投資を比べて一番大きな違いは、全てに関して自分が決定権者であるということでした。自分さえ納得すれば良いので話の進みは抜群に早いです。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ