消防士が不動産投資で懲戒処分?

公務員である消防士が不動産投資をしたら懲戒処分になった?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 先日、不動産投資で年間約7000万円を得ていた地方公務員の消防士が、兼業を禁止する地方公務員法に違反したとして懲戒処分を受けていたとニュースになっていました。

 

 このサイトでは、公務員も不動産投資で賃貸収入を得るのは法律に違反しないということを説明していますが、なぜこの消防士は処分されたのでしょうか。

 

 ポイントはいくつかあるのですが、主な点は承認を受けていなかったということです。

 

 まず、今まで何度も説明してきましたが、5棟10室の基準があります。賃貸に出している物件が5棟か部屋数が10室に達しなければこれは事業的規模に達していないとされ、副業には当たりません。

 

 上記の基準(5棟10室未満)を満たした上で、賃貸収入が500万円未満である必要があります。

 

 さらに、賃貸の管理を自分で行ってはいけませんが、これはあまり問題にはならないのではないでしょうか。公務員として働きながら客付けから管理を全て自分でやるという人はあまりいませんし、現実的ではありません。兼業大家でない専業の大家でも普通は不動産会社に任せることが多いですからね。

 

 つまり、不動産投資が事業的規模に達しておらず、賃貸収入が500万円未満で、管理を自分でやっていなければ、公務員法上の副業には当たらないため、自由にやって良いということなります。申告したり許可を取る必要すらないということになります。

 

 さて、ここからが本題です。

 

 この消防士は賃貸収入で年間7000万円を得ていたとされます。

 

 年間7000万ということは年間500万未満ではなく、また年間7000万ということは5棟10室の基準も間違いなく超えています。

 

 さらに、父親の家業(不動産業)の手伝いで不動産の購入や賃貸をしていたと言っていることから、管理等も自分で行っていたと思われます。

 

 全ての面でこの消防士の不動産投資は事業的規模に達しており、さらにそれを自分で管理していたのですから、これは完全に副業となります。

 

 もちろん、公務員の不動産投資が事業的規模に達してはいけないということではありません。事業的規模に達しているなら、それは許可を取らなくてはならないということです。

 

 この消防士が懲戒処分を受けた理由は許可を取っていなかった(承認を受けていなかった)という1点です。決して公務員が不動産投資をしたということで懲戒処分を受けたのではありません。それはニュースにも、「基準を上回っているのにもかかわらず上司の承認を受けず繰り返し収入を得ていた」ということで処分されています。

 

 こうしたニュースを見て、「ああ、公務員が不動産投資をしてはいけないんだ。」と思う人もいれば、「ああ、公務員で7000万円も賃貸収入があっても、許可を取れば不動産投資やっていいんだ。」と思う人もいます。

 

 世間的に公務員というのは、やっかみや嫉妬などからとかく叩かれがちです。ニュースでの取り上げ方もネガティブなものが多く、こういうニュースも公務員が不動産投資が多額の収入を得て処分されたという形のものが多いですが、きちんと読めば逆に公務員でも不動産投資をしても良いということがわかる良い材料になると思います。

消防士が不動産投資で懲戒処分?関連ページ

公務員が不動産投資?
安定した身分であるはずの公務員がなぜ不動産投資などした方が良いのでしょうか。
公務員を取り巻く環境
現在の公務員の状況、その状況を考えた上でなぜ不動産投資をした方が良いのか。
公務員は融資基準が甘い?
銀行の融資基準は普通のサラリーマンよりも公務員に対して甘い
公務員が不動産投資をやる上での問題点
公務員が不動産投資をやる上での問題点、地方公務員法38条、国家公務員法103条について
公務員の退職金や給料の話
公務員の給料などの展望。今後は、公務員の給与面の待遇が良くなることはありえないことについて。
公務員の昇給と不動産所得
公務員の昇給のペースでは、月のキャッシュフローを数万円増やすのにどれだけかかるのかを考えると不動産所得を増やすのは容易と言えるでしょう。
分限免職
今までほとんど例のなかった分限免職ですが、今後は実施される可能性が高い。
共済の貸付を利用するという裏技
金利は少し高いですが、共済の貸付は使える裏技です。
共済貸付の注意点
共済の貸付を利用する上で注意しなければならないことを説明します。
社会保険庁の分限免職
社会保険庁から日本年金機構への移行の際525人が分限免職されましたが、今のところ6人が処分の取り消しになりました。
地方公務員の分限免職
国家公務員だけでなく地方公務員にも当然分限免職はあります。最近では千葉県銚子市が市立病院を休止し、職員185人を分限免職しました。
公務員が不動産投資で停職?
公務員が不動産投資をして処分を受けたみたいな記事が出ることがありますが、きちんとその記事を読むと突っ込みどころが満載だったりします。
公務員の住宅ローン
公務員であれば住宅ローンの金利はそもそもが非常に低く抑えられますが、さらに最優遇金利で住宅ローンを簡単に組むやり方があります。
公務員の副業
公務員の副業
不動産投資の消防士さんのその後
不動産投資で年間7000万円もの所得があり、職務専念義務違反で消防士さんはその後退職されてしまいましたが、退職までの経緯について考えます。
公務員はAirbnbをやってはいけません
Airbnbは不動産投資というよりはビジネスであり、基本的には管理を自分でやることになるため、Airbnbで転貸しても良いという条件で第三者に賃貸しない限り、公務員はAirbnbをすることができません。
不動産投資をしたければ公務員になれ?
公務員が嫌で不動産投資を始めた私ですが、公務員であったからこそ有利に不動産投資を行えたという逆説的なお話。
公務員という仕事と不動産投資という仕事
公務員の仕事と不動産投資を比べて一番大きな違いは、全てに関して自分が決定権者であるということでした。自分さえ納得すれば良いので話の進みは抜群に早いです。
公務員なのに商売を
公務員が商売をすることは出来ませんが、ビジネスの名義が自分ではなく、また自分に報酬が発生しなければ、基本的には問題ありません。

不動産投資を始める前に サラリーマンの不動産投資 公務員の不動産投資 頭金なしで物件を買う 不動産についてのあれこれ